FC2ブログ

casaニュース

キッチン改装工事  

今回の工事はキッチンを付け替える工事ですが(内装はしていません)いろいろなことをしました。

既存の状態です。

コレはMAXに散らかっている状態ですので普段は違いますよ。

P1050207.jpg

I型のキッチンですが長さが3メートルもあるものでした。

コレをガスコンロと流しを2列に分けて対面式にします。

そして造作家具を取り付けてキッチン内を目隠しするというものです。

P1000011.jpg

ダイニングから見るとこんな感じで中を隠せます。

隠すと言うよりも手前のアンティーク風の家具が強烈です。

P1000009.jpg

キッチン内部を隠すのが主眼の為少し背の高い家具です。

そして雰囲気があるのでこの奥にキッチンがあるというのはわからないでしょ。


そして内部からはこんな感じです。

P1000013.jpg

セミオーダー式につくり右端の下はオープン収納としました。

ゴミ箱やいろいろな物がキャスターをつけて収納しますので、足元に散らばることはありません。

P1050205.jpg

既存ではこの角度もこうなりました。

P1000017.jpg

自動洗浄する換気扇や流しと分けたガスコンロと贅沢な空間です。
電子レンジやジャーも近くに配置されとても使いやすいまとまった空間になりました。

キッチンを取り替えるだけでなく少しは位置も変えると『変えたー』という気持ちのなりますよ。
今年の工事はコレで終了。

また来年よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日の午後は家具に取り付け  

今年の大詰めの工事の玄関改修のお仕事です。

午後から家具工房に行き、アイアンの進捗をして家具を積み込み現場へ向いました。

P1050530.jpg

コレを溶接しメッキをかけて塗装します。

現場に到着し枠等の塗装をし、下駄箱を取り付け中塗りをしました。

P1050535.jpg

造作家具なので寸法は自由。

高さも既存の見切りまで上げました。

玄関ドア周りは内装が終わった後の仕事に。

アンティーク塗装をし装飾は最後の取り付けになります。

既製品ではない手仕事が多く、調整も大変ですがコレが当社ならではかな?。

寸法・デザインは私が決めて相談しながらの発注。

ホント月末の完成でヒヤヒヤしています。(お施主様ゴメンナサイ)


話は変わって水曜日に彼の工房に行った時のコレなーに?。

P1050531.jpg

この大蛇の様に曲がりくねったアイアンはなんだろうと思ったら、階段の手摺でした。

何でも器用に作りますね。

でも実用的ではないな。

この頃の住宅雑誌でもお洒落に付いているのを見かけます。

私も・・・積極的ではないが今後検討します。

後日談で(今日の話)この手摺を発注した会社はこの手摺の取り付けの下地を作っていなかったんだとさ。

今下地の無い階段壁にぶらぶらと付いているんだとさ。・・・・ダメじゃん。

他社のことを言うのには気が引けますが、どんな会社だろうとホームページを見たら

大工上がりの社長が設計から施工まで一貫してやってるんだとさ。

だから営業・設計と施工のずれはなくて安心となっていました。

話を聞くと全く違う会社なんですが、ホームページのイメージって怖いですね。

お客様の口コミや職人さんのおしゃべりって良くも悪くも強烈な広告です。

よくやって当たり前。

人が良いのも当たり前の世界。

そうですよ、人が悪かったり胡散臭そうな人には何にも寄り付きません。

人が良いのが取り柄だと自分ひとりで言っています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ガラスの種類が・・・  

木製オリジナルドアを作っていますので、その中にはめ込むガラスがデザイン上大切になります。

今製作しているドアを作るにあたって今になってガラスが足りないということがわかりました。

最初計画していたのよりガラス箇所が増えたのと、在庫の管理不足でした。

以前施工したドアのガラスをお施主様が気に入ってそのガラスを指名。

P1030974.jpg

ガラスなんてどこにでもあると思っていましたがとんでもない。

特に型ガラスは輸入品が多く梨地といったザラザラとした無地のガラスしか流通していません。

このガラスも建具屋さんがガラス業者が廃業する時にガラスを全て倉庫ごと買い取った時のもの。

その彼に来てもらい静岡のガラス問屋に確認したが、こういうのはバラで在庫が増えて

コストが上がってしまう為にもうないとのこと。

2日かけて東京の問屋で見つけて手配をかけました。

この縦筋のガラスはアンティークにあっていて私のお気に入り。

その他の型ガラスも同じ状態で簡単な入手ではなくなってきています。

割れたときのことを考えると・・・ですがこだわりたい気持ちはお施主様と一緒。

今回普通の梨地のガラスに変更しようとしましたが、お施主様の気持ちで何とか見つけました。

新たなルートも探しましたので当分は安心かな?。

ちょっとしたこだわりでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

リフォーム工事の傾向  

多くのリフォーム工事をさせていただいていますとある程度傾向が出てきます。

今住まわれている家を改装しようと言う方は、健康診断のように根本の直しから。

中古住宅を購入し改装される方はお化粧のように見た目を重視されますね。

もちろん予算もありますし(購入金額は大きいのでリフォームに回せる予算が限られる)

その家への愛着感が違います。

それにこれからどう暮らそうかと言う考える時間のかけ方が違ってきますね。

新たに購入したらローンも始りますので早く入居されたいでしょう。

まだ使えると判断したり、ココはきれいだからそのままでと思っていても後から直したいと思うものです。

 どこまで手を入れようと検討する時に設計や施工会社を先に決めて行動するほうがいいのでは。

不動産会社は売りたいので大丈夫と言い、早く契約に持ち込もうとします。

時代はスクラップ&ビルドから直して使う方向に向っています。

家づくりは大切な自分の財産の購入とこれからの暮らし方の基本にかかわります。

当社のHPではただいま工事中という欄で工事中から完成まで追っていますので、ご参考になさってください。

善左衛門の家はようやく完成をUPしました。

大掛かりなリフォームではココまで手間と時間がかかりますが満足のいく家が作れます。

_DSC7259.jpg

いろいろな引き出しがありますので是非ご相談ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

事務所がキンキンに冷えてます  

今日は菊川から興津まで1日走り回り夕方帰社しました。

薪ストーブの打ち合わせのため5時に待ち合わせて滑り込みセーフ。

事務所は日が全く当たらない倉庫を改修した物で寒いのはわかっていましたが

今日のような気温で誰も事務所にいないとここまで冷えるんですね。

一度冷えた建物はすぐには暖まらなくて、建物が熱をすってからほんのりときます。

このように住宅でも太陽のお日様が当たりにくい敷地などにはそれなりの工夫が必要ですね。


冬であればまず建物を冷やさない。

本当に一度冷えると熱を持つのに苦労します。(北海道の住宅で24時間暖房するのはこのためです)

建物の間取りを立体的に計画し少しの熱源で部屋ではなく家全体を温める工夫が必要です。


逆に夏は熱だまりを作らず上手く放熱する=湿気も上手く出す事が大切です。

床や壁の素材も熱を上手く含む素材を使い直接さわるところからの伝熱での熱の逃げを避けたいものです。

コンクリートむき出しの以前の事務所では背中から熱を吸い取られる感覚で冬はゾクゾクしました。

実際にはコンクリートの冷えた熱が輻射熱で私の背中に伝わったのですが。

住宅では生活していれば熱がありますのでそんなに冷えることはないと思いますが

どうしても冷えるという方はリフォームで何とかなりますよ。

寒いのを我慢するのは、家での楽しみを得られないのと同じですよ。

大体家出の苦情ってこんなのが多いんですね。

デザインでかっこ悪いとかより寒い・熱い・風が通らないなど。

多分これらは人の感情を刺激するんじゃないかな。

イメージですが暖かい家では喧嘩も少ないかな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

思い出の品の修理  

先日以前建てさせていただきましたお施主様から

『電気の球を変えたけど付かないから見てくれ』と電話があり電気屋さんと見に行く。

何十年も前から大切に使っている手作りのステンドグラスの照明器具。

確か結婚のお祝いに頂いたと聞いた覚えが・・・40年以上前のもの?。

新築のときもコレをつけるということが決まっていてプランをたてた覚えがあります。

 分解して電線の切断や器具の破損を確認すると両方ダメ。

この笠に合う寸法のものを探してきてとりあえず器具はOK。

P1050525.jpg

月曜日に電気屋さんが他の物件で捕まえてあるので配線してもらおうっと。

こういうのってお互いにお金ではないんですよね。

大切なものを直して使っていこうというキモチを大切にしていかないと

簡単に新しいものにすればいいじゃないですかと言う言葉が出てしまう。

こんなのんびり感がウチなのかもね。

29.jpg

この手前の灯りが完成品です。

では来週取り付けに伺います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

英みかん  

つい先程フローリング業者さんがお歳暮に変わったみかんを持ってきてくれました。

イタリアのマルチス・ブラッドというオレンジと日本の宮川早生との交配品種だそうです。

みかんに目がない私としては持って帰る前にいただきました。

P1050524.jpg

とても小さなみかんでSSサイズくらいかな。

オレンジの強い香りもなくみかんの血が濃いのかなと感じました。

作ってくれたのはエコファーマー認定の農園で食の安全をお届けするのに頑張っているところです。

とても柔らかくまろやかな味わいのこの英みかんは傷みやすいのがネックだそうです。

我が家のみかん娘達にかかったらすぐになくなってしまいそうです。

珍しいものをありがとうございました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

キッチンカウンター工事  

もうすぐ全貌をUPしますがアイランドキッチンに造作家具をつけてます。

リビングからキッチン内を見えなくするために、カウンター高を120cmにしています。

P1050509.jpg

ねっ、180センチの私の視線からも見えないでしょ。

正直高い気もしますが人それぞれ事情があるんです。

カウンターの材種はツガ。

この段階ではアンティーク色下塗りをした状態です。

キッチンを取り付けたら2回目の塗りを始めます。

P1050513.jpg

塗った刷毛のあとが残らないオランダの塗料。

艶が出て色っぽいですよ。

工房では扉の3回目の塗装が終わり明日取り付けです。

このカウンターも明日みんなの工事が終わったらワックスをかけます。

娘さんからはヨーロッパの立ち飲み(カウンターバー)みたいと言われているそうです。

ココのキッチンは流し台と火を使う台が分かれている2列型のキッチンです。

広々カウンターで使いやすそうだなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

家電製品の寸法が  

TVやエアコンはよく見ている家電製品なので大きくなったのがわかりますね。

私達のように家を作ったり直したりしている者にはこの寸法の変化が大変なんです。

まず、数年前から洗濯機が大きくなりました。

そうです、あのドラム式って思ったより大きいんです。

小さな洗面所では引戸の開口寸法が50センチくらいなので入らないってことがあります。

購入してからの相談が多いんです。

 それに冷蔵庫も1度大きくなってその後スリムになって、また今大きくなってきています。

今大きくなっているのはエコ基準をクリアする為断熱材や機械自体が大きくなっているのです。

10年前に当時の冷蔵庫に合わせてキッチン内を作ったお宅は、冷蔵庫の買い替え時になってきています。

今回も横・縦の寸法が足りなく吊戸棚の高さカットと棚板のカットを依頼されました。

既製品を後からカットするって思ったより大変なんですよ。

買い替えの必要な電化製品は取り替えることを前提としたスペースのとり方をしたほうがいいですね。

コレは電子レンジ・TVやエアコンにも言えますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

年末のご挨拶に  

今日の午前中に今年のご挨拶とカレンダーを配ってきました。

その中で薪ストーブを設置してくださったお施主様にはお歳暮代わりの木っ端をお届けしました。

使ってみてわかるのですが薪だけでなく乾燥した木の破片がたくさん必要になります。

火がつかないと苦労されている方はこの燃えやすい木っ端がなかったからとも思えます。

木っ端は自社の建築端材だけでなく建具屋さんや家具屋さんにも依頼して集めています。

もちろん大きな薪もプレカット工場に手配していますが、なかなか集まらないですね。

大食いの薪ストーブとの付き合いは始ったばかり。

それにしても当社の薪ストーブより藤枝・善左衛門の家の薪ストーブは匂いませんね。

羨ましいです。

家に帰るとほんのり服に染み付いた木の焼けた匂いを感じています。

先日の薪ストーブフェアでも購入予定のお客様がおり、

このお施主様のお友達もご検討してくださるとか。

何とか仲間を増やしていきたいですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

塗り壁の家 ②  

今度は外部です。

塗り壁は光の変化がわかりやすくとても味わいがありますね。

市場はサイディング一辺倒ですので塗り壁は少数派です。

昔からリシン書き落としやリシン吹きつけ(コレは塗装仕上げかな?)があり渋いですね。

今の外壁の塗り壁には撥水材を混ぜ、素材そのものも汚れにくくなり

明るい家=白い家が急に増えました。

当社でもやっています。

P1000534.jpg

しかし庇のない家でやったらと思うと少し怖いものがあります。

まだ出始めですが、ガラス繊維の撥水材と言うものが出てきました。

汚れがつきにくいものでとてもいいものですが高価です。(通常の撥水剤との違いは見ています)

私も今度採用してみたいのですが、白い家を望まれた方はココまでお財布と相談してね。


そして塗り壁の最大の問題のひび割れは下地にあります。

家全体の強度はもちろんですが下地材にナニを使うかです。

合板の上に直接塗ってしまうのはそのものの伸びや反りをダイレクトに拾ってしまいますね。

当社では外張り断熱に塗り方法と

松村邸 C59

塗り壁専用サイディングに塗る方法

P1020736.jpg

といろいろな条件を考えて採用しています。

詳しくは内緒ですが、地震と台風とも無害でした。

手間はかかりますが家=財産ですのでしっかりとしたものを作っています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

塗り壁 ①  

ここ数年塗り壁が流行っていますね。

内部も外部も。

内部は珪藻土や漆喰調のものが多いかな。

当社では珪藻土に貝殻の粉末を混ぜたものを塗っています。

何でも批判する人は、珪藻土といっても樹脂が混ざっていてホンモノの土壁ではないと言う人もいます。

漆喰こそが正しい塗り壁と言われたこともあります

しかしそれは塗り壁の欠点であるひび割れ防止の接合材料で、日常生活では全く問題無い。

火事が起こったときに樹脂が燃えカラダに悪いと言われますが、

その時はもうそんな事言っている状況ではないでしょう。(もちろん認定は取れてます)

それよりも塗りやすく、価格も下がって普及していった方がより良いんではないかな。


ココでリフォームで施工したものをご紹介します。

P1010642.jpg

ピアノの先生の客間です。

この時は既存のクロスの上から塗りました。

下地を調整し壁・天井とも珪藻土を塗りました。

湿気を取るのはもちろんですが、先生曰く『音の響きが全然違う』とのこと。

旦那さんと私はポカンとしていましたが、響きに色気があるかなーとは感じました。

色調もとても柔らかく心地良い空間になりました。


P1020103.jpg

塗り壁はどうしても物がぶつかったりこすれて下部が汚れやすいのが特徴です。

このように腰壁を張って保護するのがいいのですがお金がねー・・・。

大きな部屋より玄関や通路がよくこすります。

P1020279.jpg

施工する場所を検討していきたいですね。


あと、物によりますが簡単に補修できる素材を選ばれた方がいいでしょう。

部分的には同じ材料を塗ればいいのですが、大きな面では注意が必要です。

塗り壁の上からそのままローラーで塗るとあとで気泡がポツポツと出てきますよ。

珪藻土は空気の穴の塊です。

あとからの空気の穴はあまりきれいではないですね。

1度シーラーという目止め材を塗ってから施工するのが本当です。

それと塗り壁は補修があるものと考えて標準色の中から選ぶ方がいいですね。

きれいな色を標準色としてそろえてあると思います。

その家ならではのオリジナル色を作ったらもうあわせて作るのは無理でしょう。

オリジナルを強調したりメンテナンスを簡単と言う会社にはしっかりと聞いたほうがいいですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

天井高  

今まで出来るだけ天井高を高くとってきました。

写真で見ると天井高の低い空間がなんだかカッコイイのですが、あえて低くすることもないという思いと

低くするって定尺の下地を切って排気するのでもったいないという想いが強かった。

下地のボードは1820mmなので1820+1820/3の2426mmを基準とするか

2階の梁下いっぱいに取れる2550前後の高さを提案してきました。


自分は背が高いため2550mmくらいがいいと感じていましたが

今取り組んでいる線を消すデザインを検討すると、サッシの最高寸法の2230もいいかなと感じ始めています。

高さは統一とメリハリのバランスを考えてバランスよくを第一に考えます。

統一だけでは何かキチットしすぎるのが息苦しく感じます。

コレにはサッシだけでなくドアや下がり壁やカウンターまでトータルで見るといいですね。

コレって崩しの感覚です。


そんなの当たり前にやってるよという設計者は多いと思いますが

実際窓高とドア高が合っている位じゃないですか?。



当社はこの頃部分的にあえて天井高を低くすることもあります。

その時は照明器具のことをものすごく考えて提案しています。

色・素材のことも合わせて高さのことを一緒に考えましょう。

もちろん余分なコストアップだけは避けたいものですね。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

材木問屋の展示会  

今日由比や沼津に行く用があったのでついでに寄って見ました。

まあお付き合いと言うのもありましたがアラウーノや玄関ドアホンが安くなっていましたので

その購入もありました。

12時半に到着したらもう食事処はどこも完了。

唯一やっていたヤキソバで昼飯。

111206_1258~01

いつもみることはない丸太の太鼓梁も特価で出ていましたよ。

コレは以前の現場でも使っています。

111206_1254~01

この大寸の大黒柱も以前使っていますが(30cm角)もう出るのも少ないでしょう。

先ほどの丸太も大寸の柱もデザインとして使いましたが、それが当社らしさですね。

帰りは看板屋さんが正月用の工務店ながらの絵を描いていました。

111206_1300~02

下地によく使う赤松材を並べ富士山や干支の辰を描いています。


コレこそ昔ながらの工務店や大工さんの風物詩ですね。

建材屋さんと材木屋さんとの違いはこういう所にありますね。

懐が深いというかのんびりしてるというか・・・ほのぼのとした社風があります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

間接照明 ②  

こちらは天井高を上げ其処に設置した高窓の光を取り入れたデザインと夜の灯りを考えました。

P1040499.jpg

天井をこげ茶にしたかったのと空間に変化を付けたかった。

それに天井真っ直ぐ伸ばしたら窓が小さくなってしますのがお分かりですか。

昼間は窓からの光が十分入りコレで夜まで照明は要りません。

P1040518.jpg

こうやってエッジを効かせたデザインのほうがスッキリと感じます。

この奥に一番安価な長い蛍光灯を入れて入れていますので器具は見えてきません。

しかしこの安価な蛍光灯の器具も省エネ対応で倍の価格になってきています。

P1040517.jpg

写真の関係でこんな黄色い光になっていますが肉眼では普通の昼白灯です。

もっと白っぽくしたり電球色にするのも蛍光灯を変えるだけでOKです。

この頃間接照明を多用するのも中国出張でここまでやってもくどくないなと体感してきたからです。

中国ではやりすぎた間接照明とそれが豪華であると思っているデザインセンスに息苦しさを覚えました。

その中で、モダンなアメリカと日本のデザインを取り入れたところがあり気持ちよく時間を過ごしました。

間接照明を取り入れたかったときと合わさっていろいろなものを体感してきました。

しかし高価になることは避けたデザインにし数も限定しています。

1軒で何部屋もというのはやりすぎです。

またタンスの奥にするのも効果的です。

素材と色に注意して取りいれていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

間接照明 ①  

天井にデンと取り付けるシーリング照明のほかに

この頃ダウンライトが多いですね。

そしてこの間接照明(建築化照明ともいう)があります。

デザインで最初から取り入れようというものや、下地の都合で段差が出来るのを

デザインに取り込もうという狙いもあります。

_DSC7259.jpg

コレは照明が見えますが壁付きのものを天井面に光を当て全体をホワッと見せるときに使います。

天井を照らすって思ったより明るいですよ。

_DSC7287.jpg

ココは寝室の照明です。

TVの上に組み込んでありTV画面に映らないのでとても落ち着きます。

ココはある理由からこのようなデザインとしました。

P1040766.jpg

お分かりですか?。

母屋と以前増築したとこのジョイント部分が庇があり天井面がとても低いのです。

コレを見た瞬間しめしめと思いこうしたいと提案しました。

いろいろな解決方法があると思いますがコレもありでしょ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

事務所の灯り  

事務所の照明をお話いたします。

基本はダウンライトの電球色(蛍光灯)の灯りです。

2メートル間隔くらいの数で少し暗いかなという感じです。

もしもう少し明るくしたかったら蛍光灯を15Wから25Wに変えればいいのです。

住宅等で玄関や廊下でダウンライトを使うとすると、すぐに照度が上がる電球がいいのですが

新しいカタログでは電球のダウンライトがもう無くなっています。

LEDや蛍光灯ではすぐ付き、すぐ明るくなることはないので残してくれても良かったなー。

ご時勢で省エネと言うのはわかりますがセンサーで付けるときは電球がいいな。

P1050477.jpg

それと壁に付くブラケット照明はとても感じがいいですね。

廊下や玄関の正面壁を照らすと奥行きが感じられます。

P1050475.jpg

ワーズワースの庭の1カットみたいですね。

住宅でも取り入れると雰囲気がガラッと変わります。

玄関も壁と天井に両方付けると明るいですね。

P1050478.jpg

この頃天井に小さな照明が1個だけ付いている家がありますが、少しくらい感じがします。

シンプルな照明でいいので両方つけるといいですよ。

私はまだLEDっを使ったことがないのですが、長く使う屋外ならいいですね。

昨日お客様と話をしたときに周波数が嫌うのか虫が寄ってこないと言われていました。

室内に使うにはまだ光線が直線過ぎて目が疲れてしまうと言われています。


2月に行った小樽のランプの灯りに見せられて、明るいだけじゃない光のよさを楽しんでいきましょう。

今度は間接照明や天井を照らすブラケットの話をしますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

むっ、煙ったい・・  

明日の薪ストーブフェア用の薪ストーブの操作手順のパネルを作るため順序だてて写真を撮っていきました。

P1050464.jpg

まず焚付け用の木を敷き着火剤で点火。

15分位したら十分火が廻り(扉を半開け状態にして)おきが出来たら薪をくべます。

P1050467.jpg

おやっ?、今日は何か煙ったいなー。

のども痛くなってきた。

明日の薪ストーブフェアー大丈夫かな。

おやおや、火も消えてきたぞー。

P1050471.jpg

お祝いに来て頂いたカルチャーのベッピン坂本先生が妻と話をしているのに申し訳ないなーとよく観たら

なんと空気の流入がストップになっていました。

昨日お客様がお見えになったとき、吸気の吸気口を開けたり閉めたりしていたんだっけ。(だっけは静岡弁)

今日そのままやっていたんでした。

わかって吸気口を全開にしたら1発でOK。

まだまだ初心者だったんだなー。

知ったかぶりしないで明日はお話しますので、是非ご来場ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ようやく完成  

たった今アイアンの取り付けが終わりました。

メッキをし塗装をかけて取り付け完成。

P1050456.jpg

5時に来ると約束して5時5分に着き、本人が『時間通りに来るなんてキセキだ』と自慢していましたが

当たり前なんだよなー。

夜だけど帽子をかぶっているティビさん。

そうお洒落なんだよね。

P1050457.jpg

こんな感じになりました。

剣の先が少しきついんだよね。

でも取っ手の剣先の

P1050458.jpg

ココは優しいんだよね。

終わったら次の仕事の打ち合わせをして(2件分)終了。

枯れはコレで今年度分の受注は終了だそうです。

看板の文字といい工務店らしくない雰囲気です。

そうです当社は施工もする設計事務所なんですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

スッキリと見せる  

家の細部の納まり方について少し話をしたいと思います。

今回の雑誌の取材でカメラマンさんも気が付き1ショットおさめておいてくれました。

何回かココにUPした入り巾木。

普通壁より出っ張るのに引っ込める技。

_DSC7338.jpg

ただコレだけですが手間がかかりやる人が少ないです。

もしくは床と壁を施工してから張るものと思っている若い大工さんもいます。

作業効率重視のハウスメーカーさんではまず採用しないでしょう。

P1040983.jpg

足元がスッキリと見えませんか?。


この頃の雑誌に載る若い設計士には巾木がない家が見受けられますが

それこそ写真では素敵ですが、生活したら掃除機が当たりすぐに汚れます。

家は長く生活していくものです。

写真写りが良いものばかりではいけませんね。





category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー