FC2ブログ

casaニュース

ライティング計画って本当に難しいですね  

 建築物のデザインのかっこよさって形状や仕上げもさることながら

ライティングってとても大切です。

空間のデザインと合わせるためにもちろん自分で計画していますが

(これって当たり前と思いますが、メーカーにライティング丸投げってとこ案外多いですよ)

いつも悩むところです。

雰囲気と通常の生活をどこで融合させるか。

日本人って家を明るくしすぎるって知ったかぶりで言う方いますが

少し照度が落ちただけで目は疲れます。

元々パンチのあるデザインやライティングが好きではなく

シンプルに品良くをモットーにしてきましたが、事務所では少し少なくてもと配置しました。

しかし実際仕事をしているともう少し照明を増やしておけばよかったと思っています。

時々くる業者さんやお施主様はこんな感じがいいと言われますが・・・・・。

 建築化照明もやり過ぎては逆効果。

照明器具を見せないのがカッコいいのはわかりますがそれを多用するとかえってかっこ悪い。

数年前中国で仕事をしたときに、中国では最新デザインを取り入れた建物がいっぱい。

全体のバランスを見ないで、

その照明デザインはどうだとばかりのオンパレードで、見ていて疲れてきました。

しかし予算のこと(建築化照明はお金がかかります)や

どこまで取り入れようかと躊躇していた私に、

少しやってもいいよと背中を押してくれたのもココからでした。

空港やかっこよすぎる建物の照明ってそれ自体を感じさせないデザインでかっこいいんですが

なんか落ち着かないんですよね。

 今計画中のショールームやガーデニングのライティングも心地よさを第一にし

インパクトやデザインの先走りにならないように計画していきます。

 住宅は長い時間いて落ち着くものが私には合いますので

そのお客様にとってもどこが心地いいんだということを考えてプランニングしていきます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

日曜日は朝から蕗を取りに  

毎年OB施主様から蕗を取りに来てとお声をかけていただきますので

子供を連れていってきました。

蕗は自生しており、この時期たくさん生えてきます。

筍や葺きや山菜はとても美味しく大好物です。

今年も筍をいろいろなところからいただきましたので

この蕗を煮てお返しをさせていただきます。

P1050168.jpg

私がざっと刈って子供たちが葉っぱと茎を分ける作業をします。

P1050169.jpg

あまりたくさんとっても大きな鍋もありませんし何回か小分けにいただきます。

いただきました蕗は妻と長女が筋をむき調理していきますが

この時手が真っ黒になってしまいます。

季節ものをたっぷりといただける環境や調理してくれることに感謝していただきます。

この後仕事で現場に行きます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

アンティーク煉瓦のサンプル  

ガーデニングのデザイン要素の多くに床に敷く素材が大きいですね。

今回のアンティークな雰囲気の庭にするために見積もり時にサンプルを取り寄せました。

こういうアンティークなものってカタログ写真と実物では全く違う。

P1050137.jpg

素材感も価格も全く違うモノで、もちろん写真とも違っておりました。

これからお施主様と相談していきます。

P1050138.jpg

こんな感じの庭にしていきます。

P1050120.jpg

こちらは10年以上前に私が施工させていただいたインターロッキングブロックの庭。

いい感じに古くなっていますが、ブロックの敷き方が少しきっちりしていますね。

P1050126.jpg

この時にあった草木はそのままに施工しましたので形はそれを生かして決めていきました。

当時線引きで白線を引き形を決めたのを思い出しました。

このインターロッキングブロックは歩道に敷いてあるもので水を通します。

そして煉瓦と違い滑りにくいのが特徴。

この時も素焼き煉瓦を敷いたところもありましたが、そこは苔がすぐに出てお施主様も通りません。

今度は苔が生えるのをを承知でアンティーク煉瓦でデザインをして雰囲気を大切にが第一条件。

今後自宅の庭もショールームとして作っていきますので

雰囲気のある庭づくりを楽しんでいきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

地鎮祭  

昨日は連休前後に始まるお宅の地鎮祭に行ってきました。

いつもお願いしている伊河麻神社さんへお願いして地鎮祭を行っていただきました。

当日は夜のうちに雨が上がり地面も濡れてないくらいに乾きました。

P1050134.jpg

小さな住宅の離れですが無事に施工していきます。

P1050135.jpg

これはお施主様が行う工事の始まりの儀。

この後私の鍬入れを行いました。

終了後神主さんと話をしていると、多くのHMは天候が悪くても日をずらさずに

テントを張り強硬に進行するそうです。

ひどいときには台風でも行い、お施主様・工務店は車の中で見守り

神主さんだけがずぶぬれで行ったそうです。

予定はあるでしょうがそこまでして日を決めなくてもいいのでは。

今回は雨が続き2回日を変え今日にしました。

こういうことはみんな気持ちよくしたいものです。

日をずらさないのはお施主様の希望もあると思いますが(休みを取ったりして)

多くは施工会社の都合だと思いますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

まだ先のことですが  

いまアンティークな感じな庭づくりを依頼されていることもあり

自宅に庭を会社の外構ゲストハウスとして作り直すことを検討しています。

元々工業製品的作りは苦手で、思いっきり遊ぼうとしています。

P1040536_20150420180432f73.jpg

イメージとしてはこんなつくり。

ラフに木材を構築しポリカーボネイドを屋根として張る。

内部はアンティーク煉瓦や枕木を敷き詰めテーブルを置く。

P1040537_2015042018043387c.jpg

塗り壁や石張りや塗装も自分でやるつもり。

目隠しの目的で最初に植えた植栽はフェンスで用をなしましたので

今度は楽しむ庭造りを。

元々四川飯店のガーデニングが好きで、あんな感じに植栽をし直したいと思っていましたが

もっと遊べる漢字にするつもり。

仕事としてもこんなガーデニングをする会社があまり無いのでショウルームとしても活用。

2年後をめどに検討しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

日曜日は地縄張りをしに浜松へ  

3月に竣工した引佐の家に行ってきました。

5月に行う雑誌の取材の確認と、カーポート・ガレージの位置決め(地縄張り)をするため。

この引佐町は山間部で冬の霜がすごいとお隣さんから聞きカーポートを作ることに。

P1050132.jpg

場所は家裏側に2台分。

将来露天風呂も作る予定なので位置決めは慎重に。

その裏に薪小屋も作ります。

薪や木材ってもらうときは一気にいただきますし、乾燥も大切。

お遊び(薪ストーブ)はこの様な費用も掛かりますが、生活の遊びってこれが大切。

薪は買わないでいろんなところからいただく予定なので、お付き合いがより大切になります。

P1050130.jpg

道路側にはガレージ兼物置。

ただスチールの物置を設置するのではなくちょっとないデザインになっています。

設置位置もお隣の美容室の看板がかぶらないように道路からのロケーションを見て決定。

色も建物外壁と合わせています。

この日はお父さん・お母さんが来られていて

畑仕事や薪割に精を出していました。

お父さんは畑仕事を本当に楽しみにされており、ご自分で苗やビニールシートを購入され

栽培計画も立てておられました。

P1050131.jpg

 先日会社へ来られた時に購入された照明オブジェがコレ。

P1050133.jpg

まさに衝動買い。

玄関の樽やこういうモノは思ったより高価なものです。

薪ストーブも大人のおもちゃで、そのもの自体もそうですが薪置き場も作るために

これまたお金がかかります。

また薪は購入するととんでもなくお金がかかりますので

ご自分でいろいろなところからもらってきては薪割をします。

めんどくさいと思われるかもしれませんが、お遊びってそのためにすごいパワーで取り組み

お付き合いもまめにしていかなければいけません。

そういう生活を選ばれたので生活を楽しんでいくでしょう。

ガレージなんかは必需品ですのでそこでのお遊びはおしゃれですが

照明オブジェなんかを衝動買いしているとお金が溜まらないなー、ねナ〇シー。

けど楽しんで作っていきましょう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

省エネ住宅ポイントの申請に行ってきました  

昨日ガラスをペアガラスにはめ変えたリフォームをしたお宅の

省エネ住宅ポイントの申請に行ってきました。

3月から申請が始まったこの制度は、予測では予算が少ないため

すぐ終わるんじゃないかと噂されていました。

しかし昨日の段階で受付をされている方はスタートが鈍いんじゃないかと言われていました。

まだまだそこには数件の申請しかなく、前回と比べても反応が少ないらしい。

内容は省エネに関する新築・リフォーム両方が申請でき

もうすぐ新築でも申請をします。

正直申請の手間を考えてもいただける金額は少ないのですがこれも気持ちです。

今回はその戻ってくるお金を少しでも足しにして珪藻土塗りをしました。

P1050060.jpg

右のサッシのガラスをペアガラスに変えました。

床も畳から檜のフローリングに変え断熱材も入れています。

せっかくの補助金制度ですので有効に活用させていただきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガーデニングの依頼  

私が独立後初めてお仕事をいただいたお施主様からガーデニングの依頼を受けました。

11年前に新築し、緑にあふれる庭にしましたが場所柄水はけが悪い。

芝生も何回か張り替えたということでなんかいい方法はないかと相談を受ける。

以前のお宅でインターロッキングブロックを敷き作ったガーデニングの写真でOKとの事。

今回はもっと味のあるアンティーク煉瓦を使いラフに曲線でウェーブを作ることを提案。

ゆっくりと朽ちていく木漏れ日のある庭ををイメージしていきます。

問題は仕上げより下地。

どうしても水はけが悪いと煉瓦が苔だらけになり危ないので、その検討から始める。

以前やはり水はけが悪いところで施工したら、

浸透性のあるインターロッキングブロックは汚れで済むが

素焼き煉瓦は苔が付き滑って危なかった。

今度は20センチ掘り砕石や砂で土にダイレクトにみずが溜まらない層を作り

水分による汚れが気にならないようにアンティーク煉瓦で仕上げる予定。

しかしアンティーク煉瓦って高いんだよなー。

StudioCasa003.jpg

竣工時の庭がコレです。

芝生面を味のあるアンティークでやり替えます。

pic_main001_05[1]

今までやったガーデニングはどれも手作り感いっぱい。

これなんか枕木で鯨の潮吹きをイメージしたり

pic_main001_08[1]

白砂利で川をイメージし既存の庭木に合わせたり

P1060051_20150410173524b9d.jpg

奥まで続く庭を作ったりしています。

お施主様が手を入れるのを楽しみにしてくれていますので、作った後がもっとよくなっています。

どのお庭も数年後の今の方が植栽がしっかりとしてとても綺麗になっています。

さあ、とても楽しみな庭づくりになりそうです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

木材エコポイントの現金支給  

昨年秋に完成し申請をしていたお宅の現金支給分が弊社の口座に振り込まれ

昨日お施主様にお渡ししてきました。

使用した国産材に対する補助金で登録業者が登録木材製品を使って申請を行います。

1軒は床に檜を使ったリフォームで16万円

もう1軒は増築による構造材と檜の床材を使用し、こちらは45.4万円。

おのおのこの半分を現金でいただき残り半分はカタログから選ぶ物産品(食料品など)。

これは支払い時に差し引いた金額をいただいてもいいし

最後に現金支給でもいい。

実際現金でいただかないともらった実感無いので現金を選択しました。

どちらも大変喜んでいただき、こちらとしてもなんかうれしくなってきました。

3月に完成した新築住宅が弊社の最終物件でこちらは50万円以上。

手続きは手間がかかりますがうれしい制度です。

この制度は昨年度で終わりましたがよく活用させていただきました。

 昨夜TVタックルで木材事業は補助金だらけと言っていましたが、確かにその通りです。

ものすごく極端な発言で植栽して木なんか植えなくていいと言っていた国会議員がいましたが

お金だけで判断できるものではありません。

植栽計画された山々で治水ができ、海にも栄養分豊富な水が流れ漁業が栄える。

家だけでなく木の文化で育った日本ではこれからも上手に木と付き合っていかなければなりません。

食料もそうですが現状での金額だけ見て輸入したほうが安いという方がいますが

食料や木材や原油なども外国がいつも売ってくれるとは限りません。

現に木材はロシアでは規制が始まり中国も監視が出て価格が高騰してきました。

今度使用するフランス産の木材は国がコントロールしております。(ボルドーパインという味のある床板)

輸出品は国益の武器になりますのでいつまでも今のままというわけにはいかないでしょう。

日本にある木材産業を上手く使うためにはある程度の国の方針や管理が必要です。

極端に言えば住宅木材はすべて国産材とするとか、全戸太陽光発電を乗せるなどにしてもいいのでは。

資源を上手に使いまたそれが成り立つ産業を作っていかなければならないと思っています。

 今建築現場で働く若い職人さんが減っていると実感し、もっと厳しい山の仕事をする方たちは

もっと人材不足になっています。

若手の働き手が汚い・危険・大変・かっこ悪いなどとこの職に就かなくなっています。

どんな職も大変さも楽しさもあります。

手に職を持った人生は力強くて楽しいぞと盛り立てていきたい。

お施主様もうれしいが、この補助金を使って国産材を使えたことをうれしく思います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

桜祭り  

3月29日(日)は桜祭りでした。

雨が心配される中朝8時から瀬戸川左岸の会場の設置を始めました。

土曜日は快晴でものすごい人だかりだったそうで、

日曜日は午前中が勝負と朝から急ピッチで準備。

テントの設営から始まり野点のセッティング、焼きそば・フランクフルトの準備

甘酒・射的・和菓子販売の準備が完了したら始まり。

P1050061.jpg

まず一発目は和太鼓から。

おばちゃんたちの演奏で始まりました。

スタート時はこんな感じでしたが

P1050062.jpg

時間が経つと

P1050063.jpg

P1050064.jpg

会場いっぱいになりましてスタッフも手一杯の状態。

私は神殿のお菓子配りのコーナーを担当して隣の射的のお手伝いも。

こんなで飲食物も完売して雨がぽつぽつ降り始めたのでお昼で終了。

団長ではない今年はとても気が楽。

今年も自衛団活動がスタートしました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー