FC2ブログ

casaニュース

太陽光発電  

ただいま新築計画中のお宅で太陽光発電を検討しているとのことで

久しぶりにしっかりと検討しました。

実際取り付けた経験は10年前に数件。

その頃は補助金も多くお施主様が将来的にはトントンかなという感じでしたが、

今はパネルと電流を直流から交流に変えるコンディショナーの性能が上がり

発電量が大幅に増えましたね。

当時の屋根面積で3KWで6000円/月が13000円/月位の発電金額。

メーカーによっては曇でも十分に発電します。

安ければと色々なメーカーを比べるのではなく、発電量からどのくらいでペイするのかも

しっかりとデーターを出して検討しなければなりません。


それに大切なことですが太陽光発電パネルを付ける場合は屋根の向き・勾配も大切です。

適切なことをしなければ20~30%発電量が違ってきます。

今回も途中で言われましたので屋根の向き・勾配を変更しました。

私たちは屋根から雨漏りを出したことがないので(十分注意した計画と施工)わかりませんが

太陽光発電はとてもクレームが多い産業です。

建築のプロではない人たちが参入し、太陽光発電のプロですって言っています。

これはリフォームにも言えますが他業種参入って利益を上げることが目的です。

どの商売でもそれが大切ではと言われるかもしれませんが、それが1番ではないですね。

太陽光発電は家づくりの1部であり電気=エネルギーを大きく使わない家づくりあってのものです。

大きなお金を使うことなので(家づくりの10%くらい)

今、本当に必要か検討しなければなりませんね。

お金だけでなく暮らし方・子供へのエネルギー教育を考えたらいいと思いますね。

ちなみに今回数社で検討しましたが約11年でペイします。(補助金を使って)

しかし来年の補助金額と電気の買取金額によっては15年くらいかかるかも。


ですので発電の買取価格がまだ決まっていないのと今後の政策を見てからでもいいかな。

しかし本音は全住戸に強制的に取り付け、価格を下げこの国のエネルギー政策の根幹とする。

これくらいのことをしたほうがいいと思っています。

かっこいい・悪いのではなくそれが当たり前という感覚を持ちたいです。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1034-aac4e154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー