FC2ブログ

casaニュース

こちらはユニットバス工事  

ユニットバスの入れ替えです。

P1010081.jpg

解体をし設備配管を終えユニットバスのベースを設置します。

P1010085.jpg

浴槽まで組んだら支柱を組みます。

P1010089.jpg

内部の壁を付けてコーキングをして完成。

P1010111.jpg

こげ茶のユニットバスが完成です。

とても深い色彩で落ち着きます。

ホテルの仕様です。

TVもジェットバスも付き、そして瞑想に向くブルーのライトを付けました。

これは今度夜の撮影でUPします。

最後にもう1つ。

浴室の工事には洗面所の壁も壊しますので洗面所工事もセットで必要です。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

木工事進行中  

リノヴェーション工事のお宅で耐震補強が終わり床張工事に入りました。

P1010079.jpg

無垢の床って幅が合板フロアーの1/3ですので手間が3倍かかります。

床が張れた処でキッチンの下地に入ります。

P1010123.jpg

ココにはキッチンと家具が表裏に付きますのでその準備をします。

P1010125.jpg

天井も張れてきましたのでこれから壁に入ります。

ペースアップをして仕上げに向かいます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

こちらは別工事  

この工事は弊社の管理外の工事ですがUPします。

P1010097.jpg

看板の取り付けです。

下地を見るとLEDですね。

韓国製だそうです。

P1010098.jpg

パネルもアクリルではなくシート状のものです。

これだと継ぎ目がなくできますからね。

P1010102.jpg

建物の横にもつけています。

P1010101.jpg

そしてタイル・石はお施主様のお父さんが施工。

いろいろ融通を聞かしてもらいやっています。

毎日通常の仕事が終わった夜や休日に施工してくれています。

息子の為にと一生懸命やってくれています。

私たちも負けじといいものを作らなければなりませんね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

内装工事 床編  

美容室の床工事に入りました。

もう最後の工事になってきましたね。

P1010096.jpg

まず床を清掃しパテ処理をして目地を埋めます。

割を決めて貼り始めます。

P1010099_20130226182457.jpg

今回は藻君\目がはっきりと入った長尺シート。

P1010100.jpg

コーナーは火で炙って擦り付けていきます。

P1010103.jpg

大変なのはココ、小さなカットをしていくか所です。

ココで大きく時間がかかり夜まで作業は続きました。

P1010107.jpg

翌日鏡が付き部屋の感じが分かります。

後は設備機器の取り付けに入ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

床暖房工事  

2階の床暖房工事です。

床下はすぐコンクリートの為穴をあけ配線できませんので、

既存床の上に合板を根太代わりに施工して間に遮熱材を敷き下地を準備しました。

P1010082.jpg

そしてこの上に電気式エコ床暖房(伝導性カーボン)を敷きます。

P1010083.jpg

この時床割やフローリングの張はじめなどを考慮し位置を決めます。

そしてこの上に仕上げのフローリングを敷きます。

昨年末に施工した1階同様ほんのりと暖かい空間になりました。

なぜエコ床暖房買っていうと、ランニングコストが安く劣化しにくい材料なんです。

このように新築だけでなくリフォームも大掛かりでなく施工できるのがこの工法なんです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

天井下地  

こちらの現場は天井下地を終えました。

P1010061.jpg

もう少し天井を上げたかったが梁の補強の為2.4mにしました。

ある程度電気配線をしてありますがコレで位置をしっかりと決めて固定していきます。

大工さんもバンバン自分のペースで工事を進めるのではなく取り付けられる下地を作り

他の工事をしているうちに設備業者が施工する。

今みんな忙しくこちらのペースばかりでは大変なのでお互いの状況を打ち合わせしながら

工事を進めています。

P1010062.jpg

ココは吹き抜けとの取り合いです。

柱を抱き合わせて門型加工をし強度を増しています。

壁と天井はクロスで巻いてすっきりと見せようとしましたが横移動が起きそうな箇所ですので

L見切りを入れ安全策を取ります。

なんでもきっちりと見えるだけがいいのではないのです。

お客様はちょっとのクロスのはがれや日々を嫌いますので

今回はそのようになりにくい施工を取り入れました。

今日から床下地の補強と床張に入りました。

だんだん進んでいきますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

グラマラスライン 第1作  

社内ブランド グラマラスラインの第1作目が完成。

ある会社の応接室の改装です。

約5畳の広さをいかに立派に見せるかがテーマ。

スペースは縦・横・天井とも伸ばせませんので色と光の工夫をしました。

間接照明で奥行きを感じさせ、床のカーペットでもラインを強調し縦長感を出す。

こんなイメージで始まりました。

P1010052.jpg

電気配線と間接照明の下地を作り、天井に合板を張りました。

P1010053.jpg

壁の下地は13センチ。

この天井との空き寸法も計算。

P1010063.jpg

タイルを貼ってからこのタイルカーペット貼り。

アメリカ産の高級なものです。

割を付けて貼り始めました。

P1010057.jpg

タイルも部屋の大きさを考え細めのものを使用。

クロスと違い凸凹感があり光をうまく受け、

後ろの間接照明の光を強調し、トップライトの光もうまく受けています。

今回は狭いスペースをあえて14センチ狭くしましたがそれを感じさせない空間に。

P1010068.jpg

最後に事務所で預かっていたソファーやテーブルを納めました。

最初の写真と比べるとうんと変わったでしょ。

まだ入り口ドアやTV台は作成できていませんが今日から応接室として使い始めました。


狭い部屋なのでクロスも吸湿性能を持たせきのうもUP。

ワンランク上の素材を使ったリフォームは是非グラマラスラインへどうぞ。

最終的にはデザインを合わせソファーも一緒に選びます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

内装工事  

美容室の家具の塗装と塗り壁の下地補修をしています。

P1010044.jpg

家具は2度目の塗装で仕上げまであと2回塗ります。

P1010045.jpg

こちらはパテ処理です。

R部分の入隅も仕上げていきます。

コレで角がなくなり柔らかな印象になっていきます。

ラストスパートに入ってきました。

今月末を目指して頑張ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

遮熱工事  

今回は内部から行う遮熱工事です。

P1010040.jpg

下地に構造用合板を張ったので施工はスムースに行きました。

P1010046.jpg

熱を反射させるためその上に胴縁を打ち空気層を作ります。

外周周りが終わったら天井下地を作ります。

P1010047.jpg

ココが天井ラインです。

真ん中の梁の関係でH=2400まで下げます。

P1010028.jpg

枕梁と言って既存の梁の下にもう1本梁の補強を入れました。

下からボルトで接合しようとしたら元の梁が乾燥していて硬く霧が入らなかったので

金物と合板で一体化するように止めました。

現場でより良い方法を考えて、決して楽だからということではなく施工していってます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

年度末になってきまして・・・  

年度末と言っても官庁物件をやっているのではないので忙しくなる理由がありませんが

世間や業者さんは違います。

会社の決算に無理にぶち込んだり応援に取られたりと職人不足を感じ被害を受けそうです。

予定を立ててもいつもの職人の確保も難しく、特殊なものはもう無理。

実際もう2か月先まで無理という業者さんも出てきました。

弊社もお茶屋さんの工事もやらせていただいていますので3月(お茶シーズン前)までに

完成しなければならず、その工程管理を常にフレキシブルにできるように各業者に連絡を取っています。

これって完全に消費税UP前の状況と同じというよりもっとひどくなるでしょう。

重なり合いだしたら雪だるま的に職人不足が大ききなりますので

計画を進めれれるのであれば早めのご決断をお願いいたします。

しっかりとした工期で工事を進めたいものですからね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

桜祭りのイベント  

たまには仕事以外のことで一服。

私は自衛団という地元のボランティア団体に入っており町内行事の手足となって動いています。

今までは瀬戸川沿いの桜祭りは地元の商工会からの依頼でぼんぼりの修理と設置と撤去。

そして当日のお菓子配りのお手伝いをしていました。

そして今年から焼きそばやフランクフルトの物販を予定しています。

OBたちがあまりの資金不足を見て用意して下すったのと、若手の活躍を期待して。

当日は自衛団家族のバーベキューも予定しています。

たくさんの団員が楽しめるイベントにしていきたいですね。

そして作年は組長・主任児童委員(民生委員)も兼任して仕事以外がめちゃくちゃな1年。

今年は組長は外れますが大祭りの年。

兄貴分が今年の親方をするのでもちろん手足となって動きます。

前回は仕事が片付かず当日の2日しか出れず不完全燃焼。

今年もおかげさまで仕事も順調。

充実の1年を送りたいですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

道しるべ  

昨日夕食を終え、帰省から帰った子供たちがバレンタインデーのチョコを

作っている声を聴きながらBSで秋元康さんの密着ドキュメントを見ていました。

ものすごいスキルとパワーを持った人ですが大きな組織ではない。

旗頭の姿勢や行動を見てみんな文句を言わないでついていく。

どう見たって周りは大変でもっと楽をしたいに決まっている。


特に心にとめたのが乃木坂48のことでスタッフに気持ちをぶつけていたところで、

乃木坂48のPVを撮ったのを見てのことで明らかに激怒を超えていました。

AKBなどの2番煎じをそのまま作っただけでなんら工夫もチャレンジもない出来上がり。

そこを何とか提案しろと言っている。

AKBとは違った切り口で照らすものがあるだろうと。


AKBだけがガールズグループで走っていて、我々一般人はその他を知らない。(普通のオッサンは)

そしてたまたま翌日ラジオでその答えが分かりました。

モモクロの歌が流れて来て楽曲もキャラクターもその他とは明らかに違う。

奇をてらうのではなく予定調和で作られたものではない創作の1つを感じた。

受けるだろうと似たものをまねていたのではいつまでもトップの背中も見えない。

常に風を感じつかむことは大切ですがまねばかりではいけない。

そこにオリジナルとまではいかないが私の彩がなければ。

デザインや工法もやりやすいだけで決めず、こう考えてる提案を大切にしなければ。

そしてナーナーになりやすい現場をいい緊張感を保つように私の姿勢で引っ張らねば。

あっという間の2時間でした。

ちなみに私はAKBも数人しか名前を知らないし、モモクロは誰もわからない。(赤が可愛いかな)

そんないいとも思わないが、明らかに残っているのが

AKBとモモクロときゃりーぱみゅぱみゅ。

みんなそれぞれオリジナル化で成り立っている。

デザインに絡んだ仕事をしていて私の色や匂いを出せるようになりたいと思い見てました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

考えさせられます  

先日知り合いの工務店が不渡りを出しました。

真面目で見栄を張らずコツコツとやっていたのになぜ?。

無垢の木材をふんだんに使い、見えないところもいろいろと手を込めていたのに。

しかし価格はローコスト住宅と同じくらいにして。

たぶん1軒も利益が出ないで借入金が増えていったのでしょう。

経営コンサルタントを使っていたのは知っていますが・・・・。

しかし経営は全て経営者の責任です。

弊社もどこも大変の中必死にやっていますが、消費者が強く価格を決められてしまってからの

展開は大変出す。

見えないところは出来るだけ簡単にしてビニールクロスでパッと仕上げたモノと一緒に

手間暇かけたものをするのは無理があります。

どの業界でも大手が大量生産で価格を決めたらその他はまず価格を揃えなければやっていけません。

いや、やっていけないと思っているだけかもしれません。

量は大分減ると思いますが価格を合わせるのも1つ、その他に進むのも1つだと思います。

弊社も仕入れや施工方法をいつも打ち合わせをしてコストダウンを考えています。

しかし安全や綺麗さのクウォリティーは下げずに。

ほとんどOB施主様のリピートと紹介で回している弊社としてはそこが命です。

職人の数もだんだん減ってきているのを実感しており、

ハウスメーカーの仕事はしたくない職人が(価格と時間をたたかれて職人としての気持ちが持たない)

出入りしたいと言ってきてくれているのでうちも頑張らねば。

湿った話となりましたが弊社は専門店です(田中康夫じゃありませんが)。

なんか感性に引っかかる方がいらっしゃればご連絡ください。

一緒にいいものを作っていきましょう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

壁・床の下地工事  

枕張りって何?。

梁の下にもう1つ補強のために入れる梁です。

今回は既存の梁に荷重がかかりすぎてひびが入っていましたので梁を補強しました。

P1010006.jpg

分かりますか?、右上の梁です。

P1010007.jpg

これだと上の梁と色が違うのでわかりますね。

柱も横に抱き合わせ補強。

P1010010.jpg

壁にも構造用合板を張りこれを土台まで通し床下地を始める。

P1010019.jpg

根太を敷いたら断熱材を貼っていきます。

こちらもじゅんちょうにすすんでいきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

化粧梁と家具  

化粧梁のジョイントができました。

P1010016.jpg

分からないでしょ。

そして家具も1つ1つ出来次第取り付けに来ます。

P1010018.jpg

家具は大きくておいて置く場所がないのです。

P1010022.jpg

家具の箱をあらかた作成し搬入取り付け。

P1010023.jpg

チョットボリュウムが大きいですがこのくらいの収納を要求されました。

この家具が付いたらタイル工事・塗り壁工事と進みます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

貸家の内装工事  

内装工事が今日終わります。

下地処理に思ったより時間が使いました。

P1010012.jpg

和室も和調クロスに張り替えて

リビングもパテをして

P1000994.jpg

P1010014.jpg

もうすぐです。

今回は下地のあらが出にくいボコボコしたクロスを使いました。

P1000975_20130209165752.jpg

プリント合板の部屋にはコストダウンの為簡易下地処理と

ジョイントが分かりにくい縦目地のクロスを使いました。

P1010013.jpg

いろいろな処理方法がありますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

リフォームで耐震補強を・・  

 リフォームをしている最中耐震補強をしなければならないところをいろいろ見つけ

お施主様と相談して施工しています。

立派な柱梁を使っていますが金物の取り付け忘れなどが多数ありできるだけのことをしています。

P1000997.jpg

吹き抜けのところって水平力が集中し火打ち金物などがほしいところ。

後付の金物で吹き抜けの周りを補強。

P1000999.jpg

そしてこれは梁が引っ張られても抜けないように後付の羽子板ボルトを設置。

特に大きな梁についてなくて ? と思います。

P1010001.jpg

ココはその両方。

外壁なさわらないので中からこのようにするしかありません。

P1010002.jpg

そして今回は耐震壁のUPの為構造用合板を張ります。

コレで大空間としてかなりスパンを飛ばしていますので強くなりますね。

P1000995.jpg

そしてグラスウールの入っていないカ所に新たに入れ込みます。

全部めくってみて初めて分かるところがありますので、何処までやるかを見極めないと

いくらかかるのかわからなくなります。

リフォームの難しいところです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

化粧梁のジョイント  

昨日の続きで化粧梁のジョイントは樹脂モルタルで継ぎ目が分からなくなるように加工します。

P1000990.jpg

最後に塗装で仕上げます。

鏡の枠も塗装して今日クリアーをかけています。

P1000993.jpg

コレでココからの汚れの吸い込みはありません。

P1000992.jpg

水道も水圧検査をしOK。

P1000991.jpg

タイルはお施主様のお父さんが施工しています。

もう少しで仕上げ工程の意入ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

鏡の枠作っています  

美容室の鏡枠をオリジナルで作っています。

とっても大きいんですよ。

杉の角材を加工し組んでいきます。

P1000954.jpg

鏡は80センチ×130センチもあります。

こういうバランスって取るのが難しい。

でもね、ものすごくインパクトがあるモノになります。

P1000961_20130205150114.jpg

こんな感じで6ヶ付けました。迫力あっていいですよ。

P1000960.jpg

ココはオーナーさんたっての希望でパイプスペースの出っ張りをRにしたところ。

半径をいくつと決めずに現場で曲げ合板をしならせて決めました。

仕上げが塗り壁ですので継ぎ目が心配だなー。

でもね、アンティークに柔らかくまとめていきますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

天井に化粧梁取り付け  

美容室の天井面に古木風の梁を取り付けます。

とはいっても本物の木は重量面でNGなので発泡で作成しました。

P1000978.jpg

搬入されたものがこちら。

大きくて重そう。

P1000981.jpg

アップてみるとちゃんと木目や節が作ってます。

P1000980.jpg

実は発泡スチロールを加工したものなのでこんなに軽いんです。

これを接着剤で貼ってビスで固定します。

P1000983.jpg

出だしを決めて取り付け。

これが肝心なんです。

P1000984.jpg

2個目からはこれにジョイントさせて行きます。

ジョイント部はまた現場加工でわからないようにし、後日仕上げをします。

彼らは店舗や住宅を主にしていますが、浜松の遊園地パルパルの発泡造詣も

一手に引き受けている腕を持った職人さんです。

これって住宅でもできますのでどんな造詣もしますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

キッチン設置  

借家のキッチンです。

今までは据え置きキッチンだったのですが奮発してシステムキッチンへ。

これはアパート向けの安価な商品。

P1000963.jpg

でも作業は一般的なキッチンと同じ。

キッチンパネル・換気扇・吊戸棚をつけて最後に流し部分。

P1000964.jpg

現場での組み立てを極力減らしていますが、その分搬入が大変。

メーカーは出荷したら終わりと思っているんですかね。

しかしきれいの出来ましたので右横には60センチの冷蔵庫が入ります。

P1000975.jpg

既存の窓枠もウレタン塗料で色を合わせて塗装します。

全体に白とこげ茶でまとめます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

階段補修のあれこれ  

古くなった階段をリペアするのに私はよくこの方法を使いコストダウンします。

階段のリフォームキットって結構高いのです。

大体こういう時って廊下の床もリフォームするので同じ要領でします。

床材はフローリングを使います。

1枚30センチなので踏み板としてちょうどいい。

音が気になるときは遮音シートを敷きます。

立ち上がり部分を補強し見えるところを化粧合板を張りつけます。

P1000949.jpg

つま先はゴム製のノンスリップを貼り壁との際は廻り縁を使います。

会社によりいろいろな工法を採用しますが予算がないときは割り切って知恵を出す。

とてもきれいにできますよ。

施工としてはどんな工法を採用しても手間がかかるところです。

1日では終わらない作業量です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー