FC2ブログ

casaニュース

エネルギーから見た家づくり①  

 ただ今今後の住宅づくりのエネルギーから見たアプローチを研修中です。

元々高気密・高断熱の家を作ってきまして、外張り断熱や遮熱材を使った家づくりをして

多少わかっていたつもりでしたが、家の中に伝わる熱量・逃げる熱量を計算したり、

日射による影響を考え、窓の大きさや庇の有無・軒の出を計算しています。

断熱材料による熱損失の差やエアコンなどの温熱機器の効きを計算し、省エネ住宅を

数字側からアプローチしています。

もうすぐ50歳のオッサンが数学をやっても以前のようにスイスイとは行きません。

授業では細かいとこではなく全体の流れを掴むことを主にしています。


外張り断熱や遮熱材や窓の大きさや位置を感覚ではなくて数字でも説明できるようにしています。


難しい話はこれくらいでまず住宅のエネルギーを考えます。

暖房 12.2%

冷房  5.8%

給湯 22.2%

照明 11.6%

調理  4.4%

換気  4.4%

家電 33.8%

その他 5.6%

そうですこれを見ると何をすればいいのかわかりますね。

一番大きな家電は今後どのようなものがより省エネ出来るか検討して採用していきます。

建築で出来るものはまずは高気密高断熱化し、

通気のいい間取りと日射取得の調整できる家づくりが主です。

そして冷暖房と給湯の効率の良い組み合わせを考えます。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1435-d933f27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー