FC2ブログ

casaニュース

外壁の(サイディング)の塗装が良くなって  

今、各社がサイディングの塗装の紫外線耐性が強い塗装品を出しはじめ

HMの営業マンなどは30年保障と言ってお施主様にアピールしています。


しかし各社のカタログを良く見ると拡大解釈ですね。

何処にも30年保証っては書いていない。

サイディングの弱点は塗料の耐候性とともにジョイントのコーキングの寿命です。

初期のコーキングは3年ほどで紫外線による切れ目が出てカチカチになっていました。

その後のものはよくなってきましたが、メーカーは5~7年と言っていましたね。

書いた通り紫外線によるダメージが一番で構造的にそれをなくすことが大切。

サイディングのコーキングによるジョイントを隠し、且つコーキングの質を上げる。

塗装面自体は耐候性が上がっていますのでココが肝。

今までの工法で長寿命を謳うメーカーや

同じコーキング成分で保証期間が1.5倍も違う。

どう見ても構造は相じゃくりでコーキングが出る部分を小さくし

コーキングも高耐候性のあるものを使う。

コレでメンテナンスは30年後と書いてあり30年保証とは書いていませんでした。

保障としては15年と書いてありますね。

実際のもちとしては軒の出や方位によっても違ってきます。

ホントみんな(営業マンは)保障やノンメンテナンスという言葉を簡単に使いますね。

この言葉はお施主様にはしっかり入っていて、それを正確に伝え直すって大変です。

なんか否定をしているようで悪口を言っているように思ってしまうんです。

リフォームを多くやっていると本当にメンテナンスの大切さを感じます。

形状・材質・軒・屋根一つ一つ関係してきます。

何も昔ながらの形が良いとは言いませんが長年続いたものは答えの1つです。

この秋着工の物件はそんな条件の中で立つ物件ですが

一般の軒なし住宅なのに細部の工夫で外部通気や雨漏り対策満載のプランです。

実際軒の出の無いキューブ上の住宅って壁からの雨漏りやカビの被害が

とても多いのです。

さあこれから詳細図を書きはじめかっこもいいお宅にしていきます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1857-ba5c4c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー