FC2ブログ

casaニュース

今リフォームで多い依頼は・・・①  

 このところリフォームの依頼が増えています。

データー的にもリフォーム・リノヴェーションが確実に多くなってきますね。

住宅の空き家率も13パーセントあり、人口が増えない現状では

予算の兼ね合いもあり、また愛着がある我が家を人間ドックして

最後まで住みたいという方が多くなっています。

その中で特に要望があるのがここ数年の暑さがたまらないということで

断熱というより夏の暑さ対策を一緒にしたいという要望が多いです。

簡単には屋根の葺き替え・塗り替え時にやる屋根断熱工事が1つ。

既存の屋根を取った上にスチレンボード(発泡スチロール)を敷くか遮熱シートを敷く。

いわゆる外張り断熱です。

これは天井裏に敷くグラスウールよりも効果はとても大きいです。

しかし屋根を葺きかえるので大きな工事になります。

耐震工事で屋根を軽くするときなどによく採用します。

そして塗り変え時の遮熱塗料。

キレイにするだけの塗料とは性能が全く違います。

そしてとても有効なのが天井裏の温度センサー付きの換気扇。

とても有効なリフォームで天井裏の温度が50℃から35~40度位に下がります。

もう天井裏は暑くなりすぎて今夏の工事は締め切りましたが、天井もすべて撤去し、

部屋もやり替えるというお宅だけ6月に2件施工させていただきます。

P1000026_201406051050504df.jpg

こんな感じで天井裏に付きます。

屋根面の銀色は遮熱シートを貼ったお宅です。(屋根外張り遮熱です)

このように熱を跳ね返す・そしてたまった熱を抜くというのが気持ちよく暮らせるコツです。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1557-c9c56877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー