FC2ブログ

casaニュース

リフォームしているといろいろ分かるなー  

塗装や天井裏換気などをやっていると外壁を見るとその家の性能が分かります。

性能っていうより作り方と断熱方法かな?。

今でも住宅の断熱材は大体グラスウールですね(施工が簡単で安価)。

次世代省エネ基準をクリアーしたものが今は主流ですがこれでいいなかな?。

私は外張断熱で遮熱シートを使う派で、床下から屋根面まですっぽりと包みます。


多く使われているグラスウールは壁内と天井裏に入れます。

断熱ラインは壁と天井面で、床下から天井裏までの家中ポカポカというものではありません。

そして隙間が出ないようにグラスウールの隅をホッチキスで止めていきます。

でもね空気は湿気も含み隙間を通って(必ず隙間は出ます)天井裏や壁外に行きます。

冬なんかはその湿気を含んだ暖かな空気が天井裏の外気に近い寒い空気に触れ、

壁中も冷えた外壁材に触れ結露します。

外壁面に藻が生える要因の1つです。

モルタル下地のアクリルリシン壁で北側の日の当たらない面で、

室内の天井面を境に(断熱ライン)藻がはっきり出ることがあります。

 またサイディングでは時々下地に合板を打たないで柱にそのまま通気シート(防水シート)

を取り付けサイディングを張っている家が今でも見られます。

これでは通気シートは穴だらけになりほぼ100パーセント壁内結露が起こり、

陽の当たらない面はサイディングの裏はカビだらけで、表面は藻が生えます。

その他風が通らない面や日の当たらない面も環境面から藻が生えやすいですね。


今は塗料が防藻性があるものが多いですが、内部からの状況で塗ってもまた出やすいでしょう。

サイディングは下地に合板を打ってありその上に通気シートと縦胴縁で通気層を作り

その上にサイディングを張るのが通常施工です。

この通気層があるだけで藻だけでなくコーキングのの割れからの浸水も

直接躯体に入るのを防ぎます。


 また天井裏の換気が悪い家も上部の三角面が藻やカビが生えたりします。

まあそれ以上に内部はサウナ状態で断熱材のグラスウールは熱布団になっています。

昔の家だけでなく今の家でもこんなつくりの家はあります。

大切な財産ですので大きく劣化する前にこまめなメンテナンスをするか

性能を大きく変える(熱や排湿や耐震UP )リフォームをされるのか

メンテナンスを考えたときはゆっくり考えてください。

リフォームで省エネ住宅・長持ち住宅ができます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー