FC2ブログ

casaニュース

浜松引佐の家 ⑦  

内部はユニットバスの取り付けに入りました。

この部分の断熱材を先行して張りつけます。

P1040235.jpg

床レベルを確認しお施主様と手すり位置を決めて施工開始。

床パンをセットしていきます。

新築でのセットは施工場所がありやりやすいですね。

P1040236.jpg

浴槽をつけフレームを組みこれから壁の取り付けに入ります。

P1040241.jpg

すべて断熱しようとしていますので床・壁・天井・浴槽の白いのが断熱材です。

P1040242.jpg

室内はこんな感じ。

アンティークが好みのお施主様は落ち着いたこの感じがお気に入り。
 
まだコーキングの匂いがプンプンしていますがすぐに消えます。

これから設備の配管や配線をして年内の工事を終了します。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浜松引佐の家 ⑥  

屋根工事と並行して煙突を取り付けていきます。

P1040246.jpg

まず屋根材を煙突廻りまで張っていき煙突より水上をコーキング処理します。

P1040247.jpg

ふたとなるフラッシングという部材をかぶせ防水テープで水上を止水します。

P1040249.jpg

スポンジの止水材を梁屋根材をかぶせていきます。

P1040250.jpg

屋根をしっかりとかけストームカラーという帽子をかけコーキングをして防水は終了。

コレで年末の雨が昨夜ふり防水チェックをしましたので天井をふさいでいきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浜松引佐の家 ⑤  

建前が終わり外周を合板張りしたところで構造と防水の検査。

P1040234.jpg

この地域は都市計画区域外と言って確認申請が必要ない地域。

瑕疵保険の為の検査だけです。

P1040227_201412291812115bf.jpg

筋違や金物も取り付けてこんな感じ。


P1040228.jpg

室内から煙突はこんな感じです。

コレで雨が降る前に煙突の防水工事をしていきます。

雨が降り防水のチェック待ちです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ⑦  

この建物はここからが大変です。

P1040179.jpg

1層目の野地板の上外張り用の断熱材を張り、通気用の胴縁を打ち

そして2層目の野地板を打ちつけていきます。

太陽の熱気を直接入れない工夫をしてあります。

P1040180.jpg

そして棟で換気ができるように隙間を開けています。

P1040196.jpg

ルーフィングを敷き屋根材を取り付けていきます。

P1040219.jpg

屋根が葺きあがり雨も降ったので雨漏りのチェックも済みました。

P1040218.jpg

先ほどの棟換気はこのような専用部材で空気を抜いていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ⑥  

こちらも同時期に建前です。

P1040157_20141226173624821.jpg


この保育所は平屋で35坪。

P1040158_20141226173625b37.jpg

間口が広いのでより大きく見えますね。

P1040161.jpg

小屋組みまで午前中に組み上げます。

なんか積木細工みたいですね。

P1040167_20141226182355825.jpg

垂木をかけ1層目の野地板を打ちつけていきます。

P1040169.jpg

野地板を打ちつけたところで建前は終了。

この時4時。

もうちょっと粘ろうとしましたがこの後30分で暗くなりました。 ・・・セーフ。

無事に終了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浜松引佐の家 ④  

陽が短くなってきましたのでココから休憩なしで急ぎます。

野地板が張れたところで建て方は終了。

私も大引きと言って土台間の下地を付けたり、整理したりと体がぼろぼろ。

トップライトを取り付け大方の屋根木下地は完成。

P1040204.jpg

ココから煙突工事に入ります。

薪ストーブの煙突を屋根業者の入る前に取り付けます。

P1040205.jpg

位置・高さを決めて基本を固定します。

ココでしっかりと垂直を出します。

P1040208.jpg

屋根の防水シートを敷き屋根を葺いていきます。

P1040229.jpg

もう片面は葺きあがり煙突の部材待ちの状態です。

P1040231_20141226172830af8.jpg

屋根面との接合部材を取り付けこれから屋根を絡ませて取り付けていきます。

バタバタとここまで来た感じですね。

そしていつもながらトップライトや煙突って屋根を貫通しますので

防水処理に気を使います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浜松引佐の家 ③  

P1040172.jpg

土台の裏にシロアリ消毒を塗り墨を付けて固定していきます。

今回は合板は建て方の後に施工します。

建て方が始まりました。

P1040198.jpg


P1040199.jpg

こちらは平屋のお宅。

順調に進んでいます。

P1040200.jpg

母屋まで組んだところ。

屋根上ってこんな感じです。

P1040201.jpg

垂木を組むと屋根の感じが分かりますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のおかぐら ⑩  

完了検査を受け工事は完成。

P1040152_201412191806227b4.jpg

6畳間って写真にとると何にもつまらない空間に移ります。

P1040150_201412191806201a8.jpg

左の扉は1階の扉を引き戸にするときに思い出の扉ということで移設。

P1040148.jpg

廊下には作り付けの収納家具や天井付け物干しを設置。

P1040178.jpg

屋外のテラスも完成して選択干し場はココになります。

P1040175.jpg

外観は茶系のツートンに。

このこげ茶を使う場合白色を持ってきた方が合うのですが・・・。

予定通りの工程で終わりました。

リフォームで予定通りってなかなか珍しい事です。

自分で言うのもなんですが天候に恵まれました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のおかぐら ⑨  

さあ木工事も終盤にかかりました。

P1040081_201412191753320e1.jpg

1階の押入れを階段に変更。

P1040101_2014121917574419d.jpg

この後この梁を撤去します。

撤去するときはすぐ隣に代わりになるモノを新設します。

P1040096_201412191801465d5.jpg

家具を取り付けクロスパテをしていきます。

P1040127_201412191829145fb.jpg


クロスを貼り器具を付けて工事は終了です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ⑤  

さあ土台の据え付けに入ります。

基礎に墨をだし土台裏面にシロアリ防蟻剤を塗り固定していきます。

P1040138.jpg

土台を固定しながら配管のチェックもしていきます。

P1040136_2014121415213516f.jpg

剛床用のアンカーボルト固定の金物です。

土台にめり込み頭が出ません。

P1040142_201412141500284fe.jpg

土台・大引きの固定が終了しシロアリ防蟻剤も塗布しました。

これだけのボリュームだと2人で丸1日かかります。

P1040144.jpg

床下換気口は開閉式とし、床を張る前に内部をスチレンと発泡ウレタンで断熱します。

やっとここまで来ました。

18日の建て方に向かって毎日作業は進みます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ④  

コンクリート打設後養生期間を経て型枠を外していきます。

P1040120_201412141512597cd.jpg

ココは平屋で基礎が大きいので型枠撤去・清掃も1日では終わりません。

P1040128.jpg

撤去後玄関ポーチや玄関内部の土間コン打ちの準備にかかります。

P1040130_2014121415002419a.jpg

それと並行して大工さんが入る前に給排水の配管工事に入ります。

今回は根太レス工法を採用したために先行して配管をしておかないと

床下に潜ってやる作業になり大変になるのです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ③  

P1040093.jpg

底板打設後縦型枠を組みます。

この時アンカーボルトも設計通りに固定していきます。

P1040094_20141214150334093.jpg

今回は長期優良住宅レベルの基礎断熱材を内側に取り付けます。

分かりますか?、内側のポリスチレンです。

これを事前に妻と会社の加工場で切っておき現場では設置のみとし、現場をスムースにしています。

P1040099.jpg

現場に余裕があるようでポンプ車と生コン車が入るといっぱいです。

P1040098.jpg

型枠に生コンを流し込みます。

バイブレーターでしっかりと密に打っていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

なんと12月の今日土手の草刈り  

11月に自治会から急に言われた土手の清掃。

12月の忙しい日曜日、それに急に選挙が決まりその当日にやるなんて。

5つの自治会がこの日にやると決めた会議ってなんなんだろう。

それでなくても12月なんて忙しく寒い時なんて実際に作業しない人たちが決めたんだ。

朝8時30分に自治会や各種団体が集まり清掃開始。

草刈り機を持っている人たちは草を刈り、もっていない私たちは流木や桜の木を集める。

P1040139.jpg

結局町民みんなでなくやるのはいつものメンバー。

私は土手から滑り落ちズボンを破いてしまうありさま。

気持ちが乗っていないのととても疲れて斜めの土手を足が踏ん張れなかったのが原因。

P1040140.jpg

こんな山を何個も作りばてたところで終了。

自治会の人たちも60・70代で老人会の方もいる。

そんな中30から50の自衛団が頑張らないわけにはいかない。

いつも簡単に裏方を求められるが働いているメンバーは休日に出動が続くと

家族がいい顔しないのが現実。

この土手の清掃は桜祭りのとき河原がキレイじゃないと言った人がいて始まりました。

それで瀬戸川周辺の5町内がやることに。

断言してもいいがこういうことを言う人はこの清掃には参加しない。

本当にくたくたになり終了後選挙に行き、現場で作業をして

今事務所で申請書類をまとめている。

愚痴になっていますがあまりの体の疲れで仕事が続かない・・・・。

こんな感じが8月からずっと続いていてちょっとピークかな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

年末はいろいろなことを  

毎年年末はこまごまとした工事を隙間なく入れていかなければいけません。

続いている工事の進捗状況を見て頼まれている工事を入れていきます。

どうしても肯定的に無理な工事は年明けにさせていただきますが

みんな年内にやりたがるのが心情。

P1040108_2014121015380561f.jpg

これは入り口の段差解消プレート工事。

鉄板って思ったより高いんですよ。

P1040121_201412101538069fd.jpg

ココは雨漏りによるボード張り替えとクロスの貼り換え。

今回は濃くないこげ茶のクロスを提案しそれで進めました。

P1040122_20141210153808841.jpg

階段下のトイレで少し洞窟っぽいでしょ。

腰から下の御影石や扉はそのまま。

提案するときも普段のお施主様の洋服や好みを感じ取って

どこまで受け入れてくれるのか考えて提案しています。

このトイレは大人の空間としてホテルみたいで落ち着いたきれいさですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

防災訓練  

日曜日は朝から防災訓練で出ずっぱりでした。

7時過ぎには集まり、防災倉庫から機材を持って来たり現場の設営をしたりと

開始の9時までバタバタとしていました。

会場の準備班と集合場所からの誘導班に分かれ訓練開始。

P1040102.jpg

まずは自治会長からのあいさつで始まり

P1040103.jpg

保健委員によるトリアージと三角巾の使い方説明。

結構参加していますね。

P1040105.jpg

プールでは中高生男子による放水訓練。

P1040106.jpg

エンジンをいじるのも初めての彼らはとても楽しくやってました。

P1040107_201412101527202ff.jpg

最後は灯光器と消火器の実際の噴射。

以前は鍋に火をかけ実際の消火をして今視野が今はグランドが汚れるのを嫌い

ビニール袋の中へ発射。

訓練終了後片付けをして昼過ぎに終了。

こういうモノは何でも事前の準備と片付けがあり成立しているのです。

訓練参加だけでなくこういう下支えする人のことも思いやってください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浜松引佐の家 ②  

型枠が終わりこちらも鉄筋を組んでいきます。

P1040052_20141204162822ea4.jpg

こちらは長期優良住宅の為多少オーバーな鉄筋を組みます。

P1040049.jpg

隅の部分や人通口の鉄筋の補強が出ます。

お施主さんもこまめに現場に来てくれて職人さんとよくしゃべっています。

となりのおじいさんも工事が進むのを楽しみに見てくれて、1番現場に詳しいです。

P1040062.jpg

建物手前は高低差が大きくコンクリート量が通常の4倍入ります。

計算外のことで頭が痛いところです。

しかししっかりとした基礎を打つのは当たり前のこと。来週頭に打設する工程で進みます。

この後給排水とガスのスリーブ配管をして準備完了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

山崎の保育所 ②  

鉄筋工事をし配筋検査をします。

P1040024.jpg

いつもの職人さんで問題はありません。

P1040029.jpg

ココで設備業者がスリーブ配管を入れていきます。

P1040033.jpg

今回は根太レス工法で建て方前に床の合板を這てしまいますので

その前に配管をしなければならず、思ったより工期に追われてしまいます。

P1040076.jpg

検査終了後土間部分のコンクリートを打ちました。

天候が不順なため生コン会社や圧送ポンプ業者が取りあいになっており

思ったより工程が押してきました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のおかぐら ⑧  

内部もだいぶ進みボードも張り終わりました。

P1040079.jpg

これから階段を作ります。

まず階段部分の押入れを解体します。

P1040081.jpg

これから原寸を書き進めます。

階段ってとても手間のかかるか所なんです。

P1040077.jpg

防火サイディングも張り終えました。

こげ茶とベージュのツートン。

P1040078.jpg

ココからコーキング作業に入ります。

この日は特別寒くコーキングもかたくて大変でした。

P1040083_20141204161517697.jpg

内部はクロスのパテしごきに入ります。

3度作業を繰り返し不陸をなくしていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブ  

寒くなり始めて10日ほど前から薪ストーブを使い始めました。

事務所は牧ケ谷と街中より少し寒い処なのでちょっと早いかな。

会社は100坪の自動車倉庫(鉄骨スレート造)のがらんとした建物で

その1/3を事務所として使っています。

30坪を大体賄えてしまう薪ストーブ。

エアコンやファンヒーターは補助的な使用でほぼ薪ストーブが主な熱源。

しかも材料は購入しないで家具屋さんの廃材や現場で出た木端。

時々プレカット工場で太目なものをもらってきます。

先週も子供が休みの日に会社で材木をカットしました。

子供たちはカットした木材を薪置き場に運ぶのを手伝ってくれます。

多分何にも面白くないと思いますがやってくれます。

P1040089.jpg

机から見るとこんな感じ。

ソファーもお施主様から頂いたカッシーナ。

子供たちはこれがお気に入り。

P1040090.jpg

右手のバケツは家具屋さんから出た木端。

これが焚き付けに最高。

いきなり太い薪からでは着火しませんよ。

これ1台で室内はほんのりとします。

ポカポカが好きなら派自分の足元にファンヒーターを置かなくてはダメですね。

冷房と同じで直接温風や冷風を浴びないと暖かいとは感じにくいのです。

温まりたいときは近くに行き、薪ストーブに背を向けてのんびり背中を温めます。

そうすれは体中ポカポカ。

P1040091.jpg

これが入口の扉です。

こんなのんびりとした事務所でお待ちしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー