FC2ブログ

casaニュース

おばさん家 ⑧  

土間のコンクリートを打ったら先行してユニットバスを作ります。

CIMG5318.jpg

先行した配管位置を確認し下の枠から作成します。

CIMG5309.jpg

浴槽は思ったより大きいので2人で運びます。

CIMG5322.jpg

高さと位置を決めて組んでいきます。

浴槽も保温浴槽ですので発泡スチロールを撒いています。

以前はこれがなかったのでユニットバスはすぐ冷えると言われていました。

CIMG5323.jpg

コーキングをし鏡を付けて作業は終了。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

GO TO 札幌 ②  

2日目は小樽へ。

コレいつものコース。

他に無いのかっていうパターン。

JRで小樽駅までGO。

IMG_1297_20201029170224df8.jpg

駅からまっすぐ小樽運河へ。

この人通りの無さ。

ガラッガラ。

このまま鳥の半身揚げを食べてかまぼこ屋でつまんでもうお腹パンパン。

IMG_1299_20201029170226ac6.jpg

このお土産のメインストリートもこの通り。

お店の店員さんも売れてないので在庫も少ないという話。

IMG_1300_2020102917022804f.jpg

ぶらぶらして北一硝子のCaféでいっぷく。

ココはいつ来ても落ち着くなー。

十分堪能して札幌へ帰ります。

またススキノでスープカレーを。

他の物あるだろうにまたこれ。

IMG_1305.jpg

ここで初めてラムへ挑戦。

これくらいでもういい感じ。

3日目はもうお昼まで。

12855784867336.jpg

雨も降ってきて市内観光も良いので、駅近の北海道大学へ。

広大な敷地に賢そうな学生がたくさん。

ココはポプラ並木。

何処も観光で売っているのは誇大広告です。

お昼はお寿司を食す。

静岡では少ないヒカリモノをいただくがとても美味しい。

気分転換になったGO TO北海道でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

GO TO 札幌 ①  

もう2週間たち何もなかったのでUPします。

GO TO トラベルを利用して札幌に行ってきました。

丘珠空港が今月で使用できなくなるのでどんなもんかと利用しました。

ほんの気晴らしということで、世間の言っている高級ホテルではなくお手軽ホテルで。

朝7時半から地元のお祭りの準備をして、それからお昼前に静岡空港から出発。

2時間弱で着き、そこからバスで市街地へ。

中途半端な時間ですので大通り公園へ。

IMG_1293_20201028135129cb4.jpg

人もまばらでこんな感じ。

ススキノを歩いて5時になったのでラーメンのすみれへ。

味噌と醤油を頼みましたがこんなもんかという感想。

他の店のラーメンも味が濃くすっきりとスープを飲むというのではない。

やはり食べ物は自分の舌で合う合わないを判断しなければ。

IMG_1296_20201028135132293.jpg

夜はジンギスカンを食べようと思ったが羊の匂いで躊躇し断念。

年をとったのでお腹もすかない。

IMG_1304.jpg

本当に人通りもなくびっくりするくらいの透きすきでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おばさん家 ⑦  

増築分を建てたら外回りを仕上げます。

CIMG5334.jpg

まず屋根をします。

通常合板の上に防水シート+屋根としますが

今回は天井高が低く雨音がダイレクトで聞こえるのと

断熱も兼ねて耐水プラスターボードを取り付けました。

CIMG5337.jpg

外壁は通気シートを貼り通気層を作りサイディングを張っていきます。

CIMG5341.jpg

サッシを取り付けますが屋根ギリギリです。

CIMG5344.jpg

こんな感じで2坪の増築です。

白い外壁とこげ茶のバランスが良いですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おばさん家 ⑥  

建て方が終わったら合板を張っていきます。

CIMG5303.jpg

CIMG5306.jpg

既存とは上下でかなりずれていますので板金で調整する納まりに。

CIMG5305.jpg

屋根も軒下にギリギリ差し込めるように納めます。

CIMG5307.jpg

外回りを囲ったら内部の工事に入ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

セミオリジナルキッチン  

こう言って良いのかは?ですが

ありきたりの既製品のデザインから変えたいとの事で

既製品のキッチンを入れて、扉を無垢のオーク材に変更しました。

以前から家具職人さんから提案を受けていましたが

これまではイチからキッチンを作っていました。

今回は予算も考慮しセミオリジナルに。

CIMG5818.jpg

これも新品のキッチン。扉を外し、新たに制作します。

CIMG5960.jpg

これもキッチン取り付け、扉撤去・制作・取り付けと手間はかかりますが

面白い試み。

CIMG5969.jpg

こちらはカップボード。

CIMG5816.jpg

これが

CIMG5970.jpg

こうなります。

まだ工事中なので養生をかけていますが

化粧シートと無垢材の違いははっきりと分かります。

時間と予算の余裕があれば面白い試みです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おばさん家 ⑤  

増築部の基礎が出来ましたら水道配管を設置します。

CIMG5292.jpg

ココから床下換気口を通し室内の配管も新しくします。

CIMG5290_20201015175648980.jpg

内部トイレやユニットバスの配管も新しくします。

CIMG5294.jpg

足場を建て

CIMG5296.jpg

基礎パッキンを取り付け土台を設置し

CIMG5297.jpg

柱・梁を建てます。

既存の軒下に入れるために施工できるぎりぎりまでの高さを計ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おばさん家 ④  

内部を解体したら、増築分の基礎工事に入ります。

2坪の増築で、コレは申請しなくていい範囲です。

CIMG5236.jpg

まずは給排水管を立ち上げます。

この部分に現状の配水管が流れ、この基礎換気口から新しい給水管を入れます。

CIMG5261.jpg

地縄張りをして砕石を入れ十分に転圧します。

CIMG5265.jpg

この建物は地盤沈下しているのが分かっていますので、

太目の鉄筋を組み、本体の基礎より丈夫に作ります。

CIMG5267.jpg

ベタ基礎で土間面を作ったら立ち上がりも作っていきます。

CIMG5270.jpg

大きくても小さくてもやることは同じ。

いかにコンクリート打設をまとめるかがコストを決めます。

CIMG5277.jpg

この様に段差のある敷地は少量でも手で練ることは大変なので

ポンプ車を手配します。

CIMG5278.jpg

この時ユニットバスの土間も打設します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

木部塗装のメンテナンス  

先週は木材をそのまま表してあるテラスの塗装をしました。

IMG_1261.jpg

郊外に建つ黒い家。

テラスの柱や軒天井は無垢の木材。

床のデッキは傷むのが分かっていますので、木樹脂の製品。

IMG_1260_20201006181910f07.jpg

紫外線の当たる柱は表面がざらざらしていますが

軒天井はまだまだ平気。

IMG_1259.jpg

表面をサンドペーパーで擦ってから

水性の食いつきの良い塗料で仕上げていきます。

とてものどかな良いお宅です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

屋根の補修 ②  

こちらはもう少し重傷な屋根です。

CIMG5663.jpg

元々カラーベスト屋根という持ちの良くない素材に

ご自分で塗装してしまった状態。

この塗料が屋根に向かないのと、下地処理をしないで塗ってしまったので

表面が荒れるだけでなく屋根裏に水が回って下地の木材を腐らせてしまった。

実際表面のカラーベストのみが残っていて、施工中に人が歩いただけで

3か所が踏み抜いてしまった。

CIMG5660.jpg

腐ってくるとすべて取り換えることが必要ですが

お施主様の年齢が高齢ということで必要か所の工事のみを行う。

CIMG5772.jpg

既存の屋根はめくらずにその上から木下地を作る。

浮いている箇所(腐って落ちている)とは10センチのレベル差があります。

CIMG5779.jpg

その上に合板を張り

CIMG5784.jpg

防水シートを貼る。

CIMG5789.jpg

軒先の垂れたところは補強をして持ちこたえる。

CIMG5790.jpg

仕上げにアスファルトルーフィングを張る。

CIMG5853_20201002104952ad8.jpg

傷んでいる部分は既存の塗料を剥がし塗装仕上げとする。

通常1日で水洗いが終わるのですが

今回は水洗いとへらで塗料を剥がしたので4日かかりました。

最後の家の周りの掃除も含め大変でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー