FC2ブログ

casaニュース

増改築の一番大変なところ  

この物件ももちろん他社との相見積の前のプレゼン比べから始まりました。

他の2社は改装するより壊して新築を増築したほうがいいとすすめられましたが、

その新築プランが良くなかったらしい。

そしてうちの改装プランで進んでいますが大変なところは各建物のジョイント部。

もともとは板金で簡単に谷樋をつけて覆っていただけなので雨は入り放題。

ジョイントと言っても出入り口をまたいで通る程度。

今回は完全に室内としましたので屋根の取り合いに納まり上の大変さを味わっています。

P1060301.jpg

この面はつながっていないほうの面でした。

1面だけでなく2面接続って屋根の高さが違うので屋根の納まりが大変。

P1000051.jpg

既存の瓦をめくりジョイントの仕方をチェック・指示。

P1000052.jpg

こちらはFRP防水で処理するので、合板とケイカル板で施工した下地をコーナー処理から施工します。

P1000058.jpg

すごく狭く施工しにくいがこの職人の仕事だけでなく、この後次の職人がどのように納めるかまで

説明しよりよい施工を決めていきます。

新築ではありえない作業で簡単に納めてと言わず必ずこちらが決め支持します。

そうですどうなっても責任は決定した私が負うのがうちのシステムです。

誰とも同じ距離でお付き合いし、もちろん職人さんの誰とも同じ。

誰かとだけ仲良くってよくないし、そういうのって職人さんは感じてますね。



この業界不具合は施工した職人の責任というのがあり、彼らも言い分があります。

実は元の設計に無理があることが多くその責任を設計者は取っていない。

お互いに現場で技術的に話し合い何が起こっても金額的なことは私が責任を持つというスタンスでいれば

施工も割り切れます。

そして信頼してくれてます。

さあ1つ目のジョイント工事が終わりました。

急ピッチで工事を進めます。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1181-46568f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー