FC2ブログ

casaニュース

妻にからかわれて  

時々ファッション雑誌のレオンを購入して見ています。

とても雑誌に載っているあんな高い洋服は買えませんが、雰囲気だけはね。

自分の好みも決まっていますのでそんなに変わりませんがと思っていましたが

なぜかシャツのボタンが上2つ開いている。

『ふーん、モテたいんだー』とおちょくる妻。

自営業のため少しラフな格好をしている私ですがいいじゃん少しでもよく見えれば。

しかし先日もパルコで洋服を10点ほど購入しましたが、見事に色は白と紺のみ。

柄物の短パンも購入しましたがこれは休日ファッション。

でもお施主様に岡野谷さん楽しそうって言われるのはいいことだよね。


根本は一生懸命働いて(楽しく)そして家族と友人と楽しみたいという

ジローラモさんのライフスタイルに憧れているから。

この時代生活するのが精一杯でそんな余裕はありませんが、その気持ちだけでも・・・・。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事  

 ただいま耐震補強工事の申請中。

梅雨に入るのと追っかけっこの状態で市役所の建築指導課と早く早くと掛け合っています。

通常ならもう許可が降りているはずが新年度ということで業務がつかえて進んでないということ。

そんなことそっちの勝手でしょと話し合っています。

週に何回も掛け合っていると真面目な担当者は今回申請の耐震だけでなく

プラスアルファーで使用する免震金物にも興味津々でいろいろ聞いてくる。

補強の診断には入れてないよと説明していろいろと話し合います。

壁の強度を上げるだけでなくしなやかに受けるということもいいと感じていますね。

この金物を計算に入れてもいいのですがその強度を過大評価する会社が出てきそうなので

まずはしっかりと壁強度を上げることで基準をクリアーするほうがリフォームでは安全でしょう。

今回免震金物を20個付け揺れの力を50%くらい吸収するつもりです。

弊社の耐震補強工事の基本は

① 外壁を剥がし金物・構造用合板で壁強度を上げる。

② 屋根を軽くする

③ 免震金物で揺れを吸収する

この順番で考えています。

しかし申請進むの遅せーなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

24時間換気扇  

 新築では家の空気の流れを計画し24時間喚起を義務付けられています。

ほとんどの住宅ではトイレや洗面の換気扇で無理に計算しており

そしてキッチンやユニットバスの換気扇も計算に入れています。

これって家のコストを下げるためで、法の狙いである計画的な換気ではありません。

トイレや洗面の換気では家の空気は流れません。

ましてやそこの窓を開けていればショートサイクルでその個室の中で完結してしまいます。

ちゃんとした各部屋に伸びる換気口を設置するか、その部屋で吸気と排気のできる換気扇を

つけないと本当の換気はできませんね。

この御宅はリフォームで法的にはそんな必要もありませんが

吸気と排気を1つでできる換気扇をつけました。

それも熱交換システムがついていますのでエアコン等でちょうどいい温度はキープしています。


P1050897.jpg

ホルムアルデヒドだけでなく部屋の中の空気を汚すのは人間の呼吸。

それに将来この部屋で介護をするかもしれないので換気って大切。

弊社は介護の仕事もしていますので介護される人の部屋の匂いで家の人が嫌になるのを知っています。

季節がいい時以外窓を開けられるのを高齢者って嫌うんですよね。

その時締め切っていてもゆっくりと部屋の中の空気を入れ替える換気扇って大切。

トイレの換気扇のようなものと違い入れて出す、入れ替えるんですよ。

あすクリーニングをして室内工事は完了。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガラスのみ交換のペアガラス工事  

 今工事中のお宅でサッシはそのままでガラスのみペアガラスに変える工事をしています。

ガラスの溝にアタッチメント用の縁を組み込んだ工場で製造されたペアガラスを入れ替えます。

P1050893.jpg

パッと見てもわからないでしょ。

P1050887.jpg

近くで見るとこんな感じです。

2センチくらいのアタッチメントとシルバーに見えるペアガラスの間の乾燥材がわかりますね。

シールはLOW-Eガラスといって熱線反射ガラスを使っているという印です。

もちろん住宅エコポイントも付きますし暑さ・寒さ対策にはバッチリです。

エアコンの効きもすぐわかります。

でもこの御宅エアコン使わないんだよなー。

でも天井裏に換気扇をつけていますので天井裏の断熱材(グラスウール)が温める布団

になるのは防げるかな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

天井裏換気扇  

今日は急に暑くなりましたね。

今朝天井裏換気扇取付工事をしましたが天井裏の暑さと湿気で作業はもう限界に近くなっています。

新築と違いリフォームではだいたい天井裏のスペースが低く、直接屋根からの熱気が入ってきます。

それと空気が入ってこないのでもう体力の限界です。

省エネって我慢すると長続きしません。

ダイエットと同じですね。

少しでも楽に過ごせるように工夫して大きな電気を使わない(エアコン等)暮らし方が求められています。

それには風通し・断熱・遮熱です。

そうです難しく言うと熱移動は対流(15%)・伝熱(10%)・輻射(75%)

の3つの要素で移動するのです。


今週もう1件の天井裏換気扇取付工事をしてそして屋根にガイナを塗ります。(遮熱塗料)

このお施主様の弟さん宅を2年に同じガイナ+天井裏換気扇の工事をさせていただきました。

それまで暑い暑いと言ってられたのですが昨年は我慢できないような暑さは無かったと思う

というような事は意識しないで過ごせたということです。

次の物件でろフォームでの天井裏換気扇と遮熱塗料ガイナの施工をUPします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日は朝から地域ボランティア  

 今日は町内の溝清掃。

私たち自営団は朝7時半に集合し、トラックに分散しでた汚泥や草をトラックに積み込む

作業をしました。

日曜というのに18人の仲間が集まり作業開始。

いつも熱心な地域と何もしない地域が分かれていて汚泥の出る量が違いますね。

トラックの清掃収納時間が決まっているので早めに周り9時半には作業終了。

P1050880.jpg
これは消防訓練も兼ねて可搬ポンプでトラックの清掃をしているところです。

時々動かさないと可搬ポンプのエンジンがかからなくなるので集まった時にやっています。

若手もこんな時に触らないと運転できないままなのでやっています。

みんなはこのあと一盃やっいますが私はお施主様と打ち合わせがあるので帰宅し出社。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

塗装工事のことで  

 今日は塗装工事の現場で高圧洗浄をして汚れを取る作業をしました。

もちろん屋根面より1メートル足場を上げ養生ネットを張り作業開始。

スレート屋根だったため屋根の溝にものすごい量の苔やホコリが詰まっていました。

もちろん周りに気を付けて作業していましたが現場よりSOS。

風も強くネットを越して泥が霧状になってお隣の屋根・外壁を汚している。

もう職人さんは怒られ私もすぐに謝りに行く。

本当に霧状になってネットの目から抜けていきます。

一旦作業を止め塗装業者と足場業者に対応策を聞いてみる。

私も今までずっとネット張りで水洗いしてきており、協力業者の声はやはりこのスタイルでした。

足場業者から高圧洗浄の時ブルーのシートをかけたことがあると聞きました。

風を通さないシートを張るのは風を受けてとても危険なことですが洗浄時だけならできるかも。

それでも屋根に跳ね返った水しぶきは上に舞って飛んで行きます。

もちろん最終的には周りのお宅に高圧洗浄で汚れを取りましたが申し訳ございませんでした。


この辺のお施主様は土地持ちで貸し倉庫やアパートを持っておられ、

自分が施主として塗装の施工をした時同じことをして誤りに行かれたそうです。

プロとしてなんかないのかねと言われましたが洗浄時に水を通さないシートを巻くくらいが精一杯。

もうこれから洗浄するのが怖くなりました。

しかし洗浄しなければ綺麗な塗装ができないのも事実。

塗装は水と違い落とすことができないのでいつもローラー塗り。

吹付けをしている会社は平気なのかな。

夕方最後にもう1度壁を洗浄して雑巾で拭き上げました。

植物の葉っぱも一つ1つ吹き上げます。

汚れは乾くと白くなって目立ちます。

今後洗浄するときには今まで以上に周りに気を付けて施工いたします。

ご近所のみなさま・お施主様申し訳ございませんでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日のランチ  

 ずっと気軽に行ける洋食屋さんを探していて、妻がここがいいよってブログにあるよってことで

パルコの隣のお店にランチを食べに行きました。

20席くらいのちょうどいい大きさ。


料理は全て手作りのためかなかなか出てこないなー。少し時間を気にし始める私たち。

そしてスタッフ(奥さんかなー)に何かと辛く当たるオーナーが見える(コックさん)。

頼んですぐに気が変わり変更したお客さんに嫌な顔で説明に行くこのオーナー。

私たちは調理場のすぐ横だったのでこのオーナーのイチイチ嫌な顔をするのを見ていました。

なかなか難しそうなお顔立ちの人。

人の顔は元々の作りより人柄が出て作られるのがその人の顔です。

ハンサムとかではなく人に好かれる顔ってあるよね。

人を寄せ付けない顔って客商売としてどうなんだろう。


そして味もイマイチ。

食後のドリンクもまだ用意もしていなかったので時間がなくキャンセルしたら舌打ちが聞こえた。

用意や準備をしていたらもちろんいただくが、

ホール係の方に確認して何もしていなかったのを確認してのことだったのに。

ココお客様商売としてどうですかねー。

いる間中なんか嫌な気分でした。(居心地が悪かったなー)

値段的にも頑張っているのですが、気持ちよくいられないってダメなんだよなー。

私のイメージしている洋食屋さんてもっと気軽でフレンドリー。

以前の会社の近くにあったお店なんて良かったなー。(オーナーが亡くなったので店を閉められた)

メニュー以外や子供にアレンジなんてお手のもの。

常連さんとの信頼もバッチシ。

ここの常連のオヤジの客はとっても自由なんです。

そして味も抜群。(何を食べても美味しい)


無くなってしまったのでもうしょうがないが、心地良かったなー。

感動するお店ってちょっと押し付けがましいし私には合わない。

デザインも同じですね。

スタジオカーサもそんなさりげない会社でいたい。

でも心地良いってなかなか難しいんです。


先日工事物件を紹介していただいた職人さんに

『相見積もりの他社はお施主さんの希望より自分の押し付け(良く言って提案)が強くて打ち合わせで

ストレスが溜まるので辛い』とお施主様が言われたそうです。

自分たちのことを良く言っているのではなくて、お施主様の言う事を受け入れ、

そして自分のフィルターを通して提案する。(会社の色ってそれぞれありますよね)

言われた通りをやるのがいいって言うんじゃありませんよ。


TVのビフォーアフターでもそうですがお施主様が喜んでいられるのは

感動が自分の方向性に合っているからなんです。

びっくりして(感動して)いるのは伝えた思いが良い形となって昇華出来たからなんです。

以前は何件か放送できない御宅(良くなったんですが方向性が違っていた)がありました。

せっかく良くなったのに心地よくない・合わないんです。

これって番組の構成上も無理がありますが、私たちの案件ではこうはなりたくありません。

気に入って頂けたら(方向性はあっている場合)背中をそっと押すのも私たちの使命です。


別物件で今度再リフォームされる方も、『あの時岡野谷さんが何度もこれでいいかって言ってたよね、

自分が我を通したのでやっぱ失敗した』と言われ(キッチン部分のみ)

今は素直に聞けるよと12年ぶりに言われました。

もちろん12年間全く間を空けたのではなく、ずっと毎年お話させていただきました。

今度は息子さんと同居されることになりまたリフォームしていただけるんです。

このお施主様も私たちを心地いいお付き合いをしていると思ってくれているんだと思います。

押しが弱いので少し気が抜けた会社かと思われる方もいるかもしれませんが

そんな無理をしない感じの会社なんです。

昼のランチの話から長々となりましたね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家の暑さ対策 ④  

 さあ4まで来ました。

今回はリフォームでよく採用し、そしてよく効くものです。

まず温度センサー付き天井裏換気扇です。

自宅にも取り付けました。

天井裏に大容量の換気扇を取り付け温度センサーと組み合わせます。

天井裏は夏は50度を超えものすごい熱気です。

その昼間の熱気がグラスウールを温め、常に天井面に暖かい布団を敷いてあるのと同じ状態です。

この空気は自然換気口からはなかなか抜けないので2階は暑くて眠れないと言われるのです。

だいたい30度にセットしておけば10時くらいから回り始めます。

どんどん熱や湿気を放出するのでだいぶ環境は良くなります。

141.jpg

空気を入れ替えますのでできるだけ外気温度に近くなります。

それでも夏は車の中が熱くなるように家の中も温められます。

そして空気が上昇しこの棟が一番暖かい空気が貯まります。


今度は瓦屋根以外は遮熱塗料を塗ります。

塗装業者といろいろ試した結果『ガイナ』という特殊セラミック塗料が一番だろうと採用しています。

屋根面で温前後の温度差が約30度。

物置での実験では、塗る・塗らないで室内温度差7度になりました。

先日の報道ステーションでも屋上やエアコンの室外機に遮熱塗料を(別製品)塗った映像を

流していましたが、エネルギーで30%くらいの節電になっていました。

P1000825.jpg

これは工場の屋根面に塗布したものですが、これで内部のエアコンの消費電力は

7~9月では半分になりました。

こうして遮熱塗料と換気扇で屋根からの熱の侵入は激減し熱環境は激変します。

来月この組み合わせの工事を致しますのでお楽しみに。

天井裏での作業はもうそろそろ限界なので。(1度脱水症状になりました)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

娘の誕生食事会  

 先週は自治会・民生委員・学校連絡と1週間で5個の会合と1つの連絡打ち合わせがありました。

昼・夜とあったため仕事にならなかったなー。

仕事も忙しく立て込んでいる時に限ってこうなります。


 そして昨日の日曜日に午前中は現場管理とお施主様との打ち合わせ。

終了後事務所で家族と合流。

そしてみんなでお食事へ。

他のお客様の迷惑にならないように午後1時半から。(でも静かに食べますよ)

久しぶりのフレンチってことで子供たちはTVドラマの『ハングリー』だって興奮。

長女は私と同じ味覚なので鶏肉のパリパリ焼きをチョイス。

そして魚料理の飾り付けの鮮やかさで気分が上々になったらしく、

今度の絵の教室の題材はこの食卓になる模様。

みんなそれぞれ別のメニュウをオーダーし(本当にすみません)シェアしながら完食。

幼稚園児も1人前しっかりと食べちゃいます。

写真は妻がとってありますのでそちらで。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家の暑さ対策 ③  

 家の熱の出入りの30%以上は窓からなのはご存知でしたか?。

そうです家の熱環境にとって(室内熱環境)窓は大切なツールです。

このごろ窓が極端に少ない家があります。

デザイン的な要素なのですがトップライトからで十分な光は入りますが風の出入りはありません。

建築基準法で居室の床面積の1/7以上の窓面積を求められ(採光基準)

1/20以上の換気面積を求められます(換気基準)。

もちろん基準はクリアーしていますがギリギリでしょう。

窓があちこちあるとデザイン的にはカッコ悪くなりがちですが、生活的には快適に過ごせるので

このバランスをとるのがデザインセンスを問われるところです。


さて今日は目隠しルーバー面戸(雨戸)とペアガラスをご紹介いたします。

これは後付けもでき西日対策や外から丸見えな位置の窓・浴室・脱衣等に有効です。

120519_0729~01

腰窓に使えてアルミルーバーの角度が変えられます。

右側が完全閉の状態。

雨戸と同じになります。

左側が完全開の状態でルーバーが水平になっています。

これで入ってくる光は70%位です。

120519_0731~01

これで45°開閉の状態です。

窓を開けていても風は入りますし、何より西日等の直射日光を家の外で遮れます。

この写真は自宅ですがここは玄関への通路のため目線が気になるのでつけました。

この部屋は居間といっても子供の遊び場所で友達が来てもここで遊びます。

エアコンを使わない季節は風をバンバン入れ換気します。

そして熱に対する最も有効なペアガラスです。

サッシ事取り替えもできますがリフォームではガラスのみの取替が多いですね。

作日も既存のガラスの採寸を済ませ発注してきました。

6.jpg

この時熱線反射ガラスのLOW-Eガラスを使わなければ効果半減です。

今日打ち合わせをさせていただいたお施主様も、12年前フルリフォームして

今回家族構成の変化でまた改装します。

その時寝室のみペアガラスにしたので他の部屋との温度差がわかり、今度のリフフォームする部屋は

ペアガラスと決められていました。

使った人の判断ですので確かです。

断熱をしっかりとしてすくないエネルギーで(エアコン等)というのもいいのですが

そのエネルギーさえ使用するのを少なくする自然の力を使う家づくりが求められてきます。

新築だけでなくリフォームでもできますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家の暑さ対策 ②  

 みなさん外張断熱って聞いたことありますか?。

板状の発泡スチロールのようなものを屋根・壁・基礎に(基礎をやっているところは少ないが)

張り付ける工法です。

木下地を全て包み込むので断熱欠損がなくグラスウールを使う一般的な広報とは性能がちがいます。

グラスウール(充填断熱)もしっかりとした施工をすれば同じという人もいますが

体感してみて全くちがいます。

4.jpg

この写真は屋根に断熱材を張りその上に通気胴縁をつけ屋根下地合板を付けたところです。

空気がこの気の間を抜けていき棟から排出されます。

この断熱材の下にも合板が売ってありますので3工程多く手間がかかります。

5.jpg

外壁部にも断熱材を張ります。

ご覧のとおりすっぽりと包みますので断熱欠損がなく且つ湿気にも強いのです。

ちなみにこの材料はガスバーナーで炙っても溶けません。

この上に樹脂モルタルを3層に塗っていきます。

基礎も同じですね。

足元って冷えるとかじかんできますね。

基礎もコンクリート剥き出しだと冬には冷たさが伝わりいくら暖房しても床が暖まらないですね。

弊社ではこれに輻射熱剤を加えて施工しています。

リフォームでも工法でやりますが年に1物件くらいはグラスウールを使っています。

でもその時は必ず輻射熱剤を併用します。

これが外張断熱工法です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家の暑さ対策 ①  

 急に熱くなりましたね。

今日打ち合わせにお伺いしたお宅も庭に蚊がたくさんおり10箇所ほど喰われました。

今年も節電対策を考えなければなりません。・・・今後ずーっとですね。

お金がかかるという考えでなくて、電気等のエネルギーを使わない家づくりが求められています。

電気製品の省エネではなく、家そのものの対策ですね。


 で、その①として遮熱材と空気の流れをUPします。

熱って温まると軽くなり上昇しますね。

家の中に入った空気も同じで床下換気校から入った空気は壁内を上昇して天井裏に抜けます・・・ん?。

今の作りの住宅は補強の考えで2階の梁のレベルで構造用合板を打ち付けていますので、

空気は2階より上にはいかないのです。

壁の断熱とかの話ではありません。

それに床下換気校は1年中開いていますので、冬も0度以下の空気が入り込み床下が冷えます。


 でどうするかと言えば、夏と冬は家の構造の作りが変わるようにします。

そうです『人が季節で着替えるように衣替えのできる家』にします。

3.jpg

夏は床下換気校を開けて空気を流入させ

2.jpg

冬は換気口を占めて冷気を入れさせません。

そして床下から入った空気は壁内を上昇するときに余分な湿気を一緒に含んでいきます。

8.jpg

2階梁に空気穴をとって壁内通路を作ります。

そして天井裏に用意した温度センサー付きの換気扇で輩出します。(冬は止める)


それにこの銀色のものは何?。

P1050816.jpg

アルミ箔と高級お菓子に入っているプチプチを合わせたものを外周に取り付けます。

これは輻射熱材と言って熱を反射するものです。

ここに断熱材を入れるというやり方が一般的ですが壁の中がいつも布団にくるまれたようになってしまい

健康的な体には思えないのです。

家の中の風通しはもちろん、床下~壁の中~天井裏といった空気の流れを作れば

電気を使わなくてもより快適になります。

まずは自然な熱の流れというものから考えましょう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ねぎぼうず  

 みなさんネギの種って見たことありますか?。

昨日現場の隣で奥さんがゴザの上に干してあった変なものがあり聞いてみました。

P1050854.jpg

聞いてみたところネギの種だそうです。

『ねぎぼうずって見たことないって』言われそういえば畑にネギが伸びた先にこんなのついてたなー

と思い出しました。

いろいろと知らないことが多くこんなことも何気ない会話から知りました。

P1050855.jpg

松ぼっくり見たくて乾燥させ来年に保存するようです。

案外子供たちの方が知ってたりして。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

問屋さんの展示会で  

 今日は行く予定がなかったのですが急遽材料を手当していただいたので朝1番でよって行きました。

会場はまだオープン前の準備段階。

もうメーカーの商品は知っていますので、停電時に発電機や車や太陽光発電から住宅内に

切り替えのできるシステムの説明を受けました。


 地震や台風出停電になったとき仕方がないと諦めなくてもいい装置です。

今蓄電池がTVで言われていますが、あくまでも電池ですので7年くらいで取替が必要です。

これってお施主様の負担が大きいですよね。

停電て震災の被害にもよりますが地震で1ヶ月くらいはかかります。

その時自家発電(太陽光・発電機・ハイブリット車)等から取れるのです。

P1050845.jpg

これは太陽光発電とカセットコンロ用の発電機です。

赤い発電機はよく卓上コンロで使うカセットボンベで発電できます。

1本で1時間は動きます。

P1050846.jpg

どの御宅にもにも分電盤はありますので、それをこの分電盤やコントロールシステムで

(手動切り替え)そのまま自宅のコンセントが使えます。

井戸水のあるお宅はそのまま水を確保できます。

太陽光発電を設置してある御宅はそのまま電気が使えます。

スマートハウスともちがいますが災害を考えたときつけておいてもいい装置かなと思います。

ちなみに自治体等の公民館には補助金制度がありますので、来週の防災会議には提案します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

制震金具です  

 増築物件の現場で揺れのバランスを緩和する方法として制震金具を採用しました。

この建物は強度があり耐力はあるのですがこの面のみ開口部がありバランスがどうかな?

と思いましたのでこの1面のみ入れました。

P1050844.jpg

ちょっとわかりづらいですね。

柱と2階の梁にコーチボルトで固定します。

これで横揺れに対して1/2位を吸収して元に戻ります。

実際コノ面のみ建物が3センチほど傾いていました。

P1050842.jpg

箱から出したときはこんな状態でとても重いステンレス製です。

新築なら簡単ですがリフォームでは思ったより工具や手が入りづらく大変でした。

次の現場では大々的に使います。

こんな補強もあり有効ですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

頼もしい後輩達  

 昨夜地元の自衛団のことで後輩たちと話し合いをもちました。

もともと瀬戸川の氾濫に苦労した地元の青年たちが水防団として組織を作り

自衛団と名前を変え120年続いている組織です。

今は地元行事の多いこの地域の実行部隊として活動しています。

しかし自治会との関係がうまくいっていないここ1・2年で団の存続も怪しくなりました。

活動休止も考えましたが、若いメンバーの熱い気持ちでやっていくことにしました。

いつもチャラチャラしているメンバーも

『防災の資格を取って町に貢献したい。』

『活動費がなくても独自の活動をする』等とえっと思うような意見を言い

投げやりになりそうだった私たちに元気をくれました。

いつも集まりがやがやしているのが好きな彼らは、大人になっても集まる場が欲しいのですね。

彼らは消毒・盆踊り・歩け歩け大会の運営を楽しんでいます。

みんな事前の準備だったり、日曜日の活動をいやいやではなく嬉しがって盛り上がっています。

まあ大義名分があっての家を出たいというのがありますがそれでも立派なボランティアです。


最近TVを見て違和感を感じるのが災害復興ボランティアツアーです。

やることは立派ですが、普段地元のボランティア活動もしているのかなと思い、

東北に行ってやることに酔っているんじゃないかなと感じてしまうのです。

家族のお年寄りの面倒を見ないで(介護サービスに頼ったまま)いたり

地元や学校行事に準備役として参加せず見えるところだけ出るという人は

いきなり遠くにいかないで自分の生活圏でのやれることをしっかりとしたほうがと思うのですが・・。

そんなで来週の地区防災会議の準備として消防ホースの点検や倉庫の備品の確認を

日曜日の朝に行います。

頑張りたいといった若手ほんとに来るのかなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強 補助金事業  

 今年度の耐震補強補助金事業がスタートして、今日補強計画書を提出してきました。

受付ナンバーは6で2週間前の初日の受付が1桁だったのが伺えます。

これからまた10日ほど経って通知が来たら耐震補強工事の提出を行い

それが降りたら工事開始になります。

 補助金事業ってこのように手間と時間がかかりますが大切な税金を使うので仕方がないですね。


今回は補強工事だけでなく制振金物を使いますので楽しみです。

おっとその前に明日増築工事のお宅にその制振金物を使いますので取り付けての感想をまたUPします。


 これだけ地震の驚異が言われていますが、市の受付が少ないのはなぜなんでしょう。

新築に変えているのかな?。

いやいや新築着工は落ちています。

本当に経済的な理由かもしれませんね。


診断方法が変わって5年ほど前に工事をされた住宅の強度は、今の厳しい基準程ではない。

でもここ数年の地震でもなんでもないことを考えれば大丈夫そうですね。

特に平屋では。


当時は金物をつけただけとか、部分的に筋交いをつけて補強とバランスをとった御宅も多かったです。

筋交いをつければ点数が上がった時代の診断でした。

もう今は強度の連動性を取った補強をしなければと思います。

もう少しで始まりますのでただいま工事中でご覧になってください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

いよいよ増築工事が始まりました  

GW前から工事にかかったW様邸の増築工事が始まりました。

3坪未満の増築なので違法建築ではありません。

10㎡(3坪)未満の増築は法的にクリアーしていれば確認申請がいらないのです。

P1050766.jpg

まず既存のバルコニーを撤去し

P1050786.jpg

連休前に基礎を打ちました。

小さな増築ですがこの数倍あっても手間は変わらないのです。

ここで連休中は基礎の養生に当てました。

昨日型枠わバラし、木材を搬入し今日建て方を行いました。

P1050810.jpg

新築とちがって取り合いの難しさや、前面道路の狭さで作業は難航。

材料も搬入中に次々と車が来るのでその度にトラックを移動。

なんとか荷降ろしをして加工に入ります。

今日は外回りは終わる予定でしたが思ったより進まずこの辺で終了。

雨終いをして今日は終了。

これからただいま工事中でUPしていきますのでそちらでご覧になってください。

もちろん内外の改装もしていきますが、増築って法改正から思ったより少なくなりました。

一部屋増えただけでもこんなに違うんだーとなりますので楽しみにしてください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

我が家のGW  

 今年のGWはまとまった休日が取れず、半日仕事が何回かありますしたので近場で楽しみました。

その1つにOB施主様宅の庭にあるフキを取りに行きました。

P1050790.jpg

この一面フキがいっぱい。

娘3人で手分けしてはじめました。

こういうコツコツと植物を採るのが好きな長女。

P1050791.jpg

採ってきたフキを葉っぱと茎に分ける(他の人と違った作業が好きな)のにはまっている次女。

P1050792.jpg

途中でカエルを見つけそちらに夢中な(虫大好きッ子)な三女。

1時間でたくさん採れましたのでお施主様にご挨拶をして帰宅。

午後はまだ元気がありうるさかったのでプールへ。

今まで自由に泳がせていましたが形と足の使い方を教えたらずいぶん泳ぎがよくなりました。

三女もビート版で25メートルを泳げるようになりましたよ。

そして日曜日はGW2回目の海。

大きな波の中でもんどりうって流され楽しんでいましたが、人から見たら溺れていると思ったかもね。

お金がかからない楽しみを味わった家族でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プランを作っていて  

今日もリノヴェーションの打ち合わせをしていて話が出たのが収納が足りない。

今度手を入れる方はできるだけ作りましたが、手を入れない方は収納量ゼロでした。

その話が無かったので進めていましたが、そうでしたモノがあふれていますものね。

多分ご主人の前では言い出しにくかったのかも。

よく雑誌やチラシを見ていると素敵なプランですが収納量が足りないなと感じるものが多いです。

面積の1/6が収納になっていれば片付くと言われており、そこを目指します。

平面的に難しければ天井裏・床下等も使います。

ヨーロッパのように家具をインテリアとして出せればいいのですが

見せる家具って小さいし数が少しじゃないとバランスが悪いでしょ。

できるだけ片付くように奥行をギリギリにして収納いっぱいになるプランを提案しました。

図面を持ち帰って連休明けに再提出します。

そうです、図面上や建売の時は家具がないですね。

実際は収納しなければ置き家具が出てきます。

リフォームも同じ。

今の不便を解消するのだから、自分で考えるだけでなく今の不満をぶつけて下さい。

より良い案が出ると思いますよ

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

沖縄が梅雨に入りましたね  

 静岡ではまだ先の話ですが梅雨の季節が近ずいてきました。

新築では当たり前の高断熱ですが、季節住宅では断熱・換気・調湿が足りず環境がよくありません。

エコというより省エネ(電気使用量を減らす)ことからもリフォームが有効です。

電気量と比べてかなりの高額ですが電気使用量(特にエアコン)を抑えるには有効です。


 まずは壁紙を珪藻土または珪藻土クロスや吸湿クロスに張り替える。

これで湿度が下がりそれだけで少し爽やかになります。

 そして窓をLOWーEのペアガラスにする。

これは窓と書きましたがガラスだけでも変えられます。(既存のサッシはそのまま使用)

これなんかは今施工中の物件でもやります。

これは住宅エコポイントにもはまります。

 もう少し手をかけるなら内部に遮熱フィルムや板状の断熱材を入れてボードで仕上げるてもあります。

全部屋やるのではなく、よく使う部屋をやるだけでも違いますよ。

リビングやればそこが快適になりみんなが集まる空間になります。

 昨年施行させていただきましたお宅では、快適さももちろんですがみんなが集まる場ができた

事を親として嬉しいと言ってくださいました。

リフォームってキレイにするだけでなくその後の暮らし方まで変えられるんですね。

そうならば家族団欒にしたい方は、みんなが集まる部屋だけ快適にするのも親から見た手ですね。


 現代人にエアコンを使うなというのは無理です。

使用時間や設定温度を気力ではなく体感で上げられるようにするのが私たちの仕事です。

嘘だと思って相談してください。

いろいろな提案をしていきますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー