FC2ブログ

casaニュース

モコ押切 ⑬  

外回りが進みましたら内部に入っていきます。

IMG_0784.jpg

まず屋根面から断熱材を張っていきます。

そうです天井面ではありません。

こうすることで天井裏の温熱環境も室内と同じにし

天井上の壁面にも断熱材を入れる意識を持たせます。

天井断熱と比べると手間もかかり面倒くさいですがこれが弊社の基準です。

IMG_0785.jpg

天井断熱材を入れているときに設備配管作業にかかります。

IMG_0797.jpg

壁面にも断熱材を入れていきます。

IMG_0798.jpg

壁と天井に断熱の切れ目が出ないように施工しました。

断熱欠損箇所があればそこから一気に冷気が入り込み温まらない家になります。

天井断熱している会社はとても多く、

屋根断熱をやったことのない大工さんはとても面倒がりますよ。

IMG_0799.jpg

排気のダクトを入れこれからボードを張っていきます。

明日から土日と自衛団の旅行で浅草に行ってきます。

本当に休みがなく働いていますので楽しみなリフレッシュを取らせていただきます。

しかし予報は雪・・・・。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪割  

昨日は静岡市内への野暮用で家族で静岡へ。

ちょっと時間が出来たのでこのところの寒波で薪の在庫がさみしくなってきましたので

丸太を割ってきました。

娘たちは初めての薪割で興奮し

特に力仕事が好きな長女と三女は大活躍。

大きな斧を直径40センチはある丸太に打ち付け

スッパッという快感を体験。

乾燥した杉丸太は油気が少なく割りやすい事を覚え

芯に油分がある茶色い部分はなかなか割れないことを覚えて

自分たちでバーベキューやキャンプするようになったとき

子供のころああやったなーと思いだすかなーと・・・・。

ある程度たまったのでその後食事へ。

IMG_0135_201601250947289c6.jpg

これは友人宅で作った薪小屋。

こんな量も大食いの薪ストーブではあっという間。

このお宅は1.8m幅を系5カ所作ってありますが

常に補給を考えていないといざというときに困ります。

会社の薪なども現場の端材を使っていますが

今はプレカットが主流で大物が少ない。

購入するにはコストがかかりすぎる暖房器具ですので

購入を考えている方は燃料の調達・保管も一緒にお考えください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

看板の設置  

先日看板を設置してきました。

もう正面には正規のものがついておりこれは道路を走っていて見えるのと

榛原総合病院の駐車場からのモノです。

IMG_0826.jpg

まず基準となる1枚を貼っていきます。

IMG_0827.jpg

そうしたら寸法だしし続けていきます。

IMG_0829.jpg

職人さんに聞くとこの春時点であーでもない・こーでもないと悩まれると進まないとか。

IMG_0834.jpg

元々は以前入居していたお店の看板の跡が残っていて何とかしたいと相談があり

シリコンで文字を接着していましたので、そのシリコンを手作業で撤去し

塗装するしかない。

しかし手前に色の目立つ看板を付けると気にならなくなりますよ提案し決定。

今看板設置の主流はシリコンのみの接着だそうですが

私は強風が怖いのでビスとシリコンを併用。

文字看板は出来れば写真看板にしたかったのですが

恥ずかしいからと文字だけになりました。

しかし道路からはよく見えます。

オシャレにしたければ地板のこげ茶にそのまま名前のシールを張りますが

これでは昼間も特に夕方では全く見えないのです。

白文字でなければ多少カッコ悪くても白枠文字にしなければ見えないのです。

取り付け時間もの半分で終了。

風もなくスムースに行きました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

久しぶりの丁子屋  

昼ごはんにホント久しぶりに丁子屋に行ってきました。

IMG_0836.jpg

ほぼ4・5年ぶりかな。

一番シンプルな丸子を注文。

本当においしい。

いくらでも噛まずに飲み込んじゃう感じです。

味噌汁も以前は少し田舎臭かったが今回はすっきり。

自然薯自体が高価なのでお高いのはわかりますが

寿司屋のランチやフレンチのランチと比べるとコストパフォーマンスが・・・。

でもすっきりいただき満足しましたので今度は家での食事にリクエスト。

子供たちも食いつくぞ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 完了  

浴室の窓に目隠し可動ルーバーを取り付けて工事完了。

IMG_0774.jpg

今までの縦格子では実は浴室内に人がいるのが分かってしまっていたのです。

知らなかったのはご家族のみ。

この羽の向きが変わりますので目線をふさぐのも水平にして光を入れるのもOK。

IMG_0775.jpg

脱衣室は狭くなりましたがこの高窓のルーバーでOK。

後から開口を付けるのはこのカバー工法できれいにできます。

IMG_0251_2016012211055267f.jpg

キッチンはこうなりました。

IMG_0648.jpg

真っ白の純白です。

IMG_0306_20160122110553b03.jpg

浴室もなぜかクランクして入っていたのを

IMG_0662_201601221110364de.jpg

すんなり入るようにして広々としたユニットバスに。

コレで終了。

年末の安定した天気と協力してくれた職人さんに感謝してお正月を迎えました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ⑥  

浴室も出来ましたら内装の工事にかかります。

IMG_0597.jpg

玄関から階段廻り。

IMG_0606.jpg

そしてキッチンを貼っていきます。

今回リフォームしたところはきれいにしています。

IMG_0667.jpg

そして工事中にお施主様からの要望でとても滑るつるつるタイルを

ノンスリップのタイルに変身。

これも10種類くらいのタイルを敷き並べ見た目と滑りにくさをチェック。

既存のタイルに下地処理して接着剤で貼っていきます。

IMG_0702.jpg

見た目も明るくなり何より滑らなくなりとても喜んでいてくださいます。

コレで年末いっぱいの工程で組んだ工事も無事終了。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ⑤  

これからユニットバスの施工に入ります。

IMG_0588.jpg

レベルを見て床から組み立てていきます。

このUBは1.25坪と大きく施工時間を気にしながら進めます。

IMG_0590.jpg

浴槽は高断熱浴槽を採用。

この様にスチロールで覆われています。

IMG_0592.jpg

夜までかかりましたが何とか終了。

これは翌朝の写真です。

まだコーキングが乾いておらず、匂いがします。

IMG_0662.jpg

最後に清掃をしてコレで年末に使っていただきました。

まだこの写真時には目隠しルーバーがついておりませんので

外からの目線が少し気になります。

リフォームですのでカウンターの上に窓があったり、

壁を抜いたりと出来る事出来ないことを整理して工事しています。

45センチ奥行きが広がっただけでものすごく違いますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑫  

壁の工事に入ります。

遮熱シートの上に12ミリの構造用合板を張っていき、その上に通気シートを張ります。

IMG_0748_201601181849215ee.jpg

IMG_0766.jpg

窓の開口下は緑色の専用部材で防水します。

ココをシート貼りだけの会社って水の怖さを理解していませんね。

IMG_0780.jpg

通気シートが張れたら軒天井を張っていきます。

空気の入るところを作り温まった空気は軒天上を上り

IMG_0781_20160118185454edb.jpg

棟のところで有効ボードから抜いていきます。

IMG_0782_201601181854567d0.jpg

壁も外部通気を作り軒天井と合わさるところでつうきしたじをいれ

壁の内部で暖められた空気を室内に伝えず抜いていきます。

IMG_0783.jpg

この15ミリの通気層が建物を長持ちさせ内部を快適に保たせます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ④  

 解体が済んだら梁の補強工事に入ります。

IMG_0506.jpg

柱を抜いた梁をもう1本下から支えます。

IMG_0507.jpg

袖柱を既存の柱に固定し補強の梁をそこに乗せます。

IMG_0565.jpg

金物を取り付け後からの補強で既存の柱・梁を欠き断面欠損しないようにします。

これって大切なことで、補強は全体的に見て強度を増すためのモノ。

分かっていない人は思ったより多いよ。

IMG_0513.jpg

そして後付けの開口を施工します。

これはカットモールと言って壁を最小限の解体で取り付けられるものです。

天井を上げルーバー窓にして明かりと換気を機能させます。

IMG_0518.jpg

設備配管をし土間にコンクリートを打ち

IMG_0563.jpg

壁に断熱材を入れココからユニットバスの施工に入ります。

0.75坪の浴室が1.25坪のユニットバスになります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ③  

キッチンが付いたところで今度は浴室です。

IMG_0475.jpg

通路を養生し施工しやすくします。

IMG_0476.jpg

解体を開始します。

またつかう天井暖房機を取り外し内装と今回は大きくするために柱・基礎までとっていきます。

IMG_0482.jpg

柱は水分で腐っておりました。

ほとんど荷重を受けていない状態です。

IMG_0498.jpg

基礎まで取ってしまったところです。

状況を確認して清掃に入ります。

IMG_0505.jpg

柱を抜いたところにはサポートを建てて補強工事までこのようにします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

住んでよし しずおか木の家推進事業んぼ補助金  

今朝水回りの改装でUPしているお宅の補助金の完了報告書を提出してきました。

この補助金は認定された静岡県産材を使った工事に、登録してある会社が申請できる事業です。

今回は秋に急きょ決まったフローリングを使った工事です。

静岡にノダ(株)という建材メーカーがありそこがフローリングのベースに

静岡県産材の桧を使ったフローリングを出しており

これがこの事業の認定品として登録されました。

IMG_0742.jpg

いつもは合板フロアーはあまり使いませんが、使うなら少しでもお施主様の為にと

今回初めて採用しました。

この事業は今まで何回も利用していますので手間でも何でもありませんが

これを知っているか知らないかで何か損した感じがしますね。

IMG_0646.jpg

この面積では5万円の補助金となり材料費は十分カバーできます。

枠がありますので興味を持たれた方はお早めにご相談ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

バカ娘  

夜の散歩に時々次女がついてきます。

とても運動好きで自分で今日は運動が足りないと思ったときに来ます。

子供の性格はだんだん変わってきて

最初は顔も考え方も長女が私にそっくりだったのに

今は次女が似てきています。

とても飽きやすい性格や突拍子もない発想がそっくりで

昨日はE-girlsウォーキングと言って踊りながら歩いていました。

正月明けは駅伝走りと言って走っていました。

なんだかんだ言って妻や娘と歩きながらいろんな会話をしていますが

この娘を見て俺も子供の時はこんなバカだったのかと思います。

でも考え込まない性格は楽しいですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑪  

外壁下地をしているときに屋根瓦工事は進んでいきます。

瓦を荷揚げし(これだけで1日かかります)取り付け位置に置いていきます。

IMG_0747.jpg

色も2色混ぜるためにラフに散らせます。

IMG_0745.jpg

1枚1枚釘で固定していきます。

IMG_0758.jpg

職人さんは手際よく棟まで張り上げていきます。

トップライトまわり等の作業で終わります。

IMG_0769.jpg

大体張り終わりました。

このころは寒くなり始め朝1番は霜が降りていて作業ができません。

IMG_0771.jpg

保育所ですので柔らかい色使いでコーディネイトしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ②  

 配管工事・壁下地が終わりましたらキッチンの取り付けに入ります。

IMG_0471.jpg

今回採用したのはクリナップのクリンレディ―。

ちょっと高価なキッチンです。

しかし作りがしっかりとしており何よりも重い。

搬入にバタバタしているところからスタート。

IMG_0474.jpg

キッチンと裏面のカップボードを取り付けます。

リフォームなので元の壁の垂直が悪く且つ天井もたれています。

IMG_0473.jpg

この様にレーザーでレベルや垂直を見てどこの部分で納めるのかを確認して作業します。

現場任せの会社ではこうするといった指示が出ず職人さん任せになります。

リフォームってこまめに確認していかないとこういうところが出て

その納まりできれいに見えるかどうか決まります。

IMG_0649.jpg

そして何より今回の目玉は食洗機。

ミーレというドイツ製のもので大容量・強力洗浄です。

日本製でもオプションでこれくらいのものを出してほしいのですが無いですね。

自宅でも以前から購入検討しているのですが何より高価です。

そして施工もややこしい。

初めてではないので事前の確認をして行いましたがてまどうことが多い。

何とか夜には終了し翌朝から使えることになりました。

リフォームってちょっと残しはNGで遅くなっても終えるということが大切。

もしくは工程を詰め過ぎない。

翌日次の工事業者が施工しに来たときに前の工事が終わってないという事では

その日の工事ができません。

すべてが遅れてきますので新築よりも工程管理と弁場管理が大変で時間を取られます。

リフォームって思ったよりお金がかかるというのは、こういう人件費がかかるからです。

何よりキッチンの据え付けは終了しました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑩  

 年が明けましたら外壁下地工事に入ります。

柱・土台に金物を付け筋違も取り付けたら今回は屋根と同じく遮熱フィルムを張っていきます。

IMG_0738.jpg

屋根でも張りましたがこれが温熱環境に効くんです。

IMG_0733.jpg


内部のグラスウールを15ミリの隙間を開けて取り付けますので

そこが熱反射するスペースになります。

IMG_0748.jpg

遮熱シートの上に12ミリの構造用合板を張っていきます。

通常構造用合板は9ミリでいいのですが施工していて9ミリと12ミリでは腰が違い

数値以上の違いがあるような気がしていますので12ミリを採用しています。

璧量計算では建築基準法の2.5倍の強さを持ち、且つ偏心率もほぼゼロ。

これって建物の重心と剛心(耐力壁の中心)が同じで地震が来てもねじれにくく強度が強いんです。

璧量は建築基準法の1.5倍で長期優良住宅のレベルです。

自慢・・・・・いや構造の考え方はこの辺にしていきます。

IMG_0753.jpg

遮熱シートは内部からこのように見えます。

IMG_0755.jpg

天気のいいこの時に内部の材料である断熱材やボードを搬入しておきます。

工程が厳しいので材料待ちという事態にならないように準備はしっかりとしておきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

そんなに珍しいのか  

毎日夜帰宅後に蓮花寺公園を早歩きで散歩しています。

大体5~7キロの運動ですが何とか続けています。

年末から公園の駐車場にスタバが出来とても繁盛しています。

というより平日も朝から夜9時過ぎまでまだ並んでいます。

最初は珍しいからかと思いましたが、今でも並んでいますので

藤枝の田舎ぶりにびっくりしています。

これって静岡市内にあったりJRの新幹線乗り場にありますので

何にも珍しいとは思っていませんでしたが・・・・。

ニュースで話題になった鳥取と何ら変わりません。

今夜も歩くのですが並んでいるのだろうな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水回りの改装 ①  

 こちらは年末に行いました水回りの改装工事です。

11月末にまずはキッチンを変えたいと連絡がありショウルームを回っているときに

お風呂も小さいのが不満と相談を受け確認。

脱衣は小さくなるが大きくできますと伝えたところ

一気にキッチンと浴室の改装工事をすることになりました。

11月中に機種を決め発注。

納期が2週間のシステムキッチンとユニットバスを12月松に施工することで工程を組む。

IMG_0251.jpg

キッチンはまだ古くはないがIH と食洗機を入れたい。

換気扇は3年前に変えたがショールームで見た自動洗浄機付のアラウーノにしたいと

決断しました。

IMG_0306.jpg

浴室も天井暖房機を付けたばかりでしたがこちらも変えたいという気持ちが勝りました。

IMG_0438.jpg

まずはキッチンから始めます。

キッチン本体を外してタイルを撤去していきます。

IMG_0439.jpg

タイルって接着剤で付けてありますので取れないですね。

リフォームにはいろいろなやり方がありますが今回は下地から撤去します。

IMG_0457.jpg

設備配管をやり直したら合板・ボードを張ってキッチン下地を作ります。

さあここからスタート。

工程は1日狂えば大変という中で始まりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑨  

IMG_0658.jpg

フィルムを張った屋根面を天井から見るとこんな感じです。

IMG_0678.jpg

屋根には部位水のアスファルトルーフィングを張り木材で固定していきます。

IMG_0679.jpg

縦残を打ちその上に瓦を止める横桟を打ちます。

雨はこの隙間を通り下まで抜けます。

IMG_0690.jpg

大工さんは壁下地を作ります。

IMG_0691.jpg

柱の引き抜け防止金物などと取り付けて固定をし

開口もプレカットで刻み決めていきます。

ここまで行きましたら年度末の工事は終了。

IMG_0692_20160107112630d33.jpg

ブルーシートで囲い床下の合板を何枚かはずし床下の乾燥を促します。

この日で12月30日。

年内目いっぱい工事をしてくれた職人さんたちありがとう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑧  

建て方の作業を終え屋根材の荷揚げを行います。

IMG_0636.jpg

一塊800キロありますので固定をしっかりとします。

IMG_0637.jpg

天井裏もこんな感じで垂直を取り雲筋違といったもので固定します。

IMG_0640.jpg

今回は野路合板を打つ前にアルミの遮熱材を張りながらの作業です。

遮熱材は温熱環境にとても有効で今回はこのフィルム面を天井裏側に隙間を作り

家の内部の遮熱を活用する計画です。

2人かかりで固定しながらの作業ですので手間がかかります。

IMG_0650.jpg

日曜日の夕方にようやく屋根の下地が終了しました。

IMG_0651.jpg

トップライトも位置を確認し開口補強を入れて固定していきます。

コレで一息。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑦  

 ようやく建て方を年末の土曜日に迎えられました。

IMG_0623.jpg

まず柱を立ててレッカーで梁を付けていきます。

平屋はやりやすいですね。

IMG_0625.jpg

このあたりは早く組む上がります。

IMG_0626.jpg

中に入ってみるとこんな感じです。

IMG_0627.jpg

小屋梁を組んだら母屋と言って屋根組の下地に入ります。

この時もう1組は柱の垂直を見て仮筋違で固定していきます。

IMG_0633.jpg

今日はこの垂木が組めたところで終了。

この屋根組gは時間がかかり、通常の住宅の2倍の面積がある屋根を施工するのは大変です。

無事に建て方が終わりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑥  

ようやく土台廻りまで来ました。

IMG_0617.jpg

断熱材の上に床下構造用合板を張っていきます。

昨夜は予報ではなかった雨が降り床下の水を拭きとりしながらの作業です。

IMG_0619.jpg

外回りでは足場工事に入りました。

IMG_0621.jpg

構造用合板を張って養生シートを張って明日の建て方に備えて今日中の完成に臨みます。

平屋の40坪って結構やることが多いですよ。

基礎も大変でしたがこの厚い合板を張っていくのは大変です。

明日は建て方。

何とか年内の目標をクリアできるように頑張っています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

モコ押切 ⑤  

IMG_0560.jpg


養生期間をおいて型枠を外していきます。

もちろん清掃も。

IMG_0567.jpg

この工事もなんだかんだ言って時間がかかります。

何とか基礎を打てた状態で外部の埋戻しや整地まで行います。

IMG_0594.jpg

土台を据え付けたところで配管の固定を行います。

この時でないと長い配管が切り回しできないのです。

IMG_0595.jpg

土台据え付けと配管工事を同時に進行させていきます。

IMG_0616.jpg

配管が出来たところで床下断熱材をはめていきます。

現場でのカットができるだけ少なくなるように細かく寸法を分けて搬入します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガーデンショール―ムで  

 12月31日はガーデンショールーム前のアプローチに

枕木の残りで列柱を作りました。

本当に切った残りをそのまま並べただけですが、とても雰囲気のいい感じになりました。

IMG_0694.jpg

手前に植えた花は白と赤。

IMG_0701.jpg

ココの仕切りに使った残りです。

土を掘りコンクリートを練り柱を据え付ける。

これだけでも腰にきて年末はコレで手いっぱい。

IMG_0697.jpg

アプローチが長いので途中でこのアクセントがあっていい感じです。

今回は中古の枕木を使ったため来るまでどのような程度のモノかわかりませんでした。

サイズも2種類混ざっておりましたが、まあラフに作るつもりでしたのでそれもよし。

IMG_0698.jpg

お正月はとても暖かかったので日中ココでお茶をしました。

なにも使わなかった庭もこういうつくりをするとまた家の中と違った楽しさがあります。

IMG_0670.jpg

ココがこう変わっただけでなんか気持ちも違ってきます。

皆様の中にも庭を活用したいと思ってる方はご相談ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

仕事納め  

 今年は12月30日が仕事納めです。

現場では金物と壁下地まで終えたところでブルーシート巻で終了。

年明けは瓦や外壁の搬入から工事スタート。

IMG_0692.jpg

風の強い日にコーンが飛ばされましたので木製バリケードで囲います。

屋根は防水紙と抑えの木材まで打っています。

IMG_0693.jpg

予報では雨が降らないので安心していますがコレでようやく現場は終わりました。

年末には2月以降の仕事もバタバタと決まり、私は事務所でその工程を組んでいます。

事務仕事はなかなか終わりませんね。

年明けは2日から始める予定です。

体と相談しながら(もう50代なので)始めていきます。

今年1年どうもありがとうございました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー