FC2ブログ

casaニュース

実際の工事は・・こんなのが要望が多いです  

 エネルギーから見た家づくりで少し数値を出して書きましたが

実際今年の暑さに応えて秋からの工事ではこのような工事が多いです。


 ① 目隠し可動ルーバー

大体浴室などの取り付けますが、西日対策に1番有効なものですので採用します。

P1010571_20130831141843a1b.jpg

このように外側に取り付けたアルミ製の可動ルーバーです。

角度を調整すると窓を開けていても外からのぞかれず、西日も室内に入れずカットできます。

目いっぱい陽を入れたいときはルーバーを水平にします。

そしてルーバーを立てると雨戸になります。

P1010572_2013083114224467e.jpg


 ② 天井裏換気扇

天井裏は今年は60度くらいになっているのではないのでしょうか?。

怖くていけませんが。

天井裏の高いところに温度センサーを付けて換気扇を取り付けます。

それをダクトで外に排出します。

141_20130831142527f9a.jpg

これは付けられた方しかわかりませんが、家の温度が一気に下がる感じがします。

温度計で計っていないのであいまいな表現ですが、ビフォーアフターを体感するのが1番です。

天井裏に熱がたまるのはそれだけ暑いのです。

そうです、グラスウール断熱材=厚い布団で真夏は過ごせませんもんね。


 ③ 遮熱塗料ガイナを屋根に塗る

日射熱を避けるのは外部が1番。

直接日が当たる屋根は表面温度が80度を超えます。

そういう時遮熱塗料ガイナを塗ると触れます。

オートバイのマフラーに塗るとマフラーを触れるのです。

ココで日射熱を止めて天井裏の換気扇をつけるととても有効です。

今秋もこのセットを組みます。

遮熱塗料っていろいろあり塗装屋さんにも聞きますが、このガイナが1番の遮熱性能がある感じです。

実際いろいろな遮熱塗料を塗って手で触っている職人さんの意見です。


 ④ペアガラスに交換

そしてペアガラスに交換が体感してわかる工事ですね。

サッシはそのままガラスのみの交換。

それで夏・冬のエアコン効果が全く違います。

いっぺんに全部をしなくてもまずはよく使う部屋とお風呂から始めてみてはいかが。

今秋のリフォームではすべての工事でこれをします。


 ⑤室内断熱工事

和室から洋室にするときやフルリフォームするときに行います。

P1000782_2013083114404484b.jpg

このように発泡スチレンの断熱材やアルミの遮熱フィルムを貼ります。

壁って冷えると背中から熱を吸われるように感じとても冷えた感じがします。

温度計で図るより冷え感が強いです。

コンクリート打ち放しの内装の建物の冬場って最悪の熱環境ですよね。

壁や足元から冷えが来て体中の熱を奪っていきます。

これを止めるには断熱材を貼るか先ほどの遮熱塗料ガイナを塗るくらいしか無いかな。


 ⑥ そして換気扇や窓の取り付け

とても単純ですがこの依頼が多いのです。

換気扇は吸排型のもが多く、熱だけでなく家の匂いも少なくなります。

窓が足りないってお宅も多いですね。

玄関にないと靴の匂いで家に入ったら一番に臭いのがその家の印象です。

P1000212_20130831144937c41.jpg

このお宅ははめ殺し窓からルーバー窓にして換気を取り入れました。

P1000225_2013083114504857e.jpg

ココから入った風が階段を上り2階の廊下から抜けていきます。


まとめて書きましたがこんな要望が多かったこの夏の打ち合わせ。

この工事はみんな秋の行いますのでまたブログにUPします。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー