FC2ブログ

casaニュース

トップライト工事  

 リフォームでも時々やる工事にトップライト工事があります。

文字通り屋根に開口部を開け天窓(トップライト)を取り付け、

明るさとともに部屋の雰囲気を劇的に変えるものです。

この工事は屋根と天井面(躯体も含めて)やりますので大きな工事になります。

トップライトからの漏水も多いので、雨仕舞にはとても慎重になり

その場所だけの取り換えは怖くて手が出ません。

施工事例はこんな感じです。

2_2014041115463102e.jpg

ココは玄関で夜になるまで1日中明るいです。

光りが天から降ってきたときに映えるモザイク天然石を張っています。


casa28.jpg

ココはリビングにななめ天井を採用しその勾配なりに設置しました。

ゆったりとした空間にはその存在が気にならないくらいのつくり方がいいですね。

トップライトにブラインドも設置してありますので光量も調節できます。


P1000277.jpg


廊下の暗さ解消にも使います。

このようにトップライトの寸法に合わせて天井面を開口したり

最初の玄関のようにすそ野を広げて設置したりは、梁の架け方で違ってきます。


P1000431.jpg

ココは天井裏に梁がありそれをデザインに取り組んだ構成になっています。

この時はブラインドで光を絞っていますが明るい空間です。

この空間は増築で鏡の場所に掃出しサッシがあったのですがつぶれてしまったため天窓にしました。

畳2帖分の姿見の前で趣味の日本舞踊の練習をするお施主様です。


最後にトップライトとは違いますがハイライトというべき高所窓です。

b.jpg

吹き抜けの空間に掃出し窓を付けてあります。

コレで部屋の奥にまで隅々に光が届きます。

平面に窓を付けるときに立体的に考えて光の流れ、風の流れ、

そして影の付き方を考えた提案が大切です。

普通のサッシを少し大きくし天井面に合わせて付けるやり方もあり、

天窓だけでなくその効果を考えた普通のサッシの付け方もあります。

光りだけでなく空間の質も変えることができる天窓って素敵ですね。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1533-2d661e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー