FC2ブログ

casaニュース

柱を抜く工事  

リフォームで空間を広げるために柱を抜きたいと相談されるときがあります。

先日もそのお話が出ましたので、柱を抜く工事を同施工するのかUPします。

まず基本的には構造体は抜きたくないのが本音。

責任問題が重大なのと、既存の梁の架け方や寸法が補強できるかが心配だからです。

事前の確認が必要なのですが隙間からすべてを把握するのは大変です。

3_20190122112527013.jpg

まず床・壁・天井を解体しすべてを表します。

まずここで梁のジョイントがないか確認し、梁のたわみを見ます。

横にかかった材は木材でも鋼材でもコンクリートでも必ずたわみます。

4_20190122112529eba.jpg

サポートを建て柱に受け材を入れ梁を入れます。

7_2019012211253096a.jpg

梁が垂れているということは水平ではないのでここでサイコロ状のものを差し込み固定します。

梁の荷重を確認して、金物で補強します。

ここにかかるすべてを補強していきます。

コレで梁の補強は終了です。

2 (2)

このしきりに区切られていた空間が

1_20190122112523e3c.jpg

この様なワンルームになります。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/2152-ccac80d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー