FC2ブログ

casaニュース

瀬戸川桜祭りのぼんぼりの修理  

3月末の瀬戸川桜祭りのぼんぼりの基礎の取り換え工事を先週の金曜日に自衛団のみんなと行いました。

P1020811_20141025134727796.jpg

毎年春の恒例行事でこんな感じで取り付けますが

基礎が30本以上なくなっていたため、この時期に取り替えました。

P1030800.jpg

位置を出しておいてユンボで掘り起し、新しい鉄骨基礎を入れていきます。

このユンボを運転しているのは土木作業員でユンボは仕事先からのレンタル。

P1030802.jpg

基礎を据え付けるのは手作業。

P1030803.jpg

道路使用許可もとり分業で進めました。

私は交通整理で旗を振っており作業の全体確認をしておりました。

作業終了後みんなで一杯。

コレで春までには地盤が固まってOKでしょう。

日曜日もこんなで休みはありません。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ただいま長期優良住宅設計中にて  

友達の家を設計中でこの家は地域ブランド化住宅の申請物件で

家の内容は長期優良住宅仕様にすること等。

家の温熱環境を上げ、点検しやすくすることが家の仕様なのですが何とも合点がいかない。

これって断熱材メーカーの言いなりって感じで机上の計算だけって感じ。

天井に厚いグラスウールを敷くより屋根断熱や屋根下断熱したほうがうんと効くし

壁内通気って夏は家の熱や湿気を排出してくれてとてもいい。

今の基準は天井に高性能グラスウールの160ミリ、壁に105ミリ、そして基礎断熱。

多分普通の家の倍の厚さです。

今は基礎もベタ基礎にしており床下からの湿気は上がってきにくい。

床下換気口を開閉式にして冬を締めれば寒気が入ってこず壁の通気止めもいらないはず。

外張り断熱やウレタンの吹付や輻射熱材の使用もその厚みや価格から採用しにくい。

計算もあくまでも高性能グラスウールがやりやすくなっている。

まあ断熱材ですっぽり包んだ家は部屋内の小さな熱源で温まる。

でもね厚さは通気(空気の流れ)が効くんだよね。

今計算で苦労していて申請が遅れてきていますので急いでいます。

良い家にはなりますので待っててねナ〇〇ー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のリノヴェーション ⑮  

下地を作ったら床を張りクローゼットの枠を取り付けます。

P1030736_201410131527175f5.jpg

見切りをつけ壁のボードを張っていきます。

P1030768.jpg

何とか台風の接近中に内装を作っています。

P1030769.jpg

階段は元々狭いので柱をそのままに壁に直打ちでボードを張っていきます。

ココは繊維壁でボロボロとしていてお施主様がとても嫌っていたところ。

何とか台風の間に内部が進みそうです。

P1030738.jpg

こちらは同時進行で外壁を張っているところ。

ガルバリウム鋼板を張っていき、パールブラックできりっとしめています。

黒ではなくパールブラックです。

変なこだわりですけど・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のリノヴェーション ⑭  

追加もあり工事は遅れていますが進めていきます。

P1030720.jpg

2階の室内工事に入りました。

床下地にパッキンを入れて調整しているの分かりますか?。

P1030735.jpg

柱も3次元に傾いており、この様に調整しました。

ちなみに左側の柱は傾きが大きすぎ入れ替えました。

この様な調整に時間がかかり遅れていくのです。

P1030728.jpg

また梁も引き抜け帽子がなく後付けの金物を取り付けていきます。

すべて想定外の工事です。

P1030734.jpg

下地を直したら天井・壁下地を作りまずボードを張っていきます。

P1030737.jpg

壁も既存の柱の上に胴縁を通し下地を作ります。

仕事のやりやすさだけでなく、ここを電気配線も通しますので有効なスペースなのです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のリノヴェーション ⑬棟換気  

リフォームで屋根を外張り断熱+外側換気を付けた例です。

P1030297_20141013150859ebc.jpg

今回は既存の桟葺金属屋根の上にポリスチレンという板状の発泡スチロールのようなものを敷きます。

桟の高さとポリスチレンの厚さの差は10ミリ。

ココを空気層として野路合板を張っていきます。

P1030298_20141013151124c23.jpg

この写真微妙ですがココを軒先から入った空気が棟に上っていきます。

P1030732.jpg

防水シートを敷き屋根材を張り棟換気を取り付けます。

P1030731.jpg

簡単な構造ですが熱は天井に直接伝わるのが少なく空気と一緒に排出されます。

熱は外で処理するのが効率がいいです。

通常の屋根は屋根面では断熱・遮熱せず天井裏でグラスウールを入れ室内と断熱します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

タイフーンな1日は  

この台風の大雨はすごかったですね。

朝1番でこの雨では仕事ができないと大工さんと打ち合わせをして

現場へ直行。

天井面を撤去してある状態の現場は雨漏りの確認に最適。

P1030693_20141006201546430.jpg

雨漏りは大丈夫。

お施主様に今日は現場がない事を伝えて、自衛団員としてのパトロール。

水路や川や調整池がもうあふれる寸前。

雨水が排水溝からあふれて道路面に10センチほど水が浮いているところもあり。

自治会長に現状報告をしてから会社へ。


9時半ころには晴れてきて『なんだ現場ができるじゃん』って感じに。

今日雨が降り続くと思っていたので、まちづくりセンターに相談に行こうと決めていましたので

午前中に長期優良住宅や認可保育所とおかぐら(2階増築)の最終相談に伺う。

今日は台風でみんなも出たくなかったのか思った通りすいていました。

すべての物件の問題をクリアーにして帰社。

ただいま本当に設計が重なっていて作図する妻もアップアップの状態。

どこまでやっても終わりがなく、今日はここまでと自分で仕事の終わりを決めています。

うちの物件はすべてが決まった型でなく自由設計で用途も違う。

これって楽しいのですが、とても手間暇がかかります。

そう言いながら今8時半。

気分転換にブログを書いています。

相当頭の中が煮詰まっています。

人生を楽しみたいが、これっていう没頭する趣味がない50歳。

まあ仲間と飲むくらいかなと言いつつ土曜日は飲みましたねー。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のリノヴェーション ⑫  

2階の解体が終わり出入り口を取り付けます。

P1030717.jpg

外部も構造用合板を張り、屋根下地も作りました。

内部も金物を取り付け外回りの大工工事は終わります。

P1030699.jpg

台風が来そうですので今日雨仕舞ができれば少しは安心できます。

ちなみにこちらの屋根にも既存の屋根の上に外断熱で断熱材を入れています。

P1030719.jpg

分かりますか?。

見えないところも手を入れた長期優良住宅リフォームです。

1個1個写真を撮って補助金の申請に対応していきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

藤枝のリノヴェーション ⑪  

LDKのクロス工事です。

P1030673.jpg

いつものようにパテ塗り・しごきを行います。

P1030676_20141002103616163.jpg

クロスが貼れたら床の養生をめくって、クリーニングをしてこの部屋が使えるようにします。

P1030697.jpg

住みながらのリフォームってこのように次の部屋の荷物を移動するため

出来てすぐこのような状態になります。

清掃は子供たちが手伝ってくれました。

P1030685_201410021038476f0.jpg

そのまま荷物を移した2階の解体に入ります。

こちらも金物がなく、柱も傾いていますね。

P1030693.jpg

1階で地盤沈下していたか所が柱ごと下がっていますのでそこの水平と出入り口の高さに揃えます。

工事も第3コーナーを回ってきました。

ラストスパートに入ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー