FC2ブログ

casaニュース

リフォーム業界って  

今日はあるお施主様と外装リフォームの打ち合わせがあり訪問しました。

方向性・金額で合意し追加でアレやコレも見てねと依頼され、雑談に入ったとき、

耐震リフォームの話になりました。

ある会社がテレアポで無料で見るからと訪問しパパッと見てすぐに診断書と見積りを出されたとのこと。

この部屋ともう1つの部屋を耐震補強するだけで補助金が下りOKですと言っていかれたそうです。

たまたま使っている診断ソフトが同じだったので見せていただき・・・・・悩みました。

ちょっと見ただけでこんなに点数は上がらないし、バランスが悪いじゃんってすぐ解りました。

来週から耐震補強工事を始めるので、昨日も市の建築指導課の担当者と話していましたが

今の補強工事はそんなに簡単じゃないですね。


このソフトに数値を打ち込んだ人は一目で素人とわかりました。

まず、筋交いって方向性があり必ず1つ1つ向きを変えています。

もちろんそうしないと柱に伝わる引きぬけの力が正確に出ません。

コレが全て同じ方向に入力されていました。


それと筋交いが多ければその方向に剛芯がずれますが、反対方向(窓ばかりあるほう)に偏っていても

気が付かない。

点数も全然足りない。


お施主様は建築では素人なので(多分営業マンも素人)

なんとなくデーターを見せて進めればと思っているのかもしれませんが

命・財産を預かる仕事なのです。

やった価値無い工事を進めてどうすんの?。(お施主様はする気はなかったが)

いくら近所の工事をやったからといって内容を突っ込まれたらどうするのかな。


他社批判はやりたくありませんがまだまだ悪徳リフォーム会社があるのは事実です。

もしかしたら悪徳リフォームではなく無知なのかもしれません。

偉そうに言っているつもりではなくこの頃お話をいただくとこのての内容が多すぎるのです。

不必要な施工や価格が高すぎるなど(ある程度の範囲ってありますよね)

素人相手の商売ってすさまじいです。

私も自分の分野以外では転がされているでしょう。(いいカモなのかも知れません)

耐震工事で言えば今の補助金は壁の補強だけでなく柱と土台・梁の接合を金物で留めなければいけません。

外部の壁をめくって金物で固定し、筋交いや構造用合板で補強しなければ

点数はクリアできないと思うのですが。

ただこの頃の地震を見ていると地震によりそんなに倒壊する家って少ないと思います。

補助金をもらえる点数まで上げるのは無理かなっと思ったときには

一気にぺしゃんこにならないくらいの補強も提案する価値があります。

柱が引き抜けないように金物で補強したり(ホールダウン金物って言います)

部分的に合板で補強する。

補助金もらえなくたってやる価値のある補強もあるんですよ。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://casablog.blog73.fc2.com/tb.php/1016-81e3d331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー