FC2ブログ

casaニュース

畑に太陽光発電を  

友人から自分の持っている土地に太陽光発電を考えていると連絡があり相談を受けました。

仕事上の意付き合いもあり取り付け等は決まった方がするそうですが

なんかいっぱい付けれるぞという内容。

その方たちから説明を受けたと思うのですが、その説明をしたのが取り付け業者。

どうしたらお施主様のメリットがあるのかという観点からではない。

早速こちらも調べ、問屋などにシュミレーション等を出す手配をして

どんな感じがいいかを説明する。

最初土地面積にいくらでもつけたいという要望でしたがそこから説明。

太陽光発電は10KW未満・10KW〜50KW未満・50KW以上と3種類に分けて考えます。

10KW未満は住宅から会社の屋根レベル。

売電量も高めに設定されています(37円/KW)がその期間は10年。

そこからはまたその時の価格になります。


10KW〜50KWは会社の屋根などに付ける投資用の規模です。

発電売価は32円/KWで20年の売電契約。

約10年で元を取れますので20年の事業と考えれば10%の利回りのある事業です。

いろいろなことを考えてもこれが個人事業者ではいいかな。

また面積的には3坪/KWくらいの大きさが必要で、架台の設置のもよりますが

50KW×3坪=150坪が必要で、コレでメンテナンスやなんやらでこの1.5倍くらいが必要でしょう。


50KW以上になるとキュービクルという変圧器が必要になり、電気主任技術者の資格を持った方が

必要になるのでそこらもクリアーしなければなりません。

また農地には設置できませんのでその場合農地転用をしてそこからの申請が必要です。

また来年度は売電価格がまた下がりそうで、農地転用やキュービクルの申請に時間がかかるので

どう進めるのかを方針を決め、今年度は50KWまでして、

そのまま農地転用をしてもっと大規模化するのか検討に入ります。

そうすれば増設ということで今年の価格で行けると思うし、また中電との打ち合わせで

50KWを何個か作るということにできればそれでもOK。


最初話を持ってきたところはこんな説明をせず、メガソーラー・メガソーラーと言っていたそうですが

メガソーラーって1000KWです。

規模が違います。

300坪でも50から70KW で、1000坪でも200KW位。

夢を持たせるのはいいのですが、規模の把握とお施主様のメリットを考えた提案が大切です。

この話はどう進むのか楽しみです。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1597-93fa0a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー