FC2ブログ

casaニュース

年度内工事が大変に  

 消費税の駆け込みが出てどの業界も大変だと思います。

この建築業界(なんかいやな響きですが)も大変なことになっています。

元々職人さんが少なくなってきたうえに3月までの一気の完工ですので大変さが分かり切っています。

建築工事のように長く時間がかかるモノにとって消費税は厄介なものです。

引き渡しが4月1日になったところで、さかのぼって工事費すべてに8%の消費税になります。

先日の消費税の研修でもこの引渡しのことが問題になり

3月は特に天候不順や検査物件が多くて完了検査が受けられなくなったり

職人不足や品切れによる工期の延期がもう予想されています。

特例はなくどんな理由であっても4月1になれば8%なのです。

特に住宅新築などは減税処置や住まいの給付金などがあり8%になっても大きな影響はないはずですが

消費税アップを煽りに煽った会社たちのせいで、職人確保が大変になりました。

本当は必要な時期に必要な方がやれば何とか済むのにね。


営業マンに煽られて飛びつき契約し、工事を進められている方はいろいろ気を付けてみてください。

職人さんたちは決して手を抜いているのではないと思いますがあまりにも工期に追われて

振り返る時間がないのです。

今弊社でも無理して年内の工事は入れずに年明けにしっかりと工期を取って組んでいます。

元々3月は建築会社の決算や民間企業の決算で、工事を急がせたり修繕工事が多いのです。

弊社でも毎年3月にまとめてやらせていただく修繕工事も、今年は1月から割り振っていきます。

太陽光発電もまとめた受注があり2月の物件をもう抑えに入りました。

4月になればみんな物件は減るとみています。

無理をした3月完工にこだわらない方が品質が保てると思います。

こんな悠長なこと言ってては商売っ気が足りないと言われますね。

でもこれは自社物件だけの問題ではないのでよく相談してください。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー