FC2ブログ

casaニュース

熱くなりましたね 換気扇 2  

 何も弊社で採用しているのがすべて正しいと言っているのではなくて

各社とも良いと思った工法を採用しているので(安価だからという理由は除く)納得する回答があれば

いいのではないかと思います。

工務店側もただメーカーの言うことを聞くだけでなく、実際自分で確かめる事は必要です。

 さて換気扇でどれだけ排湿・排熱ができるかはその容量と設置場所で違います。

141_20130531145138.jpg

この天井裏に付けた温度センサー付きの換気扇は300㎥/hと大容量なので

天井裏の熱気と湿気を人が分かるくらいに排出します。

24時間換気の容量ではゆっくりと少しづつくらいの量(各部屋25㎥/h)ですので

分かるという感覚まではありません。

室内の湿気に関しては壁や天井の素材(珪藻土や吸湿クロスなど)を採用したほうが

体感できるでしょう。

113.jpg

壁や天井は面積が大きいので確実に有効です。


 リフォームではどうでしょうか?。

どうしても部分リフォームでは家の換気を上げることはできないので

その部屋内で吸気と排気ができる換気扇が有効です。

P1000272.jpg

この奥についている小さなエアコンのようなものが吸排1台でできる換気扇です。

こんなものでもとても有効で、花粉症の娘さんはこの部屋に入ったすぐに

花粉がないことに気が付きました。

お年寄りのいる部屋などは窓の開け閉めも嫌がりますので有効ですね。

換気扇1つ取ってもいろいろと考えることがありますね。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1387-328ced92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー