FC2ブログ

casaニュース

北安東の増築 ④  

CIMG1872.jpg

建て方が終わり形が見えてきました。

CIMG1873.jpg

すぐにブルーシートで雨養生します。

CIMG1885.jpg

屋根はすぐに葺きます。

CIMG1902.jpg

外周も構造用合板を張りコレで雨の支度も付きました。

CIMG1894.jpg

屋根・外壁の内部とも輻射熱材を貼っていきます。

これは熱の出入りにものすごく効く工事です。

CIMG1908.jpg

そして屋根断熱をします。

天井裏ではありません。

CIMG1909.jpg

断熱・輻射熱ラインをできるだけ外側に持っていき

空間としての温熱環境を考えます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中田本町のリノヴェーション ⑩  

クロス工事に入ります。

CIMG2160.jpg

60坪と通常の住宅の倍の面積があり時間がかかります。

2人で手分けして進めていきます。

CIMG2170.jpg

EBクロスという施工性の良いクロスを使いスピードアップを図ります。

CIMG2253.jpg

クロスが貼れたら設備機器の取り付けに入ります。

CIMG2261.jpg

エアコンも3階なので外から梯子で作業できる高さまで室内配管で下します。

CIMG2265.jpg

既存のビルの為配管が通るところを探しながらの工事です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

月曜日はいつも酒場放浪記を見て  

月曜日の夜は何か見るものがなくついついBSの酒場放浪記を見てしまいます。

そんなに飲み屋さんに行くわけでもないのに旨そうな肴を見ていい気分です。

ここで取り上げているお店は各店とも違いがあり

自分のやり方で家族経営でやっています。

ちゃんといい素材を使い調理をしているのに安価。

チェーン店の半額ですね。

静岡ではどの店でも刺身のレベルは高いのが当たり前ですが

創作和食の店はレベルがまちまちで、かつ価格もなかなかしますね。

高い安いはそれに見合った価格を付ければいいので各店の決めたものでいいのです。

ただテレビで出てくるお店たちは本当に良心価格というか

それでやっていけるのかという感じです。

いつも見ながら自分の仕事とオーバーラップします。

より良いものをお値ごろに心を込めてという同じ気持ちで見ています。

ただ小さくやっていてもレベル・センスは高くが当たり前で

いつも勉強心をもっています。

何でもできるを売り物にするのではなく

どのようにも出来るがこうするという提案がスタンスですね。

チョット偉そうに書いてしまいました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

北安東の増築 ③  

基礎が出来ましたら建て方の準備をします。

CIMG1839.jpg

土台を据え付け

CIMG1859.jpg

床下断熱材を敷き込みます。

CIMG1861.jpg

ここにはレッカーが入りませんのですべて手作業による建て方。

若さのみの出来る事です。

CIMG1865.jpg

二回の柱・梁が立ちました。

ここまではまだ若さで走っています。

CIMG1866.jpg

仮筋違を入れ屋根の垂木まで来ましたので形が見えてきました。

CIMG1868.jpg

ここからが弊社の手間のかかる仕事。

両面アルミの空気層アリの輻射熱を貼りながら野地板を打ちつけていきます。

高々こんなのと思うかもしれませんが、これがないと作業としてはパッパと進みます。

やはり屋根上の作業は怖いのです。

CIMG1871.jpg

屋根の野地板まで貼り終えました。

この後雨養生をして建て方終了。

約20坪の手上げレッカーは疲労倍増です。

やはり機械は偉大と感じました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガーデン焼き肉  

昨日は久しぶりの休みを取り

午前中に散髪し、お昼は長女抜きで焼き肉。

CIMG2008_20180618173154ee4.jpg
(写真は前回の使い回し)

昨日は涼しい風が吹き気持ちの良い屋外食事でした。

夏冬は屋外がきつくあまり使いませんが、この季節まではOK。

小学生の娘がお結びを8ヶと肉をわんさか食べビックリさせました」。

時にはお腹いっぱいになるまでこういう風な食事も気持ちがいいですね。

私は昼酒がまわり夕方まで熟睡。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

北安東の増築 ②  

さあ基礎工事が始まりました。

CIMG1752.jpg

庭だったところを掘削していきます。

CIMG1754.jpg

廻りを掘って消毒・砕石転圧し防湿シートを敷きます。

型枠用のレベルを出します。

CIMG1770.jpg

CIMG1776.jpg

鉄筋の検査をしてコンクリートの打設に入ります。

CIMG1780.jpg

今回はミキサー車もポンプ車も敷地近くに来れず、

まさかの一輪車での打設。

本当につらい作業です。

CIMG1835.jpg

立ち上がりも打設し養生期間が過ぎたら型枠の撤去・清掃を行います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中田本町のリノヴェーション ⑨ ホームエレヴェーター編  


上から糸を垂らし位置確認します。

CIMG2204.jpg

CIMG2207.jpg

地下ピットにこのような動力をセットして昇降させます。

CIMG2203.jpg

機械を止まる高さを設定して入り口カバーを取り付けます。

コレで試運転をしてEV工事は終了です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中田本町のリノヴェーション ⑧ ホームエレヴェーター編  

構造体が決まったら地下ピット内を防水します。

CIMG2175.jpg

ピット専用の樹脂を塗っていきます。

CIMG2192.jpg

エレベーターの設置です。

ガイドのレールを取り付けて上からワイヤーで吊っていきます。

CIMG2195.jpg

このワイヤーは取り付け時のもので実際の昇降は地下ピット内に設置します。

CIMG2194.jpg

非常に簡単な作りですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

キャットウォーク取り付け  

昨年オープンされたネコCaféさんの猫スペースに

立体的にキャットウォークを取り付けました。

壁沿いに板を付けるのではなく、10センチ角の木材を大きく組み

いろいろなところから上り下りできるようになります。

CIMG2201.jpg

まず下地を探し壁に専用金物を取り付け、基本となる2本の梁を取り付けます。

いただいた図面のところに柱がなく下地を探しながら

予定より若干低くなりましたが取り付けします。

CIMG2206.jpg

取り付け後早速猫たちは興味津々で登っていました。

50匹もいるので猫たちもいろいろな場所が欲しいのですね。

押し入れに猫用の扉を付けて暗いところに隠れる猫や

ここを飛び回っている元気な猫もいます。

ボランティアさんが猫と遊びながら座っていましたが

平面的な空間からガラッと立体的に変わり面白くなりましたね。

オーナーさんはココに寝そべりながら上を眺めるのが夢と言っていましたので

また楽しみな空間になりましたね。

これって一般住宅でも使えるね。

2_20180607201818d91.jpg

このお宅は昨年施工させていただいたキャットウォークです。

壁沿いにこの字で回しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

子供の夏祭りの打ち合わせ  

先週末小学生・中学生の地元のお神輿の打ち合わせに行ってきました。

次女が中3で、ルートを決めるのが仕事の為に行ってきました。

少し気になっていたところと、時間の加減で神輿保存会の方や自治会に了承を得るために

何人かで話し合い、振興計画表を警察に届けます。

子供が中心でやる祭りと言いながら、親がつきっきりで

準備も子供より親の方が多いくらいです。

自分たちのころと比べていては時代が違うの一言ですが

コレに夏の全精力を傾けている娘を見ると・・・・。

でも受験がある年なのでここで切り替える夏の大イベントですね。

私は当日交通整理のおじさんとして参加します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中田本町のリノヴェーション ⑦ ホームエレヴェーター  

エレベーターの位置を解体しましたらピットの基礎工事に入ります。

CIMG2120.jpg

翌日とても臭い臭いと土に糞尿が浮かび上がりました。

隣の既存の汚水桝の底から漏れた汚水が出てきました。

緊急で排水経路を作り迂回をして対応します。

CIMG2125.jpg
この土間コンクリートを打設するにはすべて手作業。

ミキサー車が横付けできませんので横でコンクリートを練って入れていきます。

CIMG2126.jpg

ものすごく大変な作業です。

CIMG2129.jpg

打設翌日には立ち上がりの型枠を取り付けます。

CIMG2130.jpg

階段も下地に入ります。

CIMG2131.jpg

鉄筋を敷きコンクリートの準備に入ります。

CIMG2133.jpg

この日はお施主様が通れませんので外泊していただきました。

CIMG2138.jpg

翌日鉄骨の補強に入ります。

CIMG2140.jpg

サイドのガイドレールの下地や

CIMG2141.jpg

一番上にロープをかける鉄骨梁を溶接していきます。

この狭い空間の作業でよける場所もありませんので、皆疲労困憊です。

まあリフォームは予想していたモノと違いが生ずるのを前提で進めなければいけませんので

予定がタイトすぎると現場はスムースに進みませんので、

ゆとりを持たせたつもりでしたが現実はいっぱいいっぱいでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ミーレ食洗機の修理  

1年半前に引き渡したお宅の食器洗浄機がエラーが出ると訪問。

ミーレというドイツのメーカーのモノでとても洗浄能力があります。

食洗機に聴診器のようなものをつなぎパソコンに接続。

CIMG2164.jpg

本当に細かな場所のセンサーの不良をすぐに発見。

食洗機のにつなぐ水道のセンサーが過感知しているだけでした。

部品を交換して終了。

ちなみのこのキッチンはオリジナル。

ブラックカウンターに白の扉。

とてもきれいなものです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー