FC2ブログ

casaニュース

善左衛門の家 基礎工事 ③  

P1050285.jpg

コンクリートを打ち始めました。

ポンプ車が出てから住宅の基礎もだいぶ施工性が上がりましたね。

以前は布基礎が主流でしたのでコンクリート量も少なく

ミキサー車から一輪車に受け手運びで打設していました。

とても大変な仕事で職人さんの高齢化と不足分を機械が補っています。

P1050288.jpg

レベルもこのようにセンサーを使って性格に出しています。

P1050287.jpg

高さを合わせたらこのように馴らしていきます。

この様にベースコンクリートを打ったらその上にまた墨出しをして

立ち上がりの型枠を組んでいきます。

P1050290.jpg

ココでもポンプ車が活躍。

P1050291.jpg

コンクリートミキサー車とポンプ車の2台分のスペースがいりますが

コンクリート打設時間は約1時間と短く近隣へのご迷惑をおかけする時間も少なくなりました。

後は天端を馴らし翌日レベルモルタルで高さをしっかりと出します。

基礎って出来上がってみると単純な構造ですが、そこは重いという大変さがあります。

バケツ1杯のコンクリートを持つのも大変ですよ。

先日ガレージの基礎を作るので舟でコンクリートを混ぜて打ちましたが

体がぼろぼろになりました。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

善左衛門の家 基礎工事 ②  

砕石まで終わりましたら防湿シートを敷き周りの抑えコンクリートを打ちます。

P1050222.jpg

さすがに大井川に近い善左衛門は風が強くシートを敷きにくいですね。

P1050223.jpg

何とか押えコンクリートを打ってコレで型枠の墨を打ちたてていきます。

P1050267.jpg

型枠を組んだら鉄筋を組み立てていきます。

P1050273.jpg

鉄筋の配筋検査をして問題がなく図面通りにできていましたので

翌日コンクリートを打ちます。

奥手は水道業者さんが先行配管をしているところです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

善左衛門の家 基礎工事  

連休明けから始まりました農家住宅の離れです。

ココは市街地調整区域で確認申請前にその申請があり

且つ敷地が道路に面しておらず(周りは田畑で水路で仕切ってあった)

そのための河川関係の許可も3カ所から取ったため予定が大幅に遅れてスタート。

P1050113.jpg

まず事前に地盤調査をしておきます。

コレで基礎の形状を決めます。

P1050197.jpg

このお宅は工事前に中庭と道路入口側に泥除けの為に砕石を撒きました。

元々田んぼだったため土がドロドロで周りが汚れてしまうために処置。

P1050200.jpg

建物周辺を掘って砕石を入れていきます。

P1050201.jpg

十分転圧をかけ締め固めます。

P1050208.jpg

転圧をかけたらここでシロアリ消毒の薬品を散布。

土壌にいるかもしれませんので防水シートをかける前に処置します。

工事はココからスタート。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

研修会  

 先日これからの家づくりの省エネ基準となる断熱性能の研修と

補助金が下りる地域型グリーン住宅の研修に行ってきました。

今後新築住宅の断熱性能は次世代省エネ基準(H11年基準)から

新省エネ基準(H25年基準)に変わり、

低炭素住宅(新省エネ基準-10%+低炭素)そして

ゼロエネ住宅(新省エネ基準-100%)・・・太陽光発電で1次エネルギーをゼロにする。

住宅へなっていきます。

2020年までに新省エネ住宅に移行し

2030年ころまでにはネット・ゼロ・エネルギーハウスを目指すそうです。

今現在日本の住宅では長期優良住宅などで断熱基準が決められているだけです。

新基準の省エネレベルは家全体の屋根や外壁・開口部・基礎をすべて面積計算し

断熱性能を決めていく。

それだけでなく方位や形状によっても熱取得量が違ってきますので

そこまで計算をしていくことになります。

どのくらいすごくなるか心配していましたが、今の長期優良住宅レベルで収まりそうです。

しかし、計算上通りやすい形状は凸凹せずに間四角な家。

軒や窓上の庇を設けた家。

そして各個室(特に長時間過ごすリビングが小さな家)が有利に計算でします。

吹き抜けや大きなLDKを作りたければしっかりとした計画を立て計算していかねばなりません。

多分多くの会社がそこは面倒くさく思っていますので、私たちはそこを目指します。

今まで長期優良住宅をやってきたのでなんとなく感は掴んでおりますが

やはり1棟1棟違いますので大変になっていきますね。

すべて価格アップの方向になっていきますので、ローコストって表面材料を落とすんでしょう。

今回は湿度を調整する珪藻土や漆喰などのものは計算に入ってきません。

経験上では断熱と同じくらい快適に暮らすには有効と思っていますが・・・・。

 地域型住宅グリーン化事業は約100万円の補助金が出る事業で

昨年施工しました。

こちらは登録した組合に今期も登録し、長期優良住宅認定を受け施工します。

申請・登録にお金がかかりますので100万円まるまる入ることはありませんが

今後の住宅づくりの基本になるレベルですので、積極的に参加していきます。

 今日新築の省エネエコポイントの申請の調整をしてきましたが

急に申請が多くなったと言われていました。

こちらは30万円の補助金で予算がなくなり次第締め切りになりますので急いで行います。

こんなでなんかバタバタとしてきましたね」。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

住宅雑誌の取材 ②  

 月曜日は同じ雑誌の記事として保育所の取材を受けました。

朝子供たちが登園し落ち着いたところで取材はスタート。

無垢材をふんだんに使った施設として取材が始まりました。

床や家具を無垢材で作り、壁・天井を珪藻土クロス貼りとしています。

P1050214_2015051213063774e.jpg

ライターさんが園長先生にお話を聞いているところ

カメラマンさんは子供の中に飛び込んでいきます。

顔が写っていい事いけない子がありますのでそこは先生たちと連携して進めます。

P1050215.jpg

右端は雑誌社の社長さん。

P1050216.jpg

建物を取っているのか子供たちを取っているのかわからない状態です。

この写真では分かりませんが子供たちは全員裸足。

4月の初めから気持ちが良くて脱いでしまうそうです。

外に出るときは靴下をはきますので檜の床が本当に気持ちがいいそうです。

走り回っていますので転んでゴンと大きな音がしてもへっちゃら。

P1050217.jpg

お話を聞き、子供たちが散歩に出たところで最後は外観を撮って終了。

P1050212.jpg

 最後にこのテラスの屋根の日よけシェード。

5月でも陽が当たればデッキの床面は暑くなります。

この日よけシェードをしておけば裸足でも気持ちよく遊べます。

このテラスまで子供たちが一緒に遊べますのでとても広く使っていますとの話でした。

2日間の取材はあっという間。

6月に発行される住まいの提案という雑誌が楽しみです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

住宅雑誌の取材 ①  

 日曜日に浜松引佐の家の雑誌掲載の取材を受けました。

午前中にお宅に伺いまずは片づけ。

当日はご両親が畑作業に見えられてきていましたので

お母さんにもキッチンの片づけをお願いいたしました。

大分すっきりとしたところでお母さんから『いつもこれくらいに片付いていれば』とお小言を言われ

私たちは近くの道の駅で腹ごしらえ。

午後に住まいの提案という雑誌の方々が見えられて開始。

P1050203.jpg

まずは外観の写真撮影からでカメラマンが位置を決める。

ココから撮影がスタート。

家全体が良く見える位置ですね。

このショットは真横から見た位置。

P1050204.jpg

手前の橋は畑に行くための木製の手作りの橋です。

P1050207_20150511165709ef3.jpg

これは玄関の撮影。

通常私は玄関ドアから撮っていましたのでいつもとは反対のアングル。

P1050205_20150511165706a66.jpg

撮影はパソコンと繋げその都度照明を付けたり消したり、角度を確認しながら進めます。

私は住まいの提案の担当者である浜尾さんとカメラマンさんと3人であーでもないこーでもないと話し合う。

写真は編集者とカメラマンさんがプロとして見栄えがいいのをのしてくれるので

進行を見守っていました。

P1050206.jpg

お施主さんはこんな感じで撮影場所を外しながらライターさんと話を進めています。

キレイなライターさんでお施主さんもノッテルネと思いながら見ていました。

どんな話をしていたかわかりませんが、いい掲載になればいいかと思います。

お施主様ありがとうございました。

 明日はこれも同時期に施工した認定保育所の撮影があります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガレージ作成  

 浜松引佐の家でお施主様が家庭菜園やもろもろの屋外荷物を収納するために

ガレージ物置をつくりました。

よくあるスチール製のものでは面白くないのでデザイン性のあるものをチョイス。

事前にカーポートを作成しているところで束石の基礎を作り

転倒防止用の穴を掘り準備完了。

P1050184.jpg

まず基本のブラックボックスを設置。

横のフレームの取り付けに入ります。

P1050187.jpg

屋根を取り付けます。

ブラックボックスの色と家の外壁の色は全くの同色。

P1050188_20150509124254c64.jpg

ボックス+屋根のこのかわいい形。

P1050190.jpg

完成がこちら。

この赤はコカコーラの赤色。

P1050191.jpg

こちらからはこんな感じ。

まずかっこいいよね・・・・・・・ん?。

赤い色が見えないじゃん。

そしてこのガレージは近くからは色を感じないデザイン。

早速お施主様と相談し後日この屋根裏とフレームを赤く塗ることにしました。

メーカーにも伝え、色の組み合わせによるイメージや

塗った後の完成写真などを見てもらい今後の製品に参考にしてもらうことに。

元々物置などのメーカーではなく、自転車王国の静岡で

かっこいい自転車のあったデザインのガレージを作ろうと始まった部署。

なんと大本は金庫屋さん。

今後足元に砕石を敷き内部も塗装して完成していきます。

手作り感いっぱいでなんか面白いでしょ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

カーポートの設置の基礎工事  

 カーポートの取り付け工事が始まりました。

P1050170.jpg

事前にロープを張っており今日は掘方から。

ドリルで土を柔らかくし専用工具で掘ります。

P1050175.jpg

設定の深さまで掘りましたら底を砕石で突き固めます。

荷重は問題ありませんが台風時の風力による浮き上がりの方が心配です。

30センチくらいの大きさの穴ですがココに柱を設置しコンクリートを埋めていきます。

基準基礎で施工していますが深さでコンクリート量を確保して

吹き飛ばす力をこの重量でカバーしています。

P1050174_20150502172236704.jpg

施工の一服はこのテラスでまったりとしています。

P1050177.jpg

敷地内の流れるこの小川にはもうすぐ蛍も出てきます。

お施主様は小川のせせらぎがとても癒しをくれると言っていました。

玄関ポストはこの酒樽を加工したもの。

P1050178.jpg

GW明けにはカーオートの仕上げとガレージの作成。

そして住宅雑誌の取材を受けていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー