FC2ブログ

casaニュース

光りもの  

年齢を重ね(年をとって)魚の好みも変わってきましたね。

マグロよりもカツオ。

そして何よりもアジ、サバ。

いつものお寿司屋さんで一時期でなくなったカツオが復活したのがうれしい。

先日はコハダをいただいたが、サバと違いさっぱりとしたのがいい。

食べてみると分かるがサバは脂、コハダは香り。

うちの娘たちも必ずかぶりつきます。

子供の時なら手を出さなかった食材が好きで味わっていますが

今の子供たちは今私が好きなのを好んで食べています。

肴の兜煮(できれば勘八くらい)、イカの塩辛、ネギヌタ、ヒカリモノの〆たモノ・・・。

静岡に育ったので魚は自分で選び、味わって育ってほしいですね。

そしてしっかりと仕事をしている店は高くない。

なんでだろう?。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

職人不足が深刻です  

暮れも押し迫ってきており、毎年年末と年度末は職人さんが確保しづらい時期です。

それにしても今年は早くからその状況になりました。

弊社はありがたくお仕事でいっぱいな状況ですが

メーカーなどに聴くと全体的にはそうではないらしい。

しかしすべての業種で年内は手が出ないと10月中に言われており

これって完全に職人さんの不足です。

東京都も入札で落札していないとニュースで出ていますが

机上のあまりにも安い単価では誰もやらないし、

受注しても職人さんが確保できなくては契約違反になりますので

年内の工事はもう進んでいるモノだけにしています。

3月の完成も職人確保している物件だけお受けして

それ以外は4月以降にお願いしているのが現状です。

建築現場仕事って本当に肉体労働でもっと他が良く見えてやりたがらない仕事ですが

人間の手でやれる仕事って残っていく職業なんです。

販売はネットが多くなり、コレは少なくなる商売です。

今盛んに言われている流通もシステムではなく

直接届けるドライバーの確保が会社が生き残る肝です。

建築も営業マンが何棟売ったと自慢する前に、いかにデザインし

何棟施工できる体制を整えるかがその会社の信用になります。

アナログな考えですが案外そこが残る道かと思います。

あまりの仕事量で明日も職人さんたちは動いてくれます。

近隣への配慮としてできるだけ音の出ない仕事をと伝えていますが

彼らも1週間は7日と考えており、週休2日というのは頭にないですね。

私も明日は現場の確認と見積もりの作成で出ています。

明日だけでなくずーっとですが。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田 住吉の家 ⑦  

先行していた平屋は屋根の瓦を葺きます。

CIMG0480.jpg

瓦割をしてありますのですっきりと収まります。

CIMG0481.jpg

当たり前ですが瓦も1枚づつ釘で固定していきます。

CIMG0692.jpg

通気シートを張ったら外壁を張ります。

今回は木目ブラックの立張。

CIMG0693.jpg

ほぼこげ茶ブラックですが何とも言えないいい感じです。

CIMG0775.jpg

その間に内部は筋違を止め壁・屋根に高性能グラスウールを入れていきます。

こうして交互に進めていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小規模保育所 モコ草薙 ①  

今年も開設が決まり工事が始まりました。

出来るだけ無垢の自然な木に触れる空間をテーマに作っております。

3月引き渡しを目指してスタートします。

1面 パース スタジオ (2)

色はまだ未定ですがこんな感じの平屋の保育所になります。

CIMG0908.jpg

工事開始は仮設水道を引くことから始まりました。

道路の反対側にある水道管から横断して引きました。

CIMG0910.jpg

下水管も同様。

電気も仮設電柱を建てて始まります。

CIMG0968.jpg

やり方と言って建物外周の位置を確認し基礎のレベルを決めます。

CIMG0972.jpg

基礎外周と内部の鋤取り開始。

全てレベルを図りながらの作業です。

CIMG0999.jpg

砕石を敷き転圧をかけシロアリ土壌消毒をします。

砕石の厚さも確認し進めます。

CIMG1002.jpg

ベタ基礎の為防湿シートを敷き捨てコンクリートを打つ準備をします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田 住吉の家 ⑥  

隣の弟宅も同じように進めます。

CIMG0528.jpg

給水給湯配管をして土台を取り付けます。

CIMG0556.jpg

床合板まで張れたら先行足場を組みます。

何もないときの足場ってとても怖い。

CIMG0620.jpg

さあ建て方開始です。

これは9月上旬。

CIMG0622.jpg

1階が組み2階床を張ります。

全て91センチ角の格子状に組んだ梁に28ミリの構造用合板を打ちつけます。

CIMG0628.jpg

柱の垂直を確認して、仮筋違で固定して進めます。

CIMG0630.jpg

ようやく屋根の小屋組みまで来ました。

50坪ある建物なので大変です。

CIMG0635.jpg

野地板まで1日で張れました。

まだまだとても暑く、ここまで進まないと思いましたが

さすがに若さですね。

CIMG0640.jpg

翌日屋根防水をして建物外周を張っていきます。

両隣で2週間ずれでほぼ同じ作業を行っています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

味覚  

食事はほとんど家でしていますが、今週末は外食。

お店をたくさん知っているタイプではないので

なじみのお店に行きます。

数えてみるとお店側が私の名前を知っていたり、顔を解っている店は8軒。

これって多分少ない方ですよね。

そして行くと頼むものはほぼいつも同じもの。

このお店ではこれを頼むと娘たちも頭の中で出来てしまっています。

だから板前さんが変わったとか、仕入れを変えたなどわかってしまいます。

これっていいのかわかりませんがおなじみさんの感覚なんですね。

日曜日もお支払いの時お聞きしたら料理長が変わったとの事。

とても美味しい食事だったのでいいのですが、ほんの少し調味料の加減を変えただけで

変わりますね。

行く店はほとんどオーナーシェフのリーズナブルな美味しいお店。

だから味の変わりようはないのですが、少し大きくなると数人の料理人がいますので

その癖が出ますね。


こんな食事を楽しみながら弊社でお仕事を頼んでくれるお客様にも

同じサービス・提案・工事をクオリティーを保ちながら

そのお客様の好みに合わせて提供していく気持ちに改めて気が付きました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ロートアイアンの看板  こんな事もしています  

今動物病院の改修をしています。

動物病院専門というのではなく、

猫Café・預かり動物の紹介もするそうで

動物病院というのは前面に出さない方針だそうです。

看板も〇〇動物病院というのは出さずに、アイアンで雰囲気を作りました。

CIMG0966.jpg

これでも横幅90センチあり大きいのです。

スケッチを描き、アイアン屋さんに送り作成。

これだけの看板ですがいいのだそうです。

なんでも手作りしていけばオリジナルのモノが出来ますので

ご興味を持たれた方はご連絡ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田 住吉の家 ⑤  

建て方が終わり外回りを囲うのを急ぎます。

CIMG0475.jpg

屋根防水をしてすぐに瓦を載せ、建物に荷重を与えます。

CIMG0479.jpg

そのまま軒先からふいていきます。

水は必ず瓦の下に回りますので水が流れるようにしていきます。

CIMG0464.jpg

CIMG0505.jpg

屋根を葺きながら大工さんは金物を取り付けていきます。

ホールダウンや筋違金物を、各柱に固定していきます。

CIMG0478.jpg

金物を固定したら外部に構造用合板を張り、シロアリ消毒をします。

CIMG0500.jpg

サッシを取り付ける前に緑色の防水処理をします。

ここを簡単に防水紙を敷くだけの会社は要注意ですね。

CIMG0560.jpg

換気口などダクトが抜けるところも専用の開口処理をしてから通気シートを張ります。

CIMG0559.jpg

継手をしっかりと確認して施工します。

ここまでやって雨仕舞いが出来ましたら隣の2階建てのお宅の建て方準備にかかります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田住吉の家  ④  

さあ奥の平屋の家から建て方が始まりました。

CIMG0439.jpg

大工さんが組み立て始めます。

CIMG0442.jpg

梁が組み立て屋根に入ったところで柱の起き(垂直)を見て、仮筋違で固定していきます。

CIMG0441.jpg

天井裏収納の合板が張れただけで日陰が出来少し楽になりました。

CIMG0444.jpg

屋根の垂木が終わり合板を打ちつけていきます。

CIMG0445.jpg

だいぶ形が出来てきましたね。

屋根断熱を入れるのと、この地域は風が強いので垂木は大きなサイズを使っています。

CIMG0448.jpg

長さは17mもある建物です。

レッカーもやっと奥に届く長さです。

CIMG0449.jpg

屋根の野地板も張れ屋根の防水シートが張れたところで無事終了。

しかしこの時は8月末。

私は屋根下地を作っている頃から熱中症にかかり、足場に上るとふらふらしていました。

目の前が真っ白になりちょっとやばい状況でした。

水分をたくさん捕っていてもやばいときはダメですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

夜のウォーキング  

この頃時間的に少し余裕が出来たので夜のウォーキングを再開しました。

夕食後蓮華池を1週のコースで約6キロの距離。

夜9時ころですが池の周りは遊歩道で池までの往復も歩道専用ですので安全です。

5月くらいまで歩いていましたが、全く時間が取れなかったのと

あまりのお疲れモードでやる気が出ませんでしたが、何とか歩き出しました。

これって最初の1歩が面倒くさくてやらないのですが

何も考えずやろうと思ったのでそのまま始めました。

まだ再開して2週間ですが、義務感ではなく自然に任せています。

日曜日もほとんど取れずに仕事をしており、ほぼ無休でいますと

肉体的に疲れを感じないと体がメリハリを感じなくなるのです。

自転車が直ったら会社までの20キロの通勤も混ぜて

少しスポーティーなスタイルにしていきます。


でも今日は疲れのピークで少しダウン。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブの季節になってきました  

この頃は少し暖かいですが、基礎暖房として朝少し火を入れています。

ほんのりと暖かい空間ですね。

先日夏からの廃材を少し切ったので燃料にしています。

CIMG0905.jpg

本当は広葉樹の薪がいいのだけれど、それって購入しなければ手に入りません。

こんな木材でも十分です。

しかし古い木は少し臭いですね。

部屋に匂いが回ります。

CIMG0907.jpg

焚き付けも家具屋さんからもらったこんな木端材。

CIMG0906.jpg

コレで30坪の事務所の基礎暖房を賄っています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田住吉の家 ③  

8月からUPしていませんでしたが続けて載せていきます。

P1000330.jpg

鉄筋の検査をしていきます。

ここで先行配管を埋めたら土間コンクリートを打ちます。

P1000377_20171107183052208.jpg

ここは2棟続いていますので土間もまとめて1日で打設します。

8月にまとめて2棟は体に応えます。

土間を打ったら立ち上がりの型枠を組み立ち上がりのコンクリートを打設します。

CIMG0341.jpg

型枠を外し全貌を確認します。

CIMG0401.jpg

玄関内の土間を打設して基礎を完成させます。

CIMG0402.jpg

大工さんが入る前に給排水の配管をしていきます。

CIMG0408.jpg

ここから大工さんが土台の取り付けにかかります。

基礎パッキンを並べて番付に合わせて土台を固定していきます。

CIMG0411.jpg

季節は真夏の8月です。

ヘロヘロになりながら作業をしています。

CIMG0424.jpg

87ミリの床下断熱材を入れ、床の28ミリ合板を張っていきます。

このあたりでは建て方を計算して平屋のこちらを先行して進めています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー