FC2ブログ

casaニュース

こう暑いと大変ですね  

先日掲載した家の熱を取りましょうでお問い合わせがありましたので

通常の天井裏換気扇の写真をUPします。

天井面の一番高いところに換気扇と温度センサーを取り付けます。

P1050665.jpg

コレで排気能力は320㎥/hあります。

24時間換気にも使う換気扇ですので耐久能力は高いです。

P1050666.jpg

切り妻の場合このままダクトで排出します。

天井裏ですべて片付きます。

ココは壁に90mm・屋根に105mmの高性能グラスウールを使用し(天井ではなく)

省エネエコポイント=長期優良住宅レベルの断熱をしており

天井裏も室内と同じ温熱環境にしています。

しかし温まった空気は上昇し、また屋根面も温められますので

家の上部の屋根裏はどうしても構造的に熱だまりになってしまうのです。

これが屋根ではなく天井断熱の場合屋根裏は50℃を超えてしまいます。

P1050667.jpg

天井裏の容量が大きければより屋根からの熱がダイレクトに伝わらず

換気で対応ができます。

このお宅は天井裏収納に設置してありますのでメンテナンスも簡単です。

P1050675.jpg

そして室内を湿気を吸ってくれる珪藻土クロスで仕上げればかなり楽になります。

まだエアコンがついていませんが、先日完了検査を受けた検査員も

家の中の熱気が全く違いさわやかと言っていました。

この暑い中でも夕方は窓を開けただけでちょうどいいのです。

このお宅は新築ですがリフォームでも出来る事はたくさんあります。

ただ断熱材を入れる、塗り壁をするだけでなくてトータル的に考えて

有効な方法を考えれば、そのお宅にあったオーダーメイドのリフォームができます。

これはリフォームパックというようなどの家も同じというモノではできません。

窓を付けるにしても位置・高さ・開閉方向1つでも違ってきます。

今からですと冬の対策や来年の夏に向けた対策をえましょう。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1735-964de68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー