FC2ブログ

casaニュース

小鹿の家リフォーム ⑤  

さあ完成しました。

お施主様が和風を希望されており、床材と建具のみで演出しました。

P1030014.jpg

この内装がこうなりました。

P1000581.jpg

間仕切りの建具を取り壁天井はそのまま。

P1000584.jpg

しっくりときますね。

P1030239.jpg

キッチンもこの通りに。

そして玄関の引き戸は杉の無垢板で作成。

P1000586.jpg

今回は木材利用ポイントという補助金を使っています。

この補助事業は今年の9月まであります。

どうです子の檜の床材はとても気持ちがいいですよ。

湿気対策・床暖熱対策をしたこのお宅は3月でも寒かった床が冬でも寝転がることができる

快適な室内に変身しました。

どうぞリフォームをするときはしっかりと確認してから考えてくださいね。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小鹿の家リフォーム ④  

仕上げの檜のフローリング張に入ります。

P1030229.jpg

まず基準線を決めココから張っていきます。

P1030237.jpg

玄関も張っていきイメージがグッと変わりました。

床が張り終わったら今度はキッチンの設置。

P1030232_20140724204410424.jpg

水平を出したら天井が悪かったのでその調整もしていきます。

そしてクロスを貼っていきます。

P1030235.jpg

そしてクリーニングして工事は完了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小鹿の家リフォーム ③  

床下地をを作成したら元々あった堀炬燵の開口工事に入ります。

P1030224_20140724203250898.jpg

元々敷いてあった炭を工事中乾かしておき土間コンクリートが打ってあったこの箇所に施設。

防臭効果もありますのでないよりはいいと思います。

P1030227.jpg

ここまで来たらココから床下換気扇と床下除湿器の工事に入ります。

床下換気扇は元々予定に入れており、床下をめくった時給気口があるか確認して

換気口を規定の寸法にして設置。

P1030212.jpg

既存の床下換気口をサイズアップ。

P1030238.jpg

電気で一定時間換気する機器です。

これはよく使っています。

そして今回お施主様がご用意された床下除湿器。

P1030226_20140724203856218.jpg

設置・排水・電源を弊社で行う。

これ1台で賄う機器です。

始動時間をずらして換気と除湿を行います。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小鹿の家のリフォーム ②  

床を撤去しまずキッチンの設備配管工事に入ります。

P1030188_20140724202115d48.jpg

ココから家全体にシロアリ消毒工事に入ります。

P1030192_20140724202223140.jpg

業者さんはこんな狭い中を這って進み消毒していきます。

P1030194.jpg

見えるところに出てきたところです。

とても大変な作業をしてくれます。

本当に泥だらけの作業です。

P1030208.jpg

最初は既存の土台の上の工事の予定でしたが、レベルをそろえるために大引きを入れ替えました。

この大引きは防腐土台を使用してシロアリ対策をばっちり。

P1030210_20140724202619b0c.jpg

大引きを入れ直しレベルを揃えたらそこに床下断熱材を入れ込みます。

このスタイロフォームという断熱材は施工にコツがあり床と空間を設けては断熱性能が下がるのです。

きっちりと入れたら今度は24ミリの構造用合板を張り巡らせます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小鹿の家リフォーム ①  

業者さんに紹介されたお宅のリフォームです。

2月に中古住宅を購入され、その時に多少のリフォームをされていますが

何かピンとこないところがあったのでうちに相談がありました。

まず最初お伺いされたときに床下点検口からパッと見て蟻道が見え

シロアリ業者さんに潜ってもらったら、何カ所もシロアリ被害があり

構造も変えたほうがいいという個所も出てきましたのでまずはキッチンと洗面をリフォームすることに。

P1030014.jpg

P1030016.jpg

さあこのお宅がどう変わりますか?。


P1030182.jpg

まずは床・キッチンを解体していきます。

この段階で床下の湿気が気になり、断熱の無さにもお施主さんと相談。

P1030191_201407242017250d1.jpg

床下全体の湿気と床レベルの悪さとこの際しっかりとしておきたいというお施主様のご要望で

3月にリフォームした床も撤去しました。

その業者さんはシロアリの薬も巻いておいたという事でしたが・・・・認識が甘すぎる。

施工箇所を決めて予定通り工事は進めます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

地域型住宅ブランド化事業  

先日UPした優良住宅化リフォーム事業と新築の地域型住宅ブランド化事業の

申請の説明を聞いてきました。

両方とも説明会は受け受けましたがいざ申請となるとなかなかわからない状態。

申請もとても書類や確認事項が多く正直面倒くさいという感覚になります。

弊社が参加している富士山木造住宅協会がせっかく採用枠を獲得した事業で

基準をクリアーする物件を抱えていますのでもちろん応募します。

こちらの新築の事業は長期優良化住宅+富士山木造住宅協会の使用をクリアーして受けられる

ハードルが高い基準の住宅です。

今年で終了するこの事業は、申請も大変ですが100万円の補助金が出ます。

100万円の値引きは出来ませんが申請をして補助金をいただく作業は出来ます

・・・というか喜んでやります。

この補助金はハードルが高いのとやはり申請が大変ということで枠を使い切っていません。

今年は協会で50棟という数でまだ大丈夫との事。

リフォームは基準が厳しく且つ初めての事業なのでまだ質問も初めてのことだそうです。

こちらは20棟の枠。(80万円)

ここ数日はこれらの申請書作成に奮闘します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

長期優良住宅化リフォームの手続きへ  

国土交通省の住宅リフォームの補助金でこういう事業がスタートします。

この補助金があるのをキャッチし加盟している富士山木造住宅協会の講習会や登録をしていて

今回のリフォームにどのようにあてはめられるか確認して予備登記しました。

そうはいっても枠が少なくとれるかどうか確認できませんが前期の申し込みの方が確率は高そう。

内容はリフォーム工事で劣化対策・耐震性・省エネ性維持管理を高めて

今の基準に建物を持っていく物件が対象です。

特に省エネがハードルが高くすぐには飛びつきそうもないと思いますが

大型リフォームをするところにはとても助かるモノです。

この補助金は80万円あり、コレと県の省エネリフォームと耐震リフォームと

内装で使える木材利用ポイントを合わせるとビックリする補助が得られます。

これとは別の通産省の補助金は建て替えと変わらない工事を求めますので

リフォームでの現実的ではココがMAXかな。

いつも忙しくてもいろいろな補助金の講習会には参加し、少しでもお施主様のお役に立てれればと・・

なんて言っていますが、本当に知らなかったではお施主様が可愛そうです。

我々地域に密着している工務店の為の補助事業(お前らコレで頑張れよと国に言われている)

ですのでこれをどう生かすかが私たちが生き残っていく1つのチャンスです。

良い家を作っていればなんてことないと言われる方もいますが

いいものを適正価格で、いやお値打ち価格になるようにしていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

温熱環境リフォーム ④  

 さあ完成はこうなりました。

P1020993_201407071837429fb.jpg

この部屋が

P1030125_20140707185845190.jpg

こうなりました。

カーテンはレールのみの交換で変えておりません。

P1020995_201407071859261b6.jpg

この向きは

P1030136_20140707185954530.jpg

こんな感じに。

P1030137_20140707190041939.jpg

階段も淡いグレーで照明も変え明るくなりました。

これで初夏のリフォームはギリギリセーフ。

夏本番までに寝室のリフォームを終え今年は快適に眠れそうです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

温熱環境リフォーム ③  

これから内装に入ります。

P1030051.jpg

クロス下地のパテ埋めをしています。

P1030043_20140707185314765.jpg

同時進行でバルコニーの塗装も行いました。

P1030079_20140707185439675.jpg

仕上げはアッシュグレーというおしゃれな色合い。

P1030061.jpg

クロスは珪藻土クロスを貼り調湿機能を持たせました。

P1030080.jpg

最後にガラスをペアガラスの交換する作業をして畳を入れて終了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

温熱環境リフォーム ②  

天井が終わったら壁に入ります。

和室の真壁って柱より3センチほど壁が引っ込んでいますよね。

その厚みを利用してスタイロフォームを貼っていきます。

P1030030_201407071845502bf.jpg

この板状の断熱材を張った上に15ミリの木材をまた打っていきます。

P1030035_20140707184654379.jpg

そうしてボードを張っていきます。

断熱材の上のこの15ミリの空間は貴重な断熱層です。

そうです空気ってとても断熱力があるのです。

そして外気を通じる壁にも直接触れないのでとてもいい環境になります。

P1030036_20140707184913785.jpg

そして押入れの工事に入ります。

今回は押入れ戸から天井までのクローゼット3本引き戸にします。

P1030038_2014070718502619c.jpg

そして階段廊下もボロボロ落ちる聚楽壁の上に合板を張りクロスを貼る準備をします。

こうして大工さんの工事までが終了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

温熱環境リフォーム ①  

ここ数年で続けてリフォームさせていただいたお宅の最後のリフォームです。

1部屋だけ残していましたが他の部屋が綺麗になるとどうしても・・・やりたくなるのです。

元々は普通の和室です。

P1020993_201407071837429fb.jpg

ココからスタートします。

P1030022_201407071838239ff.jpg

まずは床・天井を撤去します。

ここまでとると次はやりやすいですね。

P1030026_20140707183945ce0.jpg

天井裏に温度センサー付き換気扇を取り付けます。

天井裏の温度が32度になったら運転するようにセットします。

コレで夏は50度を超える天井裏の温度も暑い空気と湿気を排出しますので

大分天井の負荷が減ります。

P1030028.jpg

そして天井下地を入れ高性能断熱材を敷き詰めます。

コレで屋根面からくる熱はかなり防げます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

茅の輪くぐり  

 先週近所の神社に家内安全の茅の輪くぐりに行ってきました。

夜のお施主様との打ち合わせが終わり8時過ぎからの参拝。

P1030140_2014070517073927f.jpg

まだ小学2年生の3女はともかく中2の長女もついてくるとはまだまだ子供。

P1030143.jpg

直したいところがたくさんある子供たちも私たちもたくさん神様にお願いをしてきました。

これから始まる初夏の風物詩です。

実家に戻って子供が生まれてから毎年続く行事です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー