FC2ブログ

casaニュース

フラット屋根の太陽光発電工事 ②  

 基礎が終わったら養生期間を得てパネル設置に入ります。

P1020623.jpg

専用の鋼管を据え付けボルトで固定。

45キロの基礎をアンカーで床のコンクリート面に固定し、3つで連結して台風力をアップ。

なぜかこの専用鋼管が隙間が小さく工具が入らず手でちまちまと固定するのが変でした。

P1020624.jpg

ようやくパネルが綺麗に設置できました。

作業は何でもこのように仕上げる工事より、防水や基礎のような単純な作業の方が大変で時間もかかります。

パネルの周りもゆとりはありませんですので下をのぞくと足がすくみます。

P1020630.jpg

電気配線は室内を通すので天井裏を使い這わせます。

人が入るスペースはないので照明器具を外し手で送ったり掴んだりしながら進めます。

ようやく形が見えてきましたが最終の工事は3月末になりそうです。

なんでもそうですが、事前の調査・下地の状況を確認し

これを設置したら20年は下地の補修ができないと思い提案することが必要になります。

さあもう少しで他の工事も完了です。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

フラット屋根の太陽光発電工事 ①  

 住宅や工場って勾配屋根に専用金具で付けていきます。

今回はフラットな陸屋根。

一番怖いのは風による吹き上げ力と階下への雨漏り。

しっかりと固定するために、コンクリート基礎を設置することに。

P1020587.jpg

まず固定用のステンレスアンカーボルトと設置用の鉄筋をケミカルアンカーで固定。

P1020598.jpg

防水面に穴をあけて設置しますので1つ1つコーキングを打ちます。

P1020599.jpg

2個設置して真ん中は勾配を見て固定。

ただコンクリートの上に置くのではなく、楔で角度を決め無収縮モルタルで底部を固定します。

P1020601_20140227143046004.jpg

そうこんな感じですね。

これを繰り返します。

P1020611_2014022714314224f.jpg

そして固定が終わったら中にモルタルを詰めていき、基礎工事が完了です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

屋上防水工事  

 この建物の屋上も太陽光発電を設置しますので、その前に防水工事をしました。

建物は2棟に分かれており、構造も防水も違います。

まずこちらは防水シートの上に10センチのコンクリートが打ってありますので

その上にシート+セメント樹脂系の防水材を何層も塗り込んでいきます。

P1020491.jpg

ビックリするくらい手間がかかる作業です。

P1020492.jpg

この白いのがネット上になっている繊維です。

塗り壁と同じで伸縮性を持たせるためのものでこれを6層続けます。

そして最後に仕上げのトップコートを塗ります。


こちらはシート防水の露出仕上げ。

P1020494.jpg

既存の膨れを処置しその上からシート防水を重ね貼りしていきます。

屋上って風があり地上とは全く違います。

夜露や少しの雨が朝の作業時にはまだ凍っています。

P1020571_20140227131507d82.jpg

こちらも仕上げをして防水工事完成。

さあこれから太陽光発電工事の2期工事が始まります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

静岡ビジネスレポートに掲載されました  

P1020635_20140224133125f5e.jpg

 お付き合いしているフラワーアレンジメントの先生からご紹介されたこの雑誌に掲載されました。

主に金融機関の待合や店舗に置いてある雑誌で、

会社紹介や企業向け・産業向けの記事を掲載しているものです。

インタビューをさっさと受け、今月末に乗るんだと思っていたら今日届きました。

P1020636_20140224133512e4f.jpg

9ページと前目の記事で、こんな小さなスタジオが載ってもいいのと思いながら

個性があれば記事になるという言葉で取材を受けました。

今度は会社の外観をバックに写真を撮ると言われていますので、こんな会社なんだと

どこかでお会いするかもしれませんね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

本当に品物がありませんね  

昨日西友に買い物に行ったら、本当に何もありませんでしたね。

雪の為品物が入らないとの張り紙。

全国からモノを仕入れる会社は悪天候や高速道路の事故1つで流通が止まります。

その前に農協のまんさい館に行ったらなんてことないいつもの品揃え。

地元の農家のものなので季節のものをそのまま販売。

TVでネギがないなんてこともなく、たくさん並んでいましたね。

生産農家の方が通常品だけでなく、試作品やこれどうかなと思うチャレンジ野菜を並べてると言っていました。

静岡は野菜・果物・魚・肉とも豊富なので地産地消が楽にできますね。


 雪で品物が入らないというと食料品だけではありません。

建築材料も同じです。

今はもともと品不足ということもあり、木材や合板が東北方面から来ますので

この雪は打撃です。

今回は今週に入荷予定していませんでしたので問題なく現場が進んでいますが

今の問屋さんはストックしてないでギリギリ流通能率を考えてモノを発注しますのでこれが困ります。

2月に入って週間天気予報を見て危なければ早めに倉庫に現物を入れておき自分で搬入する

事をしていますので、体は大変ですが安全を優先しています。

今、職人さんが足りていない時期なのに準備不足で施工できないなんて言えません。

工事の時期的な状況を常に連絡撮りあい、今できるのか1月待つのかを判断し

お施主様と相談していってます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

クロスのしわ  

よく弊社のブログの検索キーワードで引っ掛かっている言葉です。

昨日も1年前にリフォームさせていただいたお施主様からも連絡があり行ってきました。

現象としては下地のボードの動きによりボードのジョイント部のパテが浮いてしまい

うっすらと盛り上がりしわのように浮き出てしまうことです。

対策としては下地のボードを止めるビス間隔を狭くする、

2階の荷重がかかる場所は振動が伝わるので避けるなどがあります。

ビス間隔については以前は30センチ間隔だったのを意識して15センチ間隔として

ジョイント部には裏板を当てることをしています。

そこを気にしていない大工職が多いので必ずチェックします。

裏板も必ずあてがいできるだけのことをして備えます。

でもしわが出ることもあります。

今回はリフォームの現場で、元の構造からある1部に力が集中したらしくしわが出てしまいました。

正直に梁のたれ具合(数ミリ)があり、また振動でそこのジョイントのパテが動きました。

他の箇所には全く影響がなくそこだけです。

こうなっては対処の仕方がないのが現状です。

クロスを剥がしビスをこまめに打ってもまた出るかもしれないし、

下地を作り直しても同じかもしれません。

またいろいろな下地をしっかり固定するために木の伸びちじみに合わせてパシッと音が鳴るときもあります。

欠陥ではないのでそういう現象があることを説明していますが、言い訳っぽく聞こえますね。

下地材もこういうことが起きにくい乾燥材を使っていますがたまに起きてしまいます。

 弊社の事務所も鉄骨が夏と冬に伸びちじみして、力が抜けるか所で隙間が出ます。

お施主様の立場としては困るので何とか補修していきます。

なんかそれしか言えないのが現状です。

決して施工ミスでも手を抜いたでもないのです。

後はお施主様との関係を密にして、このようなことを気軽に行ってもらえる関係を築くことです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

配管洗浄工事  

 今週なぜか多かった排水管の洗浄工事。

来週も予定に入っています。

内容はぞれぞれで、トイレの詰り(紙の流し過ぎ)・雨水管に土が入って詰まった・

台所の排水桝が詰まってあふれているとそれぞれ。

P1020577.jpg

まずは蓋を開けてチェックします。

P1020583.jpg

柄杓で桝の中の油の塊や石鹸かすを掻きだし、洗浄ホースで配管をキレイにしていきます。

P1020584.jpg

こんな細い自在ホースを入れてズコズコと高圧水で洗浄していきます。

外側が終わったら今度は中から行います。

P1020585.jpg

洗面からのバキュームで浴室と洗面の流れを確認しました。

こんな家の健康診断のようなこともしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

産業用太陽光発電  

 10KW 以上の発電は20年の発電買取固定により確実に利益が見込める事業です。

メーカーと話をしていても、住宅用は補助金が終わり売電価格も下がるため売り上げの大幅減は確実で

産業用が生き延びていく分野とか。

今回はある会社の太陽光発電工事です。

先週の日曜日の雨の中レッカーで屋上に荷揚げしました。

P1020572_2014020516235993e.jpg

日曜日しか荷揚げする場所を確保できずに太陽光パネルや基礎コンクリートを荷揚げ。

とても寒く汗と雨で体はグショグショになりながら何とか午前中に作業終了。

P1020573.jpg

屋上は風もあり荷物も飛ばされないようにしっかり固定。

この日静岡は暖かいという予報でしたが、もう手の感覚もなし。

手上げもありましたので火曜日まで筋肉痛が残る。

P1020579.jpg

そして今日設置工事。

屋根に合った掴み金物を用意し墨を出し固定。

P1020580.jpg

今回は位置を出せたら固定方法が単純なので施工人を増やし一気に取り付け。

P1020582.jpg

屋上機械の日陰を考慮して設置位置を決めて取り付け完成。

こんな環境工事もやっています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

静岡県住宅リフォーム補助金の申請  

 先日弊社の塗り壁をやってくれる業者さんから補助金のことで連絡がありました。

静岡県住宅リフォームの補助金で、高齢者型・子育て型・県産材リフォームの3つがあります。

高齢者型(65歳以上)は昨秋にすぐに予算が終わり、子育て型ももうすぐ締め切られます。

今回は子育て型。

すぐにお施主様に書類を用意してもらい、記入して送付。

多分間に合ったと思います。

最高15万円の補助金ですがいただければ大きな金額です。

今回は申請のみという作業ですが、こういうのを知っているのと違うのでは大きな違いです。

今回も塗り壁業者がすぐに連絡くれたので使えそうです。

弊社も来年この制度があれば耐震補強と高齢者型を合わせて55万円くらいを申請を予定しています。

その他申請を受けるための研修を受けたり、セミナーに参加したりしていますので

いろいろご相談ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

洗面・トイレの改装 ③  

 引き戸って間口が75センチくらいでこれだと将来車いすは使えません。

P1020319.jpg

段差があったり開口幅の拡大はこんなドアで解消します。

P1020569.jpg

ちょっと特殊な2枚引き戸で間口は95センチくらいになり、段差もなくなります。

P1020568.jpg

これだけ開口幅が広がると車いすも入れます。

中に入ってしまえば広いスペースですのでどうにでも使えます。

取っ手も大きいものを使用し、レールは上吊りなので重さは全くありません。

指1本で開閉できます。

 その他ガスレンジを交換したり

P1020520.jpg

窓ガラスをペアガラスにしたりしました。

P1020404.jpg

これはサッシはそのまま使いガラスのみの交換。

日が当たる部屋なので暖房を付けないで今日の室温20℃なり。

とても快適なリフォームでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

洗面・トイレの改装 ②  

 さあその他にもいろいろな要望がありました。

まずは寒さ対策と室内物干しと扉が重くて開かない。

寒さ対策は解体したら断熱材は入っていましたので、ヒーターと断熱窓を採用。

P1020564.jpg

浴室にはハロゲンヒーターを使った暖房。

風が体に当たらない遠赤外線式なので入浴や体を洗うときに便利です。

窓にも2重サッシを付けました。

P1020562.jpg

洗面所にもルーバー窓の内側に2重サッシを設置。

上部外倒し・下部ルーバーの複合サッシでしたが内部も上下に分けて作成すればOK。

P1020565.jpg

照明の奥にある暖房換気扇に注目。

これは暖房・衣類乾燥・換気・外気吸気できるものです。

入浴前に15分温めておけば脱衣室はポカポカ。

ガラスからの熱の損失も少なくなりましたので快適です。

右上のもの干しは収納式。

使うときは下に下げ(手動式)P1020563.jpg

洗濯物をかけてまた上にあげます。

こうすると通路が邪魔になりませんね。

すぐに乾かしたいときや雨時等はココで衣類乾燥機を使うと乾燥室になります。

空間って平面だけでなく上部も使う考えが大切ですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

洗面・トイレの改装 ①  

 介護保険住宅改修を含んだ改装工事です。

お施主様と話し合って、使う家族にとってのより使い勝手の良い提案をしていきます。

今回はトイレが狭く介護がしにくいのと、どうしても汚してしまうのでその清掃を考えて

となりの洗面所と繋げて広々と使おうということに。

そしてとても重い引き戸を指1本で軽く開閉できて間口も広くなるうえ吊り戸に変更。

そしてすぐに介護保険課や市社協の住宅改修と相談。

この工事以前はOKだったが今は間仕切りの変更は認められないとの事。

段差を解消したり手すりを付けるのだけ認められる感じ。

いろいろ話し合った結果何とか18万円の補助金を確認。

P1020340.jpg

よくあるトイレですね。

うち開き戸は内部で倒れたら開けられないし、介助しながらの使用は難しい。

P1020353.jpg

となりの洗面所も普通のつくり。

プライバシー重視から高齢者同士の生活になった時はこんなプランはいかが?。

P1020560_20140201114118948.jpg

洗面・洗濯の配置を変え脱衣スペースも広くなり、お父さんの脱衣も簡単になりました。

P1020554.jpg

便器に手すり付のものも採用し壁の手すりとともに活躍。

高齢になるとすぐに排便できないので(15から20分かかります)体の固定もできる

この肘掛手すりは使いやすい。

大まかにはこうするプランで、その他にもいろいろあります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー