FC2ブログ

casaニュース

ペアガラス工事  

今日も1枚ガラスからペアガラスへの取り換え工事をしました。

ペアガラスは遮熱効果があると聞きますが、こういうのは体感しないとだめですね。

会社には白熱灯を使った体感装置(少し大げさですが)がありますので

みなさん納得してから工事発注されています。

ぜひお声をかけてください。

工事は事前にガラスの寸法を測って工場でペアガラスを作成し現場で取り付け。

P1000085.jpg

まず既存のガラスを外します。

そしてアタッチメントを付けたペアガラスに取り替えます。

P1000086.jpg

この立てかけているのがペアガラスです。

取り付けると2センチくらいアルミの枠が大きく見えますが

内付サッシよりは違和感はありませんし価格的にも安くできます。

防音効果に関しては自衛隊基地の防音対策工事として内付サッシが選ばれているように

2重サッシが有利ですが、音は質量(重さ)と気密で決まります。

ですのでガラスの重さの防音は同じで、気密がアップする分だけ2重サッシが効果あります。

このお宅はペアガラスと天井裏換気扇をつけましたので温熱効果は大です。


先日天井裏換気扇をつけたお宅は2×4で暑さを覚悟していましたが異常な暑さ。

2×4工法は空気が抜けにくい工法で私は高温多湿な日本には向いていないと思っていますが

このお宅は2×4の最大手の会社が建てたのに天井裏換気口がありませんでした。

無かったというより建物前後の妻面に換気口はついていましたがこれは飾りで穴が開いていなかった。

どう見てもフェイクではなく本物だったので手抜きだったんでしょう。

天井裏は50度を超えかつ高湿度。

職人さんと声をかけながら施工。(途中で気を失わないように)

後日バルコニーがある面に2個の換気口を設置。

これでようやく空気の排出ができます。

換気扇って回っているようで吸気がないと換気していません。

これはレストランの厨房の換気工事で痛い思いしたので気を付けています。

トイレもドア下などに1センチ以上の隙間がないと換気扇はただまわっているだけ。

吸気排気のバランスが取れていないと効果が出ませんよ。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1189-1f6d849d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー