FC2ブログ

casaニュース

こちらも訪問販売のチラシから  

OB施主様から連絡があり訪問しました。

外壁の塗装のことで相談があるとのこと。

このお宅は10年前に新築してくださった方で、石目模様のサイディングがお気に入り。

まだ外壁にチョーキングのような不具合は出ていませんが訪問業者がいろいろ言うらしい。

『うちの製品(塗料)は今の模様を生かした塗装で、このままの姿を保ちます』

『かっこよさを長持ちできます』との事。

 一般的に塗装と言ったら単一色の塗料をローラーで塗るので柄は消えてしまいます。

私は単一色でもキレイと思いますが、せっかく新築するときに選んだ柄が心残り

という方も多いのが現実。

私が知っている知識ではガラスコーティングの撥水剤で塗装すると、塗り壁も汚れにくい

事は知っていましたのでそれを伝え、あとは問屋と職人と打ち合わせ。



分かったことは確かにそういう塗料はあり、その会社独自ではなく各社同じ商品があります。

良い事は柄を生かせるということですが、高圧洗浄で汚れを落としたとき

既存の柄(これも特殊プリントの塗装なんです)

が思ったより傷んでいて取れてしまうことがあるらしい。

そのこともお施主様に話しておいて目につくところが大丈夫でしたらやれます。

商品は大体どの会社も同じでセラミック系外壁保護クリアーで、

耐UV効果で耐久性を持たせています。

しかし色のついている塗料と比較すると耐候性は落ちるのと、

使用時期も新築から10年以内の場合です。

あまり下地がダメージを受けていると塗る意味がありません。

そして表面がとても固くなるためコーキングは後打ちしたほうがいいです。

単色塗装の場合は 先にコーキングを今の上から増打ちし、

施工が簡単な分価格を抑えられますが、(塗料が追従性があるのでコーキングの上に塗ってもOK)

保護クリアー剤は塗料が硬いため塗装した後に既存コーキングを撤去し

新たにコーキングし直した方がいいですね。

少し割高になりますが1回目の塗装塗り直しには1つ選択肢が増えました。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1400-023e4f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー