FC2ブログ

casaニュース

いきなりの海へ  

4/30日は仕事に行きましたが急遽施工を後日にすることになり

前から『蕗が出ましたよー』とご連絡いただいておりましたOB施主様のお宅に訪問。

ついでに海へ行くことにして、お弁当を買って出発。

毎年GWが我が家の海開き。

とても冷たくて十分遊んだあと寒がる娘たち。

帰りがてら堤防のところに行くとワカメがありかじったらいけそう。

さっそく娘たちがワカメ取りに励みました。

130429_1411~02

せっかく着替えたのにびしょびしょ。

もう一度水着に着替えると張り切っていましたがここら辺で終わり。

130429_1411~01

うちはこんな自然児の暮らし方が一番ぴったりときます。

さあ今度は蕗をいただきに行きました。

お施主様に挨拶をしてさあ開始。

130429_1455~02

裏庭一面の蕗。

家族だけでは食べられない量。

ありがたくいただきました。

130429_1455~01

子供たちは刈った蕗を葉っぱと茎を分ける仕事。

こうやって自然との触れ合いを大切にしていきますのが我が家流。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

花粉が終わりだして・・・今年はいかがでしたか  

うちのお施主様もたくさんの花粉症患者の方がいます。

室内干しか乾燥機で対処されています。

 で も ね ・・・いい方法があります。

サンルームのようにしちゃうんです。

なんだと思われているかもしれませんが、かっこよくカーサテイストを入れていきます。

来年のシーズン前には何現場か施工例を出せると思います。

お金をかけないで落ち着く大人の空間にして花粉シーズン以外も活躍できる空間です。

楽しみにしてください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

目隠し可動ルーバー  

 こちらは浴室の窓に目隠し可動ルーバーを付けたところです。

P1010571.jpg

コレで浴室内から角度を調整し目線を気にせずに入浴できます。

浴室や脱衣室だけでなく西側の窓や視線が気になる場所に設置するのが有効です。

P1010572.jpg

これは片側だけ閉めたところです。

こうすると完全な雨戸ですね。

実に有効な性能を持っていますので私はよく使います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

受付カウンター  

1月から工事をしていましたお茶屋さんの受付カウンターを取り換えました。

P1010459_20130423100019.jpg

もともとは事務所によくある文具メーカーのカウンター。

これって意外と高いモノなのねー。

作り・色合いを今回の工事のイメージのこげ茶にしました。

P1010556.jpg

まず家具で天板と下地を作ります。

ココからタイル張。

P1010564.jpg

ボーダータイルを貼りました。

P1010563.jpg

玄関がどっしりと落ち着きましたね。

天板は傷や指紋が付きにくいメラミンカウンターとし周りを装飾。

P1010565.jpg

横ラインって空間が締まっていいですよ。

お茶のシーズンが始まっての工事でご迷惑おかけしました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

事務所の勝手口扉  

勝手口扉はもともとあったアルミ製のものを使っていましたが

とうとう壊れてきましたので木製扉に交換。

P1010552.jpg

取り付け後防水塗料を塗ります。

P1010566_20130423095355.jpg

完成後の正面です。

白とこげ茶の2色使いです。

P1010567.jpg


こんな玄関ドアはいかがですか。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浴室・洗面改装3  

工事もほぼ終わりました。

基本の色使いは暗めとしてまとめました。

P1000928_20130423093723.jpg

このお風呂が

P1010561.jpg

こうなりました。床・壁・天井・浴槽に断熱材を入れ

シックな色調と暖房・TV・ブローバスとグレードを上げてます。


洗面所は

P1000930_20130423094152.jpg

壁いっぱいにあったものを向きを変えコンパクトに。

P1010557.jpg

このクロスは消臭機能付きのもの。

とてもシックです。

とても広々とした洗面脱衣です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浴室工事2  

解体終了後給排水工事をして土間コンクリートを打ちます。

P1010536.jpg

UBやお湯で1tの重さになります。

そしてUBの施工に入ります。

P1010537.jpg

床を設置していきます。

P1010539.jpg

フレームを組み浴槽を設置します。

この時窓枠の周りが腐敗して無くなってしまっていましたので補強を入れます。

P1010546.jpg

壁や天井を取り付けていきます。

この後設備配管や配線をしていきます。

やっと形が付いてきました。

ここまでできたら洗面側の木工事に入ります。

P1010547.jpg

壁や天井を仕上げます。

コレで明日からクロス工事に入ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浴室洗面の改装1  

今週から浴室洗面のかいそうがはじまりました。

P1000928.jpg

これが現況です。

寒くてカビが生えているのが問題だったのです。

P1010519.jpg

解体開始。

廃材は全て分別しますのでまずはタイルから。

P1010522.jpg

壁床のタイルを斫っていきます。

ココから土の搬出を行い手運びでダンプ1台に満車の量です。

P1010533.jpg

こちらは洗面所の解体です。

木材やタイルで2㎥のボックスが2台いっぱいに出ます。

P1010534.jpg

最後にスコップで土を搬出して馴らして解体は終了。

3人で丸1日かかります。

コレで家の中を搬出するということになれば1日では終わりません。

まずは解体工事はこんな感じです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

本当に景気が上がっているのか  

あまり消費税前だからといった駆け込みの熱が冷めている住宅業界らしい。

3%の消費税アップより電気料金・輸送料金・輸入材料のアップにより

合板・フローリング・木材・仕上げ材のアップがとても大きいです。

その他上がる材料はあっても(仕事量の込み方で施工単価の相場も上がっていく)

下がる材料はないですね。

金額だけで家を新築したりリフォームするのを決めるのではなく

自分の納得する感性の住まいを考えましょう。

弊社に話が来る前に他社でいろいろなことをお聞きになった方と話をすると

営業マンから煽られているなーと感じます。

すぐに契約しなければという気持ちにさせられていますね。

私も勉強不足で他社の営業マンがお施主様に言ったことをよく分からずあとで答えますとして、

調べ直すとその内容が誤りであったことが気づいたりしますが、

その場で言えないとタイミングを逃してしまいます。

思ったよりお施主様が急いでいて時間がないのを感じます。

その気持ちをキャッチするのも私たちの使命ですが、必要以上に急がない方がいいと感じます。

金融機関の査定も思ったより厳しく、消費マインドも下がっています。

今なのかも考えていきましょう。

ただ建材料金は今後なかなか下がらないと思います。

そしてロークストで打ち出した会社(新築もリフォームも)

はその金額ではないことを考えておいてください。(いまだによく聞きます)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

週末妻の実家へ帰省してきました  

娘たちが小学校と中学校に進学したので成長を見せるために行ってきました。

2度目の新東名はまっすぐで広くてとても運転がしやすくすぐスピードオーバーに。

サービスエリアはどこもこじんまりしていてPRオーバーですね。


向こうでは父母と娘たちが写真の撮りあい。

こんなのでも孫は可愛いらしく記念となります。

ちょうど帰った日に地域のお祭りがありこんなの撮ってきました。

130414_1424~03

とても大きな太鼓と鐘を馴らし町内を練り歩く。

130414_1424~02

こんな屋台も引いていました。

何処でも祭りは楽しいものというより若い人たちの結束の場だと感じました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

保険会社の検査員の講習に行ってきました  

 今の建物(住宅)は建築基準法だけでなく瑕疵保険の基準に収まるように

保険会社の検査にも通らなくてはいけません。

基準法は基礎の鉄筋・構造の検査と仕上げがあり、保険は基礎と防水・仕上げがあります。

同じ検査員がしますが金額は2重にかかります。

それで私が保険の基礎検査ができるように講習に行ってきました。

少しでもお施主様の負担が軽くなるように自分で動いて資格を取りました。

所属団体も保険料が安くなるように団体加盟して団体割引料金が使えるようになりました。

いろいろな研修を受けて、火災保険も安くなることもできます。

ぼやぼやしているとあっという間に講習会が過ぎていき次が来るまで時間がかかり

間に合わないこともあります。(先日は東京まで1日がかりで行ってきました)

国はお施主様のためにっていろいろな基準を作っていますが、それを利用するために

いろいろな講習会で資格を取りそれに合致した建物を作らなければいけません。

それって考え方が古かったりこうしたほうがより有効ジャンと思っても駄目なんです。

それよりもその講習会をするのが天下り機関なのが腹立たしい。

いろんな理由を付けて利用者の為と言いながら自分の団体の都合のいいように仕事を作っている。

これ以上はかけませんがこんな感じです。

でも少しでもお施主様の負担が軽くなるようにします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家具工事  

 今日は大工さんがお休みで家具を取り付けました。

P1010514.jpg

もっと前の下地の段階で寸法を取り余裕を見て家具を作成しましたが

現場で納めたら本当にぴったり。

余裕の寸法は壁のボードの誤差と建具の誤差でうまい具合にぴったり寸法に。

高さも窓枠下にぴったり1ミリの隙もなく収まる。

これって奇跡で本当はやばかったな。

クリアランスを見て作成したのにピッタリなんて・・・セーフかな。

下地がすべてできてからでは遅いのでこのタイミングで作成しなければなりませんでしたが

2工程のクリアランスって反対方向に行ったら大きな隙間になっちゃうなー。


P1010515.jpg

両隣が扉収納で真ん中がAVや本の収納。

P1010516.jpg

箱のジョイントを隠す装飾がコレ。

縦もこのジョイントでかっこよく納める。

まだ下塗りなので仕上げは最後にしますが栂材のカウンターは艶でとても綺麗になります。

手作り家具は装飾でとても豊かなものになりますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

リフォーム工事が進み  

 木工事が進んでいます。

床レベルがまちまちの為、既存と合うところを基準にし下地を決めます。

床のフローリングを張ります。

P1010488.jpg

今回も杉の無垢材。

傷はつきますが冷たくならないんだよねー。

P1010509.jpg

天井の下地を作り建具の枠を取り付けます。

本当は天井高を下げて下がり壁なしのすっきりとしたかったが

子の建具の左右で1センチ以上の段差があり、その他の建具もゆとりがゼロでの納まりは

無理そうなのであえて天井高を高くしました。

見た目だけを言えば低い天井高でも垂れ壁ない方がかっこいいのだが・・・。

P1010512.jpg

ボードを張り始めました。

壁もかなり反っていて柱1本づつパッキンをしています。

P1010513.jpg

建具の裏も詳細図を描ききっちりと納めています。

もうすぐ木工事も終わります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

気温の差が激しくて・・・  

 先日の風とても強かったですね。

そして朝・夜と昼間の温度差が大きく着る服も迷いますね。

そして弊社の家づくりの基礎から外断熱の家の方にお伺いしましたところ

(そろそろ工法名を決めなければいけませんね)

まだ基礎換気口は開閉しておらず(最低気温15度以上で開)床下から風が入らず

何にも変わりはなかったそうです。

一般住宅の中が冷えたのは床下換気口から冷たい風が入ってきたので床が冷えたのが大きいでしょう。

そして外張り断熱が急激な気温の変化をさせない構造だからです。

今朝も事務所内は日も当たらないので足元から冷えています。

秋から冬は南面の大きな窓と熱を逃がさない(冷気を入れない)工法が大切ですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

こんなのもやっています  

貸家の工事もほとんど終わり今日はこんなことをしました。

P1010507.jpg

塗装屋さんと糸墨を出し自分の車で確認してOK。

少し狭いがしょうがない。

後はテラスを移設して完了。

ABC棟と長くかかりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

リフォームでまた耐震補強を  

こちらのお宅は1年前に耐震補強工事をさせていただいたお宅です。

今回内部をリフォームをするにあたりもう1度内部から確認しました。

1・2階の壁のバランスが悪いのと、1番力がかかっている柱にのこぎり傷があったので

まずその補強をしました(間違って丸鋸を当ててしまい傷を手けてしまったのを隠している)。

スジカイと制震金物と金物補強を入れました。

P1010455_20130408163330.jpg

まずは解体工事をして骨組みをあらわにします。

P1010463_20130408163422.jpg

つかのレベルもまちまちでしたので鋼製束でできるだけ合わせます。

しかし基礎から下がっているところもありすべては直せませんでした。

P1010468.jpg

ボウシンを壁の少ない方に入れます。

P1010478.jpg

イメージいうとゴム風船を平面的にとらえ力を逃がします。

P1010479.jpg

これが反対方向にも付き、力を受けます。

ただ今工事は中盤に来ています。

またUPしていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

入学式  

 4月5日の金曜日は子供たちの入学式でした。

私は親としてではなく主任児童委員としての参加。

まずは末っ子の小学校入学式。

P1010500.jpg

一番前で緊張して座っています。

引っ込み思案のずうずうしい子なので今日はまだおだんまり。

P1010502.jpg

父兄席を見るとほとんどが両親参加。

おいおい金・土・日の3連休かよって感じ。

この後説明会を教室でやるのに夫婦で参加するために、後ろで見学ではなく

先生の隣まで360度で子供を囲み、ビデオ撮影会と化していたそうです。


私は式終了後静岡のお客様や現場を回り午後1時の長女の中学生の入学式に飛び込みセーフ。

P1010504.jpg

こちらは規模も2倍でグッと大人っぽくなります。

お話がお経みたいな話し方で途中爆睡。

P1010506.jpg

我が子だけでなくみんな楽しい学生生活を送ってほしいですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

旅行その2  

いまいち疲れが取れず力が入らないのでこんなのをUPします。

バリに行ったその日に子供たちをキッズクラブに入れそしてその夜のショーに出演。

みんなは前日から練習していましたが子供たちは当日2時間の練習で

ぶっつけ本番の出演。

P1010284.jpg

白人だけの中に入った左隅の次女。

言葉もわからず緊張が伝わってきます。

P1010287.jpg

次は3女の番。

手前でヌー先生(インドネシア人)の踊りを必死にまねています。

P1010288.jpg

普段なら絶対のやらない長女も分からずに踊っています。

行った初日にいきなりステージに立つのは面食らったようです。

P1010302.jpg

ショー終了後のパーティーでほっとした我が子たち。

まだ緊張が残っていますね。

P1010411.jpg

これは帰国前日くらい。

日本人の友達もでき先生たちと笑顔いっぱいでポーズ。

もうこのころは毎日が楽しさいっぱいです。

P1010442.jpg

バカンス村での出発前の1コマ。

普段は喧嘩ばかりでこんなに仲良くしていないのだけれど・・・。

空港までの道筋ではいまだに発展途上の光景を見ていかに贅沢をしているのかを見た長女。

ただただ楽しかった2・3女。

のんびりとしてきた夫婦でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

日曜日は桜祭りのお手伝いを  

目いっぱいのスケジュールの中3月30日は地元の桜祭りのお手伝い。

P1010469.jpg

これを吊るのも思ったより重く大変でしたよ。

KYK 主催の行事に自衛団がぼんぼり修理・設置・当日のイベント・片づけとやります。

今日は20名の団員が参加。

もう散り始めの桜の下で雨が降り出しそうな元で開始。

P1010474.jpg

め組太鼓の演奏で始まりました。

私たちは焼きそばとフランクフルトを調理。

P1010475.jpg

いつもの炊き出しのように段取りよくやっています。

P1010473.jpg

材料の仕入れ値と売り上げが同じの利益ゼロ。

もっと言うとガス台のレンタルやガス燃料費を考えつとマイナス。

そして人件費はゼロなのです。

地域のみんなにとしましたが上手くない運営でしたね。

屋台の焼きそばや綿菓子が高いのが分かりました。

当日売価は100円でやっていましたので子供でも買えました。

P1010476_20130403171355.jpg

これが散り際の瀬戸川の桜のトンネルです。


後日談として、地区の役員が小学校のスポーツ少年団にコンロ・ボンベ等1式貸し出し

それを知らず当日倉庫を開けたらボンベが空。

日曜日でガスも詰めないので団員の家庭のプロパンガスを急遽手配。

スポ小って自治会とは関係ないのに、あるのが知っている父兄がやったね。

ガスの補充もせずに。

ゴミの片づけもそうですが全く知らないことを自衛団のせいにされ後味が悪いイベントになりました。

雨が降ってきたお昼に完売しテントもたたみ片付けが終わり解散。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家具のリペア  

家を建ててから17年。

作り付けの家具もTVの大きさの変更や使い勝手から取り替えたい。

作り替えはお金がかかり大変だから必要なところだけリペアしました。

P1010104.jpg

立派な家具ですね。

しかしおおがたTVを入れるには大きなスペースが必要です。

P1010269.jpg

既存の家具を取り外します。

しかしこれがなかなか外れなくて大苦戦。

P1010270.jpg

ようやく取り外し既存の家具を固定し直す。

そして工場で制作した家具を納めます。

濃い木目の艶消しです。

P1010485.jpg

大型TVもすっきりと納まりTVも見やすくできました。

全とっかえでなくても出来ることがありますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー