FC2ブログ

casaニュース

寒い家って  

 先日お施主様と話をしている時に以前の部屋と全く暖かさが違うという話になって

『どんな家が寒くなるの?』と聞かれました。

新築とリフォームではやれることが限られ違いますが基本は同じ。

新築の場合床・壁・基礎をすっぽりと包みこみ(輻射熱材や外張り断熱)、窓をペアガラスとする。

そして日当たりの良いプランとして太陽がどうまわっても陽が入るようにする。

まずこれは当たり前。

そして平面的にも立体的にも空気が回る家にすれば少しの熱源で家中温まります。


 リフォームの場合どこまで手を付けられるのかで大分違ってきます。

外張り断熱が出来なければ内部充填断熱(グラスウールや発砲吹き付けやセルロース等)をします。

壁をめくらない場合も真壁なら(和風の柱が出るもの)そこに発泡スチロールのような板状の断熱材

を入れたり輻射熱シートを張ったり仕上げにガイナを塗ったりします。

 そして手に触れる床などは出来るだけ無垢の素材にします。

しかし表面コーティングが良いものは熱を伝えやすく冷たいので確認します。

窓を付けられるかにもよりますが熱源を使わないとこでは

このように内外の熱の出入りを止めることになります。

 なぜ外張り断熱や遮熱シートを第一に考えるかというと充填断熱は(発砲除く)湿気の影響を受けやすく

水分を含むと断熱性能が落ちたり、長い間に壁の下に沈みやすいのです。(断熱欠損ができやすい)

その点外張り断熱は板状の断熱材を外回りにすっぽりとビスで固定しますので長く安定します。

そして湿気のある夏にはどうしても熱が逃げにくくなってきます。

『いや、夏でも涼しいよ』と言われる方がいますが魔法瓶の中にいるのと同じです。

外の熱はカットしていますが中の熱(人間や調理の熱や家電からの熱)はそのままです。

24時間換気や窓の開閉で十分に熱が逃げればいいのですがやはりエアコンに頼るでしょうね。

外張り断熱の家でもエアコンは使いますが、壁の中を通る壁内通気を利用できる外張り断熱の方が

理論上も納得できます。

リフォームではすべてがベストとはいかないのでもちろん内壁充填断熱も使いますが

夏と冬の状態を考えていきます。

床は合板フロアーは使わないのはもちろんですが、壁天井は調質作用のあるものが夏はいいですね。

見えないところの隙間や(断熱欠損)天井裏の断熱不足など

家を温めても熱がダダ漏れになっていませんか?。

もう住宅エコポイントは終わりましたがペアガラスにするのはとっても有効です。

今年も年末に駆け込みでこの工事をしますよ。

正月をゆっくりと過ごせるためにね。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー