FC2ブログ

casaニュース

富士宮のリノベーション③  

解体して構造体が現れましたら

まずは足元を良くするために床下地を作ります。

そして寒さの原因だった断熱を強化し、そして構造強化を上げる壁合板を張っていきます。

CIMG4499.jpg

床をバリアフリーとすべく調整にかかります。

CIMG4496.jpg

床下断熱も写真の90mmある発泡系を使用。

CIMG4502.jpg

床下地の合板を張っていきます。

コレで歩きやすくなりました。

CIMG4504.jpg

そして柱を抜き梁の補強をします。

CIMG4505.jpg

構造用合板も床下の土台から梁まで張りつけます。

これは強度を上げるためのものが1番の理由ですが

仕上げに塗り壁をしますので、この合板の上にボードを張るとひび割れもしにくくなります。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/2253-19c4f29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー