FC2ブログ

casaニュース

洗面リフォーム ①  

洗面所のリフォームってほとんど位置を変えずに内装と設備機器の入れ替えがほとんどです。

それでもカラーコーディネイトや、オリジナルで作る洗面をご紹介いたします。

13_20190130134606196.jpg

ここは窓の位置が独特でした。

14_201901301346073a3.jpg
色をこげ茶で統一しモザイク石で大人のデザインにしました。

7 (2)

ここは広い脱衣でしたのですんなりとまとめました。

8 (2)

洗濯機の位置やUBの入り口を変えています。

それだけでかなりすっきりとしました。

11_2019013013460312b.jpg

マンションの脱衣です。

無駄な空間があったり柱や梁が出てすっきりとしていません。

12_20190130134604efb.jpg

壁を調整して洗濯機を並べすっきりとしました。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

トイレリフォーム  

今日施工ほやほやのリフォームです。

部品が壊れ水が止まらない状態で、部品取替えと便器取り換えを検討し

内装も含め一新することになりました。

CIMG3214.jpg

まず便器を撤去しクロスを貼り替えます。

CIMG3251.jpg

下地の処理をして、一気に内装を仕上げます。

CIMG3270.jpg

完成です。

今回は茶色で落ち着いた雰囲気に仕上げました。

ツートンにするときは直接張りあわさないで帯で間を取るのが

デザインとして落ち着きますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

柱を抜く工事  

リフォームで空間を広げるために柱を抜きたいと相談されるときがあります。

先日もそのお話が出ましたので、柱を抜く工事を同施工するのかUPします。

まず基本的には構造体は抜きたくないのが本音。

責任問題が重大なのと、既存の梁の架け方や寸法が補強できるかが心配だからです。

事前の確認が必要なのですが隙間からすべてを把握するのは大変です。

3_20190122112527013.jpg

まず床・壁・天井を解体しすべてを表します。

まずここで梁のジョイントがないか確認し、梁のたわみを見ます。

横にかかった材は木材でも鋼材でもコンクリートでも必ずたわみます。

4_20190122112529eba.jpg

サポートを建て柱に受け材を入れ梁を入れます。

7_2019012211253096a.jpg

梁が垂れているということは水平ではないのでここでサイコロ状のものを差し込み固定します。

梁の荷重を確認して、金物で補強します。

ここにかかるすべてを補強していきます。

コレで梁の補強は終了です。

2 (2)

このしきりに区切られていた空間が

1_20190122112523e3c.jpg

この様なワンルームになります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

トイレ改装 ②  

今度は煉瓦を貼った例です。

19.jpg

手洗い部にアンティーク煉瓦を貼り、お手製の手洗いを作りました。

20_20190115175402963.jpg

照明も間接照明とし、鏡もオリジナルで作成。

ラフな感じがとてもいい。

最後は腰壁にトリムを巻き上下を張り分けた例です。

22.jpg

淡い緑で仕上げたとてもきれいなペパーミントなトイレです。

白とペパーミントは相性がいい。

この様な小さな空間もさっぱりと創るか、かわいく作るかいろいろですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

トイレ改装 ①  

今改装の打ち合わせを終えUPしています。

トイレというと1畳の大きさに便器を変え内装を変えていきます。

今はタンクレスが流行っていますので、今までのように簡単にというところから

見栄えも重視されてきます。

まず、今まで多かったのは消臭機能付きのクロスにして

手洗いが後ろについている従来のリフォームです。

15.jpg

これでもタンクレスにしましたのですっきりとしました。

16_20190115175711b3b.jpg

コレに手洗いを付けただけでずいぶんと華やかになります。

8_201901151753559d6.jpg

腰にタイルを貼り、上部のクロスをグレーにしました。

トイレは白いという先入観を変えてみました。

腰壁がタイルというのは清掃もしやすいです。

18.jpg

これも同じですがタイルの材質が違います。

とても大人の空間です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

シャッター工事 ③  

CIMG3198.jpg

シャッターまわりの外壁を板金でふさぎます。

CIMG3188.jpg

勝手口や明かり窓も取り付けます。

CIMG3203.jpg

シャッターの完成です。

コレで1tの重量があります。

CIMG3207_20190114153800ba8.jpg

裏は重量と軽量のシャッターです。

コレで完成。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

シャッター工事 ②  

鉄骨下地までつきましたらシャッターの取り付けです。

CIMG3172.jpg

長さ6mを超えるシャッターを搬入するのは一苦労。

10Tトラックで入れます。

CIMG3174.jpg

軸を吊りスラットを1枚づつ横滑りをしてはめ込みます。

CIMG3175.jpg

レールを溶接して固定します。

部品はすべて滑車で吊って取り付けます。

この面で1tの重量がかかります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

シャッター工事 ①  

昨年10月の台風により被害を受けたシャッターの工事が年末にようやくできました。

ここは私が独立してから10年お世話になった事務所。

台風で裏のシャッターが壊れ、風が入り込み表のシャッターを巻き上げ壊し

2階のガラスまでぶち破った台風です。

すぐに手配をしましたが工事まで約2か月かかりました。

CIMG2950.jpg

下までぶらぶらで危なかったので取れるところまで撤去しておきました。

CIMG2943.jpg

裏は間口の狭い軽量シャッターが壊れ、間口の広い重量シャッターは開閉がしづらい。

元々大開口も中柱を立て手動で開閉していましたが、お施主さんもご高齢で大変。

それで台風に強い電動の重量シャッターに変更。

重さは3倍になります。

CIMG3146.jpg

既存のシャッターを撤去します。

CIMG3169.jpg

重量に耐えうる鉄骨下地を取り付けます。

CIMG3163.jpg

大きさも今までの倍になりますので垂れ壁が出来ます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

仕事始め  

遅くなりましたが  あけましておめでとうございます

年末からなんか調子悪かったが、なんと元旦からインフルエンザ。

夜間救急で見てもらい、そこから今日までずっとベットの中。

全く外出どころか家の中も徘徊せずにいました。

今日出社しましたが、まだ席が出てイマイチ。

工事も延期したものもありよちよち出発。

もうちょっとシャキッとして始めていきます。

なんか便りの無い年の始まりでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー