casaニュース

人手不足の次はモノ不足  

4月工事開始の現場で3月頭から依頼していたモノが入らないと連絡があった。

パーティクルボードと言って床下地に使う材料。

全くモノがない状態で、寸法を変えて月内に確保してもらうことになりました。

合板もパーティクルボードも年度予測をして、生産数を計画して進めているモノ。

急に足りないから作ると言っても、原材料がないので急な生産は出来ません。

今年は住宅着工が落ちると言われていて、その調整に入っていたのに

職人不足に苦しむくらいの忙しさ。

うちの職人さんも全く休み(日曜日も)なく追われていました。

働き方改革と言っていますが、現状仕事をする人が足りない現場は休めない。

全てがこう見えると職人さんたちは自分の息子に後を継がせない。

親や親戚に職人さんがいない人たちは、どうやって職人さんになるのかが分からない。

人の確保は常日頃気にかけて、新たな職人さんを確保していきますが

モノ不足の時は市場から一気に無くなりますので、どうしようももありません。

少しでも品薄と聞いたときは、発注や現物を抑え倉庫に確保しておく。

品薄ではモノの価格も上がり、材料を確保するための運送コストも通常以上となり

実効価格が厳しくなる。

もう契約し工事も始まっているので、差額は利益損。

時にはお施主様に出した金額以上になることもあります。



先が読めない時代に気が重くなる話です。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/2047-1a90006d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー