casaニュース

断熱リフォーム工事 ②  

リフォームにおける具体的な施工例です。

まず屋根工事。

瓦から軽い屋根にするとき断熱工事をします。

屋根2

瓦を撤去したら板状の発泡ポリスチレンを張っていきます。

屋根3

屋根全面に張ったら通気層となる胴縁を打っていきます。

屋根4

そしてその上に屋根下地となる構造用合板を張っていきます。

この断熱材戸の隙間の15ミリが熱気となり棟に集まりココから排熱もします。


P1060257.jpg

ここまで取り外したときも輻射熱を考えてアルミ箔を貼ったものを張っていきます。

P1060262.jpg

内部から見ると垂木上でこうなっています。

これは外部からの熱反射と内部の熱を反射する狙いがあります。

P1000293_20171007142259b76.jpg

もう一つ簡単な工事がございます。

遮熱塗料のガイナを塗るというモノです。

これは時々広告で見られるものです。

たしかに塗ると表面温度が下がります。

難点を言えば濃い色と言っても淡いグレーまでしかありません。

黒色はなく濃い色は熱を吸収してしまうので色によって反射性能が変わってしまうのです。

今回は外部から施工する屋根断熱工事を紹介しました。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1988-015c9567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー