FC2ブログ

casaニュース

雨漏り工事から  

雨が漏るので見てほしいと言われ見ることに。

屋根の破風と寄棟の合わさるか所がなんか怪しい。

ココを建てたハウスメーカーさんが補修していったけど全く治らないとの事。

怪しい個所をめくり補修することで見積もりをだし施工へ。

IMG_1371.jpg

まずは高圧洗浄で屋根・外壁の水洗いから。

IMG_1369.jpg

破風板を外し防水紙をめくると野地板にこんな穴が。

これは完全に施工ミスというよりモノの納まりを完全に間違えている業者のミス。

通常大屋根に全体に防水シートを敷いてから約物と言って屋根材を納める金物を

その上に取り付けていきます。

職人として当たり前のイロハのイですが水が防水紙の下に入るように施工していた。

そこを伝わった雨がこの場所で野地板に直接水を出し続け溶かしてしまった。

IMG_1370.jpg

穴をふさぎ防水紙を張り直し水が防水紙の上を流れるようにして雨漏り工事をしました。

IMG_1378.jpg

屋根は塗り直しますので新規に葺き直した部分が真っ黒でわかりますね。

お施主様には伝えましたがその他すべてコストをケづるように言われたのか

その程度の屋根業者だったのかでたらめの工事。

1枚に付き半分の量の釘打ち。

先ほどの雨仕舞の為すべて軒裏に回ってしまう雨が軒裏を汚します。

IMG_1389.jpg

屋根を塗装しました。

IMG_1423.jpg

ここで大切なのは水切り。

板と板がくっついてしまっては屋根面の下を流れる雨が水をためてしまいますので

くっついたところはカッターで切り目を入れ隙間を作ることが大切です。

まずここから始まりました。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1829-5dcff481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー