FC2ブログ

casaニュース

藤枝田沼のリノヴェーション ④  

解体が終わりまして、天井裏に電気配線をします。

CIMG4086.jpg

天井高は出来るだけ高く設定し

CIMG4085.jpg

壁をぶち抜いた部屋と合わせて作成します。

CIMG4088.jpg

天井が張れ電気配線が済みましたら外壁面にスチレンボードを張っていきます。

既存のボードの上から施工します。

壁中にグラスウールは入っていますが、冷えが色々な方面からくるとの事で

まず壁面に入れていきます。

CIMG4095.jpg

隙間なく張れましたら(隙間なくが大切)

CIMG4099.jpg

ボードを張るための下地を入れます。

元の下地がパネル状に組んであり、探しながらの施工です。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

季節の季節になりました  

今年も朝方が急に冷えてきました。

会社は倉庫をリフォームし、そして北向きなので陽が入らず少し冷え気味です。

土曜日から薪ストーブが活躍を始めました。

IMG_0669.jpg

朝着けたらそれで終わり。

少しあったまればいいのです。

薪は写真の通り廃材を使用。

今年も燃料費はかかっていません。

これから5か月活躍します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝田沼のリノヴェーション ③  

解体を続けます。

CIMG4075.jpg

和室とリビングの境の壁を撤去します。

ここには筋違が入っていないのを図面で確認してありましたが

どのような構造になっているのかわからない。

パネル工法で組み込んでいるのが分かると一気に進めます。

CIMG4083.jpg

残した壁はこの後断熱材を張っていきます。

この2mのつながる空間ですが、とても気持ちよい空間になっていきます。

CIMG4069_201911151331120a2.jpg

キッチン位置も大きく変わるので外から配管を飛び込ませます。

CIMG4071.jpg

給水・給湯・排水管を内部に入れ、これから必要な場所に配管します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝田沼のリノヴェーション ②  

さあ解体工事が始まります。

電気業者が外せるところから始めます。

CIMG4039.jpg

次に解体が始まります。

CIMG4042.jpg

和室から始めます。

CIMG4068.jpg

天井を外し構造を確認します。

CIMG4043.jpg

キッチンも壁ごと撤去します。

リフォームは残すところと撤去するところを計算していきます。

残したことでかえって手間がかかり、施工費アップになることを気を付けます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝田沼のリノヴェーション ①  

こちらはハウスメーカーの軽量鉄骨住宅のリノヴェーションです。

CIMG3348.jpg

キッチンの場所をかなり移動して、現在の和室に持っていきます。

CIMG3366.jpg

和室は壁をぶち抜きLDKとし、洋室にします。

CIMG3357.jpg

現在のリビングの開口はふさいだり開けたりして、

可愛いペットの猫が自由に行き来できるようにします。

各部屋独立していると、家族が何をやっているのかわからなく

今後10年後、お孫さん達ともガヤガヤと遊ぶイメージを持って始めます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー