FC2ブログ

casaニュース

質を落とすと  

先週美味いと評判の蕎麦屋に行った。

その前はこれまた美味いとんかつ屋に行った。

今日はイタリアン。

みんな何回も行っている店でしたが(通いつめるくらいの)久々に行ったら『あれっ』ってかんじ。

自分の舌が変わったのかと目の前の妻に確認とったが同じ反応。

ちょっとしたことでこういうお店も味が変わるんだと痛感。

蕎麦屋は天ぷらのごま油を変えたのがすぐ分かりました。

香りも旨みも感じず、食後の舌に残る満足感がない。

とんかつも肉の旨みが無くなった。

イタリアンはトマトの味が薄くパスタも野菜も茹ですぎ(これは技量かな)。

ここは作っている人が減ったな(素人っぽいな)。

ホンの少しのことですが常連には感じますぞ。

先2つは代替わりの時期が来ていろいろ試しているんだろうな。

生意気ですが私は少し舌が敏感なんです。

そっちの世界で仕事も考えたことがあるくらい食べることが好き。

建築も同じくらい好きでこっちを仕事にしています。

独立してまだ7年。

利益利益と考えずにもっとしたいことを丁寧にやっていきます。

確かに真面目にやっているところほど手間が掛かり大変になってきて

経営面で利益を出す方向に行くのはわかります。

コンサルタントが入っていれば必ずそうなりますね。

でも、これでいいだろうとなったお店はファミレスとおんなじです。

ファミレス・回転寿司が美味しいという感覚の持ち主とは今までちがったんじゃないかなー。


住宅も同じですね。

実際安くはないが宣伝で坪○円と謳っている会社が当たり前となってから変わりましたね。

現場で工期のことだけを考え無理にまとめる監督が作るもの・定価制でやっているリフォーム会社。

そんな会社実際仕事をしている職人からいい話を聞いたことない。

おいおい他社の現場で愚痴・悪口を言うんじゃないと言っても出てくる出てくる。

仕事を受けなければいいじゃんと言っても生活があるという職人さん。

ますます蟻地獄の世界になっていくよ。

質を落とすと職人のプライドを保つのが難しくなりなんとなく出来たものになりますね。

みんなでコストを下げる方法を考えたものと、頭からコストを切ったものは気持ちがちがいます。

物作りの世界って手間暇がかかるがそれを楽しむ世界。

もちろんデフレの今コストを考えるのは当たり前。

正直製品は値上がりしています。

施工費・管理費・設計費等を下げてなんとかしていますが限界は見えてきています。

街を走って空き店舗が沢山あり、ここもかと思うとめげてきます。

けど自分のチカラで見つけていかないと・変わっていかないとどうしようもありません。

みんな頑張って盛り上げよう。

こう言うと余計にTVでやっている市バスの運転手の給料が腹立ちます。

多分自分たちが貰いすぎているってわかんないんだろうな。

稼ぐことはいいことですがこれは違いますね。

これからも質を落とさないのではなくもっと上質にを考え頑張ります。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブの前で  

先週末薪ストーブを設置されたお施主様のお宅に雑用があり訪問しました。

カーサベッラに載っているあの御宅です。

_DSC7270.jpg


お話をしていると夜はお父さんの介護もあり薪ストーブの前に布団を敷き休まれているそうです。

空気量を絞りほんわか暖かい場所で朝までぐっすり。

今まで寒かったお宅ではなくなりました。

_DSC7264.jpg


訪問診療してくださる先生も診療後薪ストーブの前でくつろがれているそうです。

家のシンボルを作ると核ができ人が集まってきますね。

バリアフリーにしましたので裏庭まで車椅子で移動し楽しんでいますよ。

_DSC7282.jpg

この裏庭で採れたふきのとうとハッサクをいただきました。

とても美味しくあっという間になくなりました。

薪はお施主様のご自宅にある木材と家具屋さんからもらった

焚き付け用の木材の切落しを使われております。

火を絶やさないように気を付けて暮らしを楽しんでいました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

新事務所ようやくUPしました  

昨年中にできました事務所の『ただいま工事中』を更新しました。

これで中身も全部載せましたのでただいま工事中をご覧になってください。

P1040859.jpg

元はこのような倉庫が

P1050454.jpg

こうなり1歩入ると

P1000035.jpg

無垢のドアにアイアンを施した世界が始まります。

他の建築会社のショウルームとも違うしモデルルームとも違う空間がお待ちしております。


中に入ると

P1000099.jpg

ただ広いワンルームのスペースです。

実際に弊社で施工している住宅の内装ですので空間を体感していただけます。

P1000101.jpg

奥にはみんなが癒される薪ストーブがあります。

この空間をコレと12畳用のエアコンで温めています。

壁天井はすべて珪藻土クロスのため夏は湿度を低く保てるでしょう。

P1050080.jpg

ここも工事前はこんな空間でした。

工事中の進行具合がわかりますのでHPのただいま工事中をご覧になってください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事  

今、計画中の耐震補強工事の物件が外壁の補強だけではどうしても評点1.0にならないので

補助金を使わずやれる範囲の工事をしようとのことで、工程を組み始めるばかりとなっていました。

そうしたら急に屋根を軽くする工事も入れて補助金をもらう工事とすることになりました。

工事自体は補助金をもらう以上の工事になりますが、より安全な構造になります。

最初は軒天上を直すというとこから話が始まりましたが、だんだん計画が大きくなってしまいました。

やはりこのごろの地震の予測に対して不安に思ってられますね。

築40年以上でバランスも良くない御宅だと補強工事も大掛かりになります。

飛び込みセールスで入ってきた会社は、室内2箇所の補強で補助金もらえるまでの強度が出るよと

言って行かれたそうですがその補強計画を見せてもらい、私が出した計算ではNG。

どうなるんでしょうかね。

今日完了報告を出した御宅でもチェックは厳しいですぞ。


この工事は4月の申請開始から仕切り直しです。

弊社で初めての制震構造にしますのでこれからお楽しみに。

今回の話の成り行きでは高齢者のため工事金額が大きくならないようにと

お施主様の負担金額をを心配してしまいましたが

より安くを考えるのではなく、より安全を提案してもらいたかったみたいです。

感が鈍ったなー。

お施主様の求める本心をつかむことがいかに大変か勉強になりました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

予定なんて・・・  

2・3月は仕事にならないくらいの雑多な用事が詰まってしまいました。

自業自得ですが自衛団・主任児童委員(民生委員)・そして組長を今年受けました。

平日の昼間に8回、夜・日曜に7回の予定(会合・作業・式典)が入っています。

これで仕事ができるかと思いますが何とかしなければなりません。

ご年配の方はこれに花見会や懇親会という名の食事会を追加してきます。

自分たちは出る機会が少ないのでいいのかもしれませんが、予定がいっぱいとお断り入れると

そんなではいけないと説得にかかる始末。

秋の旅行も一番忙しい時なので無理ですよと言っても聞いてもらえず積立金を徴収されています。

こんなとこで愚痴ってもしょうがありませんが、知らずに受けるものではありません。

なんにもなく簡単だというのは役につけさせるための言葉。

会合に出席するために現場から戻ってまた行くだけで実費で1000円のガソリン代がかかります。

夜以外の会合は必ず会社や現場に出て打ち合わせをしてから出席し、終わり次第また戻りますので

この日は遅い帰宅になります。

もちろん1番痛いのは時間を取られること。

今、予定を整理していて鬱憤が溜まっていたのでここで書きました。

スミマセン。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

外壁の寿命  

よくお客様から外壁の寿命を聞かれますが、それは屋根形状や部分によって分かれます。

まず外部で1番寿命が短いのがコーキングというジョイント部分やサッシ周りに使う防水材が

短命です。

これも素材が紫外線に弱く、また痩せてきて亀裂が入ります。

そこから雨水が侵入するという具合です。

ほぼどのような素材にの外壁にも使用しますので、あとはどのように紫外線から守るかです。

よくサイディングとALCとの比較がありますがどっちもどっちかな。

ALCもその450*1820の版の4周全てにコーキングを打ちます。

そして外壁面に塗装をし、コーキングの上もそのまま塗装するので外壁と同じ耐候性なんだとさ。

でも下地がALC版とコーキングでは痩せ方が違うと思うんだけどな。


サイディングは横のジョイント部分にコーキングが露出します。

しかしこのジョイント部分にはジョイナーという下地材を入れてますのでここから水が侵入しても

下に抜けるようになっています。

コーキングが露出しているのと、モノによってはサイディング版のソリ・細部の割れにより

水が入ることもあるのが欠点かな。(熱により伸び縮みします)

そうは言ってもサイディングはデザインや光触媒があり多種多彩の趣です。


そして板金(ガルバリウム鋼板)は窓まわりくらいしかコーキングを使用せず、

且つほとんど目につかない納まりもできます。

ほとんどノーメンテナンスでいけますね。

塗装がハゲてきたら塗替えです。


私がよく使う塗り壁も同じです。

コーキングはしますがその上から塗り壁の材料をかぶせますので紫外線には強いですね。

ということはどれも仕上げの塗装の塗り替えどきが一つ目の寿命。

その時にコーキングを打ち直しますのでその時は必ずその後に塗装します。

自宅も15年前の建築で確かにサイディング部分はコーキングが切れているところもありますが

雨は漏っていません。

もう少し経ったらその上から外断熱して塗り壁しようと思っています。

よく対決するように不安を煽るような批判はナンセンス。

どれも15年くらいで塗り替えしていけば30年から40年は持つのではないかと思います。

それよりも軒を出すかどうかの方が外壁の汚れも違うと思います。

ゲリラ豪雨が増えてきた昨今では安全面をどこに置くかが大切なのでは。

軒を出さないデザインであれば徹底的な雨対策とメンテナンスの覚悟を

お施主様に伝えなければならないと思います。

出来上がりが全てではないのです。

でもどうしてもそのデザインが好きなのであれば見えないコストと綺麗に保つメンテナンス費を

頑張って意識してくださいね。

そうです、雨露しのげればいいのでなく、愛着の湧く我が家を求めるのだから。

何回も言いますが雨の侵入は屋根よりも壁からの方が多いのです。

それはサッシ周りや配管の出入り、換気口等の壁に対する出っ張りから。

そして壁を止めるビス穴や湿気から来る壁内結露により水を呼び込むこともあります。

深い軒を出すってデザイン的にもかっこよく、雨を壁に濡らすことを防げるんですよ。

それにALCもサイディングも素材は水に弱いのです。

表面の塗装が劣化したらあっという間に水が染み込み割れてきますよ。

だからそういう時はプロに相談してください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

太陽光発電  

ただいま新築計画中のお宅で太陽光発電を検討しているとのことで

久しぶりにしっかりと検討しました。

実際取り付けた経験は10年前に数件。

その頃は補助金も多くお施主様が将来的にはトントンかなという感じでしたが、

今はパネルと電流を直流から交流に変えるコンディショナーの性能が上がり

発電量が大幅に増えましたね。

当時の屋根面積で3KWで6000円/月が13000円/月位の発電金額。

メーカーによっては曇でも十分に発電します。

安ければと色々なメーカーを比べるのではなく、発電量からどのくらいでペイするのかも

しっかりとデーターを出して検討しなければなりません。


それに大切なことですが太陽光発電パネルを付ける場合は屋根の向き・勾配も大切です。

適切なことをしなければ20~30%発電量が違ってきます。

今回も途中で言われましたので屋根の向き・勾配を変更しました。

私たちは屋根から雨漏りを出したことがないので(十分注意した計画と施工)わかりませんが

太陽光発電はとてもクレームが多い産業です。

建築のプロではない人たちが参入し、太陽光発電のプロですって言っています。

これはリフォームにも言えますが他業種参入って利益を上げることが目的です。

どの商売でもそれが大切ではと言われるかもしれませんが、それが1番ではないですね。

太陽光発電は家づくりの1部であり電気=エネルギーを大きく使わない家づくりあってのものです。

大きなお金を使うことなので(家づくりの10%くらい)

今、本当に必要か検討しなければなりませんね。

お金だけでなく暮らし方・子供へのエネルギー教育を考えたらいいと思いますね。

ちなみに今回数社で検討しましたが約11年でペイします。(補助金を使って)

しかし来年の補助金額と電気の買取金額によっては15年くらいかかるかも。


ですので発電の買取価格がまだ決まっていないのと今後の政策を見てからでもいいかな。

しかし本音は全住戸に強制的に取り付け、価格を下げこの国のエネルギー政策の根幹とする。

これくらいのことをしたほうがいいと思っています。

かっこいい・悪いのではなくそれが当たり前という感覚を持ちたいです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

この雑誌知ってますか?  

P1000072.jpg

これは湘南地方の住宅を中心としたライフスタイル雑誌です。

暮らし方を考えてこんな家を作りたいという中身です。

海と共にという暮らし方で全国どこも同じというHMの家とは全く違う。

ショップ選択も手作り感のあるお店ばかりでこじゃれている。


この中に掲載されている建築会社も工法はいろいろなれど雰囲気のある家ばかり。

こういう手作り感の好きな方が湘南には多いのかな?。

建築会社も人気があっても数を追わない、建築数も限定している経営方針のところが多い。

その会社らしさを出せる・維持できるボリュームをわかっていますね。

構成はだいたい設計者のオーナーと奥様、またはスタッフ数人。

これ以上になると経営的に常に安定した数を確保しなければやっていけないので

効率や利益を優先し方向がずれてきてしまいますね。


内容は塗り壁・無垢の床・アンティーク・アイアン等スタジオカーサの家と同じ方向。

流行りではない自分のスタイルに合った暮らし方って素敵ですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今朝の静岡新聞に掲載されました  

P1000073.jpg

今朝新聞を開いたら掲載されていました。

カーサベッラの広告です。

掲載会社を何回かに分けて広告が集まらなかった日に載せるんです。

しかしカラーで大きくとってあるので目に引きます。

今回リフォームで掲載しているのは弊社のみ。

それも古民家再生住宅。

P1000074.jpg

個性を出した店のポリシーをしていきたいですね。

みんなと同じではつまらない。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もう1つ、現場での大切なこと  

現場は管理だけでなく職人といろいろな情報を話すことも大切になります。

いろいろな商品の特徴や施工のしやすさ、どうしたら工期が早くなるかも話をします。

メーカーやカタログでの情報だけでなく、実際の施工する側の意見や

弊社の建物の合うかも検討していきます。


今回サイディングの職人さんにいろいろと聞きました。

サイディングの欠点としてはコーキング納まりで、このコーキングが長持ちしないこと。

あるメーカーからコーキングレスという4方合いじゃくりの商品が出ました。

これはと思い調べてどんなもんか聞いてみました。


このメーカーではないがコーキングレスの4方合いじゃくりのサイディングは

その大切な部分が痩せてきて隙間が出来てしまうと低評価。

何度も苦しめられてきたそうです。

よく見るとこのメーカーでも4方から3方+αの工法にしてありますが最初の工事で

+100万円。

何回もの塗り替えでようやく価格差を回収出来るとのこと。

いろいろな情報の入り口で評価は違いますね。

私たちは商品そのもの・施工側・耐用年数・費用対効果をすべてみて提案しなければなりません。

だから今まででいいということにはならず、常に新しいものも取り入れていきます。

なにごとも興味を持っていなければダメですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

外壁・サイディングのことで  

耐震補強工事の現場で構造用合板を張り終えてサイディング張りに入りました。

1年半前に施工した前道路面と同じものを探したらもう廃盤商品。

アンティーク調のモスグリーン色でとても感じのいいものなのに。

最後に工場を探してもらって残っている内40枚の中32枚を発注。

なんとかセーフ。

P1000067.jpg

リフォームってサイディングを張るにもその周りに板金で加工したりとやることがいっぱい。

それこそ㎡いくらって訳にはいかないんです。

そして既存との取り合いが大切。

P1000069.jpg

下からここに差し込みます。

ここをコーキングなんかで納めたら後で雨漏りの原因になります。

上部はこう納めています。

P1000070.jpg

ここなんかは人の目に触れないところですが1番大切です。

既存のモルタル壁の下の防水紙の下に水切り金物を差込ます。

何らかのことでモルタルの中に入った水分を確実に外に出すようにしておきます。

たかがこんなことですが雨漏りを起こしていないことってこういうことの積み重ねです。

なんとか雨が入らないように納めちゃえではなくて、

大変でも水分が回っても影響が起こらないような細工をしておく。

そんな目で全てを管理しています。

ただ現場で進行を見ているだけの監理ではありません。

業者さんもうちの納まりをわかっていますので基本は1つであとは現場対応をしていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

鍼治療  

全くのプライベートですが眼精疲労と胃弱等で鍼治療に行ってきました。

私はこのようなツボを刺激するのがものすごく合うのでとても好きなんです。

流石に中国に行ってた時はやる勇気がありませんでしたので足裏マッサージにしましたが

ここは中国人の先生の治療院です。(中国での医師免許を持っています)

120208_1519~01

治療中何度も電話がかかってきましたので、誰からか見たついでに撮りました。

自分の顔面に鍼を打っている姿を見たことなかったので興味に勝てなくて。


こんな風になってんですね。

以前治療してくれた先生もあなたは鍼治療に体質が合ってるよって言っていました。

鍼治療ってすぐよりも数時間したほうが体調良くなるので、マッサージのやった感とは違いますね。

明日からもっとがんばりまっす。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事 壁編  

ただいま急ピッチで進めています。

屋根を軽くして、それから壁の補強をしていきます。

弊社は住みながらの工事が簡単なのと、外回りの補強が効くのでこの方法が多いです。

そうです、外壁を撤去し金物で補強し構造用合板を張る工事です。

特に外壁の痛みがあるときにはおすすめします。

P1050659.jpg
外壁を必要なところまで撤去したら柱と土台、筋交いを規定金物で固定します。

もともとはカスガイといった下の方に見える釘のようなものでしか止めてありませんでしたが

柱の左側にあるホールダウン金物で止め、筋交いプレートで固定しました。

この御宅は断熱材が無かったのでこの時入れました。

これは補助金申請用に撮った写真です。

P1050703.jpg

この上から構造用合板を止めていきます。

釘のピッチ・種類も確認します。

そして大切なのはこのように軒の天井裏までしっかりと合板を張ることです。

そしてその天井下地を止める前に防水シートを上まで貼ることが大切です。

意外とこの軒天井から雨がもることが多いんです。

P1050706.jpg

窓の上下にもしっかりと合板を張り雑壁としての強度をもたせます。

ここからは外壁を張る工事となります。

今日静岡市役所建築指導課から工事の進捗確認の連絡がありました。

2月末までに完了申請の必要があるからです。

だいたい2月から5月までは申請の空白期間ができてしまいます。

この工事は来週末には完了いたします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

先週末の寒波の影響で  

先週末は水道管の破裂が多くて大変でした。

弊社の倉庫の水道管も前に借りていた方の配管そのままにしていたら(使ってなく)

溶け出したお昼ころ水道管が破裂しました。

倉庫の中は冷蔵庫の中のように寒く事務所内とはちがいます。

すぐに気がついたので元栓止めましたがこの日は水道屋さんは1日中この手当で大忙し。

介護ショップやOB施主様からもTELがありなんとか夜まで掛かり補修しました。

普通なら無理と言われることもかかりつけの工務店があればなんとか無理が効きます。

土曜日も施工したのが通常の仕事前の朝早くと最終の工事は夜8時過ぎ。

真っ暗の中懐中電灯を持って施工しました。

水道管だけでなく屋外水栓金具の中も凍って破裂していました。

なんでも壊れないと思っていられる方もいますがそんなことはないです。

保温感をしっかりと巻いてあっても金具なんかが壊れたりします。

そんなときは慌てずお電話してください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震補強工事をしていまして  

ただいま耐震補強工事をしています。

既存の診断をして屋根を軽くする工事と耐力壁を作る工事をすることになりました。

耐震補強工事の補助金の申請をして補強設計をし進めていきます。

まず今回は屋根を軽くする工事をUPします。

瓦屋根から軽いアスファルトシングルに葺きかえる工事です。

P1050581.jpg

解体職人5人で瓦をはがしレッカーで下ろします。

土もこんなにあり重量的にはかなりあります。

丁寧に放棄で土を取りながら撤去します。

そしてこの横の桟木に沿って胴縁という下地材を取り付け構造用合板を取り付けます。

P1050585.jpg

これで屋根面の面強度を上げ施工もしやすくなります。

P1050586.jpg

この上にアスファルトルーフィングという防水シートを敷きます。

かぶり長さ、棟・谷の施工を確認します。

ここが雨漏りのチェックポイントです。



ここから屋根材を葺いていきます。

P1050592.jpg

専用釘・接着剤を用いて取り付けます。

P1050596.jpg

金物を取り付けるための下地をつけます。

P1050603.jpg

最後に棟にガルバリウム鋼板で加工した金物を取り付け樋の調整をいたします。

屋根工事はこれで完成ですが材料の比較をいたします。


      
      アスファルトシングル   カラーベスト      瓦

重量    40kg/坪       60kg/坪   165kg/坪

退色性   ほとんど無し       有り          無し

吸水率   1%           15%         5%

耐用年数  30年          20年         60年

価格    安価           安価          やや高価

こんな感じです。

今までは屋根を軽くするときはガルバリウム鋼板で葺き変えていましたが、

より安価で耐用年数もあるアスファルトシングルを検討していきます。

次は壁補強を掲載いたします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ようやくデーターが届きました  

昨年末に発売されましたカーサベッラ(静岡新聞社発行)の写真データーが届きました。

工事は秋に終わりもうずっと前の感じですがこんな感じです。

この写真は夕方から撮影しましたので夜景っぽく撮れています。

スタジオカーサ1

まずは梁が大迫力のリビング。

奥の薪ストーブが合っていますね。

スタジオカーサ2

玄関周りの夜景です。
壁と縁側くらいしか施工していませんが雰囲気あるでしょ。

そして玄関内部は

スタジオカーサ6

ここから梁が始まる大空間をそのまま表しました。

奥の縦格子の引き戸はオリジナル。



古いものを活かすばかりのリノヴェーションではありません。

スタジオカーサ3

キッチンは垂れ壁を活かして空間のデザインを変えています。

ここからは家の中の家族の様子がわかり、お友達やご両親の兄弟たちが集まる場所になります。

スタジオカーサ4

寝室はモダンに仕上げています。

間接照明を付けたり差し色でこげ茶を入れています。

ここにきつい色を持ってくるとインパクトはありますが下品ですぐ飽きます。

最後に家の中心です。

スタジオカーサ5

もともと梁の見えない天井高で圧迫感がありました。

構造躯体を表し立体的に再構築し優しい灯りの照明計画をしています。

この薄暗さは小樽に行った時の灯りを参考にしています。

左側の古い建具も再利用しアンティークな照明とテーブル。

薪ストーブの暖かさとインテリア性が空間の質をワンランクアップしています。

この御宅は施工前は冬の寒さが自慢の家だったんですが?、今はポカポカ。

リノヴェーション(リフォーム)は今後の暮らし方まで一緒に考えたものなんです。

お施主様はすごく喜んでくれています。

よろしければカーサベッラをお読みください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー