FC2ブログ

casaニュース

吉田住吉の家  ②  

消毒まで済んだらコンクリとを打つ準備をします。

P1000282_20170831192144ddf.jpg

防湿フィルムを敷き捨てコンクリートを打設し、型枠を組みます。

P1000300 (2)

外型枠が出来たらすぐに鉄筋の準備にかかります。

DSC_0006 (2)

鉄筋が組みあがったら配筋検査を行います。

弊社は検査員資格を持っているのですぐに検査をします。

OKですので翌日コンクリートを打設します。

P1000376_20170831192147c1d.jpg

2棟分50坪以上の基礎はコンクリートを打つのも一苦労。

1日仕事です。

ここまでがお盆前の工事です。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

熱中症  

昨日建て方をしました。

気温は暑いと感じてはいたが38度とは。

吉田の現場では風もなく実質40度超えていたかも。

私は午前中からふらふらしだし、目の前が真っ白になる事数回。

熱中症だと感じたときはもう戦力外。

あまりの顔色の悪さに、職人さんが気を使ってくれ私は休み休みの確認作業。

無事に終わりましたが、みんなもバテバテでした。

私は今朝もそのまま仕事で、お客様とショールームまわりをしましたが

何回かめまいがして今日もSOS。

明日も朝から予定が入っています・・・・。

体が悲鳴を上げていますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中之郷のリフォーム ②  

工事を始めるに当たり駐車スペースを確保するために、庭の伐採から始めました。

P1000836.jpg

樹木ってねっこをとるのが大変です。

P1000839.jpg

ブロックを恐し土砂を鋤取り駐車スペースを確保しました。

コレで最終的に車2台と駐輪場を作ります。

P1000870_201708271154159a9.jpg

玄関まわりも1段踏み台を付けるために、かなりきわどく鋤取ります。

P1000843_20170827115410b70.jpg

内部も間取りを変えたりするところを撤去していきます。

出来るだけ既存部分を残しながら施工していきます。

P1000863_201708271154136ee.jpg

ここは物置からUBになるところです。
P1000849_20170827115412897.jpg

キッチンから洗面・UBと導線を考え廊下に出ずにつなげました。

リフォームは解体してわかることも多く、思っていたのが出来ないこともあります。

もっとスケルトンになるくらい解体し、構造体以外すべてやり直しにするなら

新築と同じにできますが予算のこともありどこかで手を打つのが現実ですね。

これから工事が始まりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中之郷のリフォーム ①  

 中古住宅を購入される方が内装・外装・外構の工事を依頼してくれました。

和風住宅ですが状態もよくこのまま住める感じです。

P1000786_201708241031345bf.jpg

外壁はクラックからの雨の侵入や、今回塗らなくても2・3年後には塗った方がいい

という状況なので、最後に塗装します。

庭もあり贅沢ですがココは駐車場・駐輪場へ。

P1000756_20170824103135f80.jpg

作り付けの家具がある間取り。

設計士の息子さんが設計したらしくこだわりのある作り。

P1000426_20170824103136921.jpg

P1000427.jpg

しかし、いかんせん時代を感じる内装ですのでココはやれる範囲でリフォームしていきます。

このお宅のリフォームは住宅ストック支援事業のエコリフォームと

県産材のフローリングを使った補助事業を使っています。

住宅ストック支援事業は申請がややこしく、

利用する会社が少なく枠も余って8月に追加で募集も出ました。

県産材の床は順調に枠が埋まっているそうです。

これも7月から始まった工事です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

吉田住吉の家  ①  

兄弟で隣同士に家を建てさせていただくことになりました。

2棟隣同士って初めての経験です。

効率を上げてクオリティーを保つことをテーマに進めていきます。

P1000923.jpg

7月に地鎮祭を行いました。

敷地は広いのですが家の前の道路が狭く、

大型車はお隣の親戚のお宅の敷地を通させていただき工事を始めます。

P1000968.jpg

当たり前ですが地盤調査をし

P1000969_2017082319182737e.jpg

パソコンで解析し大体の状況は現場でつかみ

保険会社からの資料に基づき工事を始めます。

P1000271.jpg

2棟分ですので掘方・砕石と時間がかかります。

RIMG1220.jpg

砕石を敷いた状態でシロアリ薬剤を散布します。

P1000282_201708231918312a7.jpg

防湿シートを敷き捨コンを打ちます。

この段階でスケールメリットってコンクリートの打設が少ないとわかりました。

2棟と言ってもデザインや使う材料は違うし、施工する人もむやみに入れられない。

同じ住宅を続けて作る建売住宅と違い、同じ素材は内部の床くらい。

しかし監理は同時にできるので私の移動時間は効率上げれます。

1日の移動距離130キロくらいありますがこれから楽しみに進めていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事 ②  

金物を付けましたら構造用合板を張っていきます。

P1000228 (2)

実際合板は粘り気が出て効く感じが施工中からも伝わってきます。

P1000239_2017081718544127a.jpg

この面はとても狭くとっても時間がかかりました。

人が奥に通れず2階に合板を上げるのも狭くて精一杯。

大工さんが苦労して施工してくれましたが時間は通常の3倍かかりました。

こういう場所って㎡ 〇円ってわけにはいきません。

P1000303.jpg

構造用合板が張れた場所から通気シートを張っていき雨養生をしていきます。

P1000306_20170817185443d80.jpg

仕上げの板金の下地である横胴縁を打っていきますが

半端の無いせまさで写真を撮るのも精一杯です。

体を薄くして立つだけの幅しかなく、回転が出来ないのです。

何とかお盆前にここまで進みました。

CIMG0347.jpg

8月12日にご近所の方に現場見学会を開催いたしました。

工事中もご近所さんがいろいろ聞いてきてくれましたが、

金物の基準や、施工を説明しました。

後は仕上げのガルバリウム板を張っていきます。

ここからはお盆後の工事になります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事 ①  

全く更新していませんでしたが、1日も休みなく働いています。

その中でまだ継続中の梅雨から始まった耐震補強工事をUPします。

お施主さんは長年弊社の塗装工事をしていただいている塗装屋さんです。

ご高齢で何があってもお子様には迷惑をかけないようにしたいとの事で始まりました。

元々平屋の家をおかぐらと言って2階増設しています。

それだけで構造的には少し不安でしたが

残されていた確認申請書の図面を基に構造計算書を算出。

補助金が出るギリギリの数値でしたが申請が通り工事開始。

P1000229_20170815102902f61.jpg

この茶色のお宅。

隣家との間も狭く工事の難航が予想されます。

P1000108_20170815102902fd4.jpg

まず外壁をめくり既存の状態を写真にとります。

柱1本1本に番号を振り留め金具や筋違の有無、固定方法を確認します。

図面では内部にも筋違がたくさん入っていたお宅でしたが

解体してみたら外周周りだけで内部には筋違は入っていませんでした。

急いで構造計算をし直して今回の工事でクリアーできるかを確認し

市役所に途中報告を入れ進めます。

P1000167.jpg

柱には必要耐力を持たせた金物を取り付け

P1000184_20170815102907c35.jpg

ここは引き抜きの力が大きくかかるのでそれに合った金物を

P1000174.jpg

筋違もすべて金物で固定し写真を撮っていきます。

こうして工事は始まりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

サーフボードラック  

昨日後輩のお店でサーフボードを飾りたいとの事でラックの取り付けをしました。

P1000302_201708071231530b8.jpg

インターネットで購入したのを壁の下地を探して取り付け。

お互いもうオッサンなので年に1・2度やりたくなったらやればいいという感じ。

インテリアのアクセントになりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー