FC2ブログ

casaニュース

老舗の味が・・・  

 昨日地元の同業の先輩と桜祭りのことで話をしていたところ、

今急上昇の会社が実は施工体制が整っておらず、訴訟を起こされていると聞きました。

ハウスメーカーや規格住宅のように決まったことを繰り返すなら施工はミスが起きにくいが

注文住宅では設計・監督・施工人がよほど密に連絡確認していないと契約内容と違うことになります。

営業はこうも出来ますよと言いますが、実際は出来る事と出来ない事があります。

スタッフの能力や体制に合った受注をしていかないと、品質の管理ができていきません。


 そんなで昨夜は老舗の蕎麦屋で夕食。

すんなり入れるくらいの来客数でしたが、なぜか注文したのが全く来ない。

他のお客さんもお茶が来なかったり、空になっていても注ぎに来ない。

厨房はもっと悲惨。

あたふたと空回りしていて見ているこちらが大丈夫かと思うくらい。

廻りのお客さんがイライラしているのも手に取るようにわかり、私たちももう出ますと伝えたが

今できますと押しとどめられる。


さて出て来たものは、べちゃべちゃな天ぷら、だまになったそば、湯で過ぎのぐちゃぐちゃな蕎麦。

こんなのウソだろーと思い、妻はもういらないと残す始末。

他のお客様も帰りに文句を言っていたがアルバイトの鈍感さんはわかっていない。


 食事も家も人が作るモノ。

店の名前で味がいいだろう、おしゃれに作ると思うのはお客さん。

作っている者が腕がなければ老舗でもこんな始末。

我々も忙しいと職人を増やす時がありますが、いつも使っている者とのレベルややり方が合わないと

大変なことになります。

しっかりとチームが出来ていますので職人さんは少しづつ内容を把握して増やしていってます。

それにしても接客も作り手もこんなレベルのものに任せた親方・・・あなたの責任ですよ。

本当にまずかった。

生意気言ってすみません。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1522-47248380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー