FC2ブログ

casaニュース

ライティング計画って本当に難しいですね  

 建築物のデザインのかっこよさって形状や仕上げもさることながら

ライティングってとても大切です。

空間のデザインと合わせるためにもちろん自分で計画していますが

(これって当たり前と思いますが、メーカーにライティング丸投げってとこ案外多いですよ)

いつも悩むところです。

雰囲気と通常の生活をどこで融合させるか。

日本人って家を明るくしすぎるって知ったかぶりで言う方いますが

少し照度が落ちただけで目は疲れます。

元々パンチのあるデザインやライティングが好きではなく

シンプルに品良くをモットーにしてきましたが、事務所では少し少なくてもと配置しました。

しかし実際仕事をしているともう少し照明を増やしておけばよかったと思っています。

時々くる業者さんやお施主様はこんな感じがいいと言われますが・・・・・。

 建築化照明もやり過ぎては逆効果。

照明器具を見せないのがカッコいいのはわかりますがそれを多用するとかえってかっこ悪い。

数年前中国で仕事をしたときに、中国では最新デザインを取り入れた建物がいっぱい。

全体のバランスを見ないで、

その照明デザインはどうだとばかりのオンパレードで、見ていて疲れてきました。

しかし予算のこと(建築化照明はお金がかかります)や

どこまで取り入れようかと躊躇していた私に、

少しやってもいいよと背中を押してくれたのもココからでした。

空港やかっこよすぎる建物の照明ってそれ自体を感じさせないデザインでかっこいいんですが

なんか落ち着かないんですよね。

 今計画中のショールームやガーデニングのライティングも心地よさを第一にし

インパクトやデザインの先走りにならないように計画していきます。

 住宅は長い時間いて落ち着くものが私には合いますので

そのお客様にとってもどこが心地いいんだということを考えてプランニングしていきます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー