FC2ブログ

casaニュース

ようやく看板が出来ました  

扉やフェンスに張るプレートがようやくできました。

色はパールホワイトでとてもきれいな色です。

P1050451.jpg

まず位置を決め貼り付け用の下書き紙を張り、板金に印を付けていきます。

P1050452.jpg

まずは横のフェンスから。

上に貼ったのは通常車を止めるので上部のほうが文字が見るので。

P1050453.jpg

設計部門はスタジオカーサ1級建築士事務所からアトリエカーサに変更。

さあ正面です。

P1050455.jpg

どうです、何をやっている会社かわからないでしょ?。

ちょっと美容院っぽいかな。

通常は扉を開けていますのでこう見えます。

P1050454.jpg

みんなじろじろ覗いて行きますがコレでもまだわからないですね。

1級建築士事務所の看板がありますのでコレを目指してきてください。

下地がカクカクでプレートが光ってステンレスっぽく見えますので箱文字っぽくきれいに見えますよ。

コレでアイアンが付けば完成です。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

古民家再生プロジェクト ⑤  

さて最後のページです。

外回りは耐震補強で施工したところ意外はそのままです。

玄関周りと、今回写真をとっていない裏側のみ直しました。

110318_studio_casa_001.jpg

玄関のこの長い梁はお母さんのご実家から送られた15メートルもあるものです。

ご近所中の若い衆が担いで、田んぼを横切って運んだ思い出のものです。

_DSC7377.jpg

玄関周りを黒い色でしめて、床にはスロープを付け、際には白い砂利を撒きました。

その上に置いた鉢はより一層映えます。

掃き出しのリビングの窓には縁側を設置しここでも外と中の間を作っています。

_DSC7278.jpg

玄関からリビングへ直接入れる引戸も以前使用されていた障子を利用しました。

コレで薪ストーブを家の中心に添えたリノヴェーションは完成。

TVのビフォー・アフターだったら『なんということでしょう・・・』というフレーズが聞こえてきそうですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

古民家再生プロジェクト ④  

何も梁や柱を見せるだけが古民家再生ではありません。

プライベートルームなどはモダンにすっきりとしたいものです。

何事もやりすぎてはいけませんね。

_DSC7287.jpg

母屋とのジョイントで低い天井も間接照明でお洒落な空間に。

ここにはやわらかさはありますが、古さはありません。

_DSC7348.jpg

水周りもすっきりとしています。

奥から見たらこんな風になっているのかなんてわかりませんね。

そして物置もこんな風になりました。

土間と裏庭を眺める空間です。

ここは緑を見ながらお茶をしながらのんびりと読書を楽しむところです。

_DSC7282.jpg

今までも緑に囲まれていたお宅でしたが、中と外を繋げる事をしていなかったために

外に出ないと緑を楽しむことが出来ませんでした。

お年を召されたご両親はコレなら家の中からたっぷりと楽しめそうですね。




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

古民家再生プロジェクト ③  

天井高が高く広かったけど土間に物を置いてしまう農家玄関を裏に出口を設けることでお洒落に。

110318_studio_casa_012.jpg

天井裏の調査もここから登ったんですよ。

_DSC7362.jpg

建具は隣の出入り口のものをそのまま使用しました。

ステンレスのレールをつけて指1本で簡単に動きます。

ガタガタと動かなかったのがウソのようです。

そして外側に網戸をつけて風通しの良い玄関になりました。

_DSC7368.jpg

縦格子の引戸が美しく空間を締めています。

段差・タイルの奥行きもギリギリまで検討し空間のバランスの調和を考えました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

古民家再生プロジェクト ②  

そして段差の多かったメイン通路です。

110318_studio_casa_006.jpg

収納場所を別に確保しバリアフリーとし、天井も取り外し立体的にデザインしたらこうなりました。

_DSC7421.jpg

お施主様待望の薪ストーブを設置し梁と上手く馴染む空間にしました。

横にある簾戸は倉庫に閉まってあるものを手直し・加工して再利用。

_DSC7424.jpg
奥に見えるのはキッチン。

こちらは以前増築されたもので、以前は完全に分離していましたがここを上手く繋げるのが

今回のリフォームの見えない難所でした。

雨漏りとジョイント部の庇により天井が低くなりましたが、逆にデザインに取り込み

メリハリをつけました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

古民家再生プロジェクト完成 ①  

打ち合わせの始まりはちょうど1年前のこのころ。

大きな古民家でしたがとても寒かったのを思い出します。

現地調査し、プラン・概算見積りを提出し大体OKとのことで実施設計や本見積りを提出し

震災後に着工。

材料集めに苦労したのを思い出します。

110318_studio_casa_003.jpg
この客間がこう変わりました。

_DSC7259.jpg

そしてその反対方向は

_DSC7270.jpg

どうです、わかりますか?。

骨組みはもちろん生かしている場所もなんとなくわかりますよね。

そうです、天井裏にはこんな立派な梁が隠れていたんですよ。

そして曇りガラスで外が見えなかった出入り口も庭がよく見えるようにしました。

仕上材も無垢材をふんだんに使用しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

アイアンの取り付け  

事務所の扉の装飾アイアンが今朝取り付きました。

とはいってもまだ仮付けの状態。

雑誌の掲載写真の締め切りと、事務所移転のご案内のハガキに載せて送るために

とりあえずつけたというところです。

P1050448.jpg


明日取り外しメッキ屋さんに出し、そして塗装で仕上がります。

12月3・4の薪ストーブフェアには間に合いますのでお楽しみにしてください。

既製品ではないのでまだアイアンを削った後がはっきりとしています。

手作りの味わいをお楽しみにしてね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

カレンダー  

今年もカレンダーが届きました。

事務所が移転した為に電話番号の取得がギリギリまで確定せず締め切りギリギリの発注でした。

P1050447.jpg

こんなシンプルな数字だけのカレンダーですが紙質もよく数字のバランスがいいんです。

あえてこのシンプルなものにこだわって選んでいるんですよ。

今週から配り始めますのでお待ちください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

写真を整理していましたら  

写真を整理していましたら、新潟への出張のものがありまとめましたのでもう1度お見せいたします。

P1050221.jpg

まあ今回はこの薪ストーブの勉強のために行きましたので会社で使用しているもの意外をUPします。

この縦型のストーブは都会的なデザインでかっこいいですね。

熱容量も大きく50坪以上の容量があります。

でも高価だよ。

お子様にはこの安全ネットがあるし、後ろの黒い反射板を使えばタイル工事がなくなりコストが下がります。

しかしタイルはコストで語るのではなく、全体の見た感じで決めましょう。

P1050244.jpg

この上部が大きなアクアタイプ。

P1050245.jpg
後ろが少し不恰好ですが給水・床暖房・パネル配管が付いています。

薪ストーブで温めたお湯を床暖房にしたり、遠くの部屋に温水パネルを設置してそこまでもって行き

遠くの部屋までピンポイントで温める機能付き。

やはり高価。


薪ストーブを上手く使うコツは燃料である薪をちびちび使わない。

しっかりと燃やすと本当に家中暖かい。

P1050242.jpg

そしてコレが今度先輩の家に提案しようとしている部屋。

男も50過ぎるとこういう雰囲気もいいんですよ。

枯れたのではなくレオンじゃないけれどモテるオヤジはコクまろセクシーだぜ。

P1050298.jpg

床板を風通りよく並べ

P1050306.jpg

高温乾燥釜に入れ含水率を5パーセントまで落とします。

P1050297.jpg

コレが釜の内部でこの中で3日間かけて乾燥させます。

ヤニやすすで真っ黒くこびりついていますね。

機械乾燥には低温乾燥と高温乾燥がありますが、木のゆがみ・反りを考えると私は高温派。

P1050300.jpg

加工・仕上げサンダーをかけて製品になります。

P1050305.jpg

コレは杉の柱でコレだけ水分を抜きましたと言う実験。

低温乾燥だと中まで水分が抜けないので水の量はこの半分ですね。

P1050309.jpg
P1050308.jpg
コレが削った各機械からおがくずを送られ圧縮加工したブリケットです。

確かに火力が強いですね。


ほんの1部でしたが自分でしっかりとフィルターを通したものをご提供していきます。

無垢フローリングもあれが高い・コレが安いと価格ばかり言うのではなく

含水率や数年後の色の変わり方や馴染み方を話そうではありませんか。

そんなに値段は変わらないのだから。

特に合板フロアーが値上がりしてきた今(合板の世界的価格が上昇)材料はそんなに差がありませんよ。

確かに施工費用は変わりますがそれ以上の価値はあるのですから。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

事務所です  

今日の仕事終わりにUPしています。

コレが私の机から見える事務所です。

P1050427.jpg
ここは打ち合わせスペース。

入口にガラスを大きくとってありますので開放感があるが少し寒いかな。

で、こちらが事務所の象徴になっている薪ストーブ。

P1050428.jpg

本当に皆さん集まって来ますね。

もちろん暖を取るという目的から思い切って採用しましたがそれ以上の効果があります。

まず私が楽しいし、空間のへそになっています。

ここはスペースを広くとってあり、今後はカルチャーイベントも計画しています。

なんといってもゆったりとしたスペースが癒しですね。

先ほどまで娘達がスケート遊びをしており、広いというのは子供達もウキウキしますね。

光量も明るすぎない大きさで設定していますので疲れません。


 お気に入りのロッドスチュアートの『グレートアメリカンソングブック』を聞きながら

明日の準備をしています。

ここにいると珈琲の量が増えてしまいますねー。

妻は、『ここはムードがあるから誰か口説けるよ』とからかいながら帰っていきました。

P1050430.jpg

そしてコレが工事途中の玄関。

後もう少しで終わりますが、それがいつになるのか職人さんをつついているところです。

ロートアイアンで装飾をして外扉に切り文字で社名を入れます。

12月3・4のお披露目には完成しています。

住宅にそのまま仕える色使いで私に心地よい空間です。

看板屋さんからは「休みの日もここでCDを聞いてくつろげますね」と言われましたが

私は休みはアグレッシブに行動したいので仕事を楽しむ空間でOKです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日は娘達の音楽会  

小学校の音楽会に始めて参加してきました。

主任児童委員という事で学校行事には出来るだけ参加しようと仕事の調整をしていきました。

行ったら民生委員のメンバーと打ち合わせや会合の調整をひそひそ声ではじめ、

短い時間を有効に使ってきました。

P1050409.jpg

寒い体育館でまずは全員の景気づけと鑑賞マナーの注意。

1年生の出し物の時はそのひそひそ声の打ち合わせ中で写真を取れませんでしたが元気いっぱいでした。

P1050410.jpg
3年生は魔法の国がテーマでハリーポッターとディズニーをやってました。

1番楽しい出し物でしたよ。

P1050412.jpg
5年生はいろいろなイベントに参加しており本格的な出し物です。

長女もこの中で得意な音楽を楽しく演奏していました。

P1050411.jpg

歌はカラダを揺らして感情を込めて歌い、

P1050415.jpg

P1050416.jpg
アコーディオンとオルガン演奏も良かったよ。

でも目があったらにらんでおりました。

P1050414.jpg

ここで休憩を挟み先生達の寸劇とコーラス。

P1050418.jpg

若手だけのよくわからない物と『世界に1つだけの花』を歌う。

P1050420.jpg

コレは2年生の演目。

背の小さな次女は真ん中で頑張っていました。

P1050422.jpg

楽器もピアニカをやっています。

P1050424.jpg

4年生と

P1050426.jpg

6年生です。

演奏を見て1番良かったのが3年生のもので

上手だったのが5年生かな。

先生のテーマ決めが大切で、ザ・ブームの『風になりたい』とかのワールドミュージックなんかあったら

盛り上がって良かったなーと思いました。

P1050425.jpg

撮影のために最前列は朝早くからの席取りがあったそうです。

子供達は全力投球できたかな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

和洋折中のお庭ですが  

こちらのお宅は家の裏に広い庭と畑があり、このスペースの真ん中に納屋があり

観る・遊ぶ庭としての要求を満たしておりませんでした。

それでまず物置を隅に作り直し、内容も物置と農機具置きと鳥小屋と2階のフリースペースにしました。

コレは後に映る白い建物でランタン風の照明が色っぽいですよ。

P1030515.jpg

この時は物置を作り終えガーデニングが始っておりました。

しかしスペースが出来るとあれこれこうしたい欲求が出てきます。

そして和風庭園好みのご主人様と、洋風好みの奥様のご意見をミックスさせるというプランが始りました。

P1060051.jpg

まず物置までのアプローチを和風の砂利洗い出しとして作りました。

柔らかくカーブさせ途中に石を置きメリハリをつけます。

この向って右側を和風にしました。

P1060042.jpg

もともとの樹木を生かしサビ石で見切り白砂利で水を表す。

奥の縦格子で決まりを作り鉢を上手く並べる。

どうですか、和に見えるでしょ。


P1060038.jpg

こちらは洋風のテラスです。

日当たりもよく冬でもここで遊んでられます。


床はアーモンド色のタイルを敷き南フランス風を考えています。

P1060039.jpg

モザイク自然石の足洗い場の裏は流し台を設置しています。

靴や泥のついた野菜を洗いますが視線的には隠れており雰囲気を損ないません。

P1060060.jpg

さてこの建物はなんでしょう?。

外での活動が多いこのお宅ならではのもので外トイレなんです。

案外かわいいでしょ。

今ならドアも木製で作りますが、当時はティビさんとはお付き合いがありませんでしたので

アルミ製玄関ドアを取り付けました。

物々しく見えますがもうここでは馴染んでおりよく使われるヒット空間です。

今では設置に反対されていたご主人もよく使われております。

もう2年が経ち芝生やバラの木が生い茂りもっときれいになっています。

季節ごとの花々を世話をする楽しみが羨ましい暮らしをされています。

そうです、庭を造ったのではなく暮らしに取り入れなければもったいないですよ。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

お庭の工事です  

OB施主様からご紹介していただきましたテラス工事です。

隣地がガラッと空き、大きなテラスドアも常にブラインドを閉めなければ丸見えになってしまうとのこと。

イメージは都会っぽくまとめメンテナンスも楽にできる庭。

そして視線をさえぎるが閉鎖感はしないということ。

そんなで自然素材は床に敷いた石のみ。(事務所の床と同じ物です)

アルミ製のテラス材料とポリカーボネイドで色をまとめコーディネイト。

ナチュラルなものも出来ますがお手入れを考慮して今回はコレ。

P1030356.jpg

見た目もそうなんですがここは物干し場にしたいといっていた場所。

屋根をかけて囲いますが、自然石とマッチしてるでしょ。

P1040638.jpg

P1030357.jpg

敷地境界面はこんな感じでした。

P1040637.jpg

上下に隙間を明け風を通しながら視線だけ半透明な素材で仕切っています。

足元は土のスペースを空けておきこれから植栽に入ります。

P1030354.jpg

コの字型に在ったスペースは配管もそのままで上手く活用されていませんでしたが、

視線を隠しながらフロアーの延長上に使える工夫をすれば室内とのつながりもよくなります。

P1040640.jpg

室内から見たら遠くの足元に光を置くことによりソコまで続く空間になります。

出入り口のサッシ上の照明は物干し用。

室内からは見えません。

リフォームなのでベストな位置とは行きませんがよりよい位置を探します。



このテラスは緑色の植栽やいろいろな花が植えられたらもっときれいになるでしょう。

今度は夜景や植栽後を写真にとって来ますね。

今回使った色はシルバーとアクリルの乳白色と自然石の色だけ。

ベージュミックスの自然石がシルバー色の人工美を柔らかくしてくれていますね。

コレをカチッとしたタイルでやったらまた表情が違うでしょう。

この石は雨が降ったら色が濃くなり、ベージュからグリーンまで変わります。

コレがキチットしたタイルとの違いですね。

明日はキチットしたタイルとバラのお庭をUPします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

歩け歩け大会  

土曜日の雨・風は凄かったですね。

安倍川そばにある会社は風で建物がゆれ、大雨洪水警報で広報車が走り回っていました。

そんな事で日曜日の歩け歩け大会は山道(獣道に近い)を歩く健脚コースは中止で

全員家族コースで行うことになりました。

この時ばかりと山道を歩きたい人たちは残念がっていました。

杖をつくりアスレチックに近い健脚コースはたくさんで歩き・救護班もいてとても楽しめるそうです。

今はスズメバチや猪が出て個人では少し危険みたいですね。

 そんなで朝7時半過ぎに集合。

材料きざみ班と会場設置班と分かれてスタート。

私は釜やボンベをトラックに積み設置班で清水山に向いました。

鍋に水を入れお湯を沸かし始めました。(お湯になるまで1時間以上かかります)

しばらくして豚汁を作る係と歩き係に別れ、私は娘達が参加するので歩く方に。

車で山頂から集合場所の公園まで送ってもらい、ここから交通整理やスピード調整をしながら歩きました。

途中で無人販売のみかんを購入し休憩しながら運動公園まで行き、ここから山道へ入ります。

P1050401.jpg

こういうときでないと2時間も歩くことはありませんね。

5町内会に別れ登っていきます。

ここから山頂まで30分の坂道。

P1050402.jpg

やっと着きましたら山頂ではあゆみの会がおでんを配っています。

P1050403.jpg

こちらは自衛団の豚汁。

350人前の分量で作り初めて少し足りないかなってことで水で薄めて量を増やしたそうです。

子供達もおかわりして家で食べる以上によく食べます。

P1050405.jpg

その他ビールとジュース、子供にはお菓子まで配ります。

P1050404.jpg

境内に散らばり腹いっぱいになるまで食べてます。

豚汁もおでんも完売。

片付け清掃も終わり公民館で食器を洗い終了。

楽しい秋のひと時でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

住宅エコポイントの復活で  

今朝復活した住宅エコポイントのことで事務局へ電話をして見ました。

土日も質問受け付けるなんて公共機関にしてはビックリですね。

前回とほとんど同じ内容ですが、新たに耐震補強工事という項目があり、

今検討されているお施主様にと思いTELしました。

まだ国会を通っておらず正式決定ではありませんが内容はTOKAI 0と同じ。

昭和56年3月31日以前の建物で、現況の耐震基準に満たないものが対象だそうです。

そんな事いったらほとんどの住宅に当てはまりますが、県の補助と合わせれば大きいですよ。

具体的な金額だと60万~75万円も出せるんです。

コレにはもちろん診断・設計・申請をして、そして省エネ工事をやって始めて使えるのですが、

当社の客様たちにはペアガラス工事を提案しています。

全ての窓ではなくよくいる部屋、寝室、浴室など1部でもOK。


 もうすぐ寒い冬が始ります。

ペアガラスと併用したエコポイント工事をご検討されてみてはいかがですか?。


ちなみに当社では屋根を軽くすると耐震状態がどう変わるかも計算・診断しています。

軽くなって安心という言葉・感覚ではなく数値で納得されることをおススメしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日は展示会  

建材問屋の展示会に行ってきました。

とはいってもお施主さんとの打ち合わせが終わりそこから数分の距離と言うことで顔を出す程度。

特にナニをということではなかったが、ここで発注すると彼らのポイントになり

本社に対して顔が立つという事を知り、たった今決まったキッチンやトイレを発注。

それにバーベキューやくじ引きをさせてもらいちょっとしたランチ。

写真を撮るのを忘れましたがとてもいいお肉をいただきこれだけでもラッキー。

くじ引きはいつもの1番上のものをそのまま取り渡すとなんと1等賞。

景品はドライヤー。(多分5000円以上のもの)

雨が強くなってきましたのでころあいを見て退散。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

マイベストプロのセミナー  

昨日は夕方にSBSでマイベストプロの運営セミナーに参加しました。

といっても夕方静岡市内物凄い渋滞に会って遅れましたが。

司会は國本アナでやはりしゃべりのプロは上手ですね。

なんとなくお話をいただいて参加したマイベストプロですがお話を聞いてもっと積極的に取り組まなければ

もったいないですね。

せっかく当社を知っていただくものですので発信という事をやらなければと反省。

元々淡白と言うか粘りがない性格なのでお会いできれば幸いと言う気持ちでしたが、

お会いしたい・もっと知り合いたいの気持ちを持たなければいけませんね。

このブログやマイベストプロのコラムをもっとUPしていきますね。

で、セミナー後の懇親会。

知っている人がいなく他業種の方ばかり。

どうしようかなと思っているときにたて続きに仕事の電話がありこれが潮時かなと思いすぐ退散。

おいしそうなお料理は手が出せず残念。

しかしこういうとき何の躊躇もせず入っていける方を尊敬します。

特に女性は話の入り方が上手ですね。

おっさん達はうれしそうに自分をよりよく見せる為にかっこつけているのがミエミエでしたが

それが出来る人は素晴らしいことです。

それに比べ構えてしまう自分に嫌気を感じた瞬間でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

事務所の看板  

看板やさんと相談しプレート切抜きで発注しました。

いつも室内で使うのはパールホワイト色。

他ではあまり使わないとのことで取り寄せになりますがいい色なんです。

白とはちょっと違い味わいがある。

P1050400.jpg

文字数が決まったら定尺版にロスが出ないように配置。

こんな風に割付後はカットします。

お値段はカット代が一番高価。

でも面白い看板になりますよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブの煙突を延ばしましたら・・・  

どうも薪を燃やした匂いがすると感じて(鼻がいいので)メーカーと相談して煙突を延ばしました。

設置する時にケチって短くしたのがいけませんでした。

煙突を長くすると煙突内で十分な上昇気流が発生し燃焼がよくなります。

最低でも4.5メートル必要だそうです。

P1050399.jpg

煙が出るのは最初の炊きつけの時。

後はキレイなものですよ。

ただストーブ本体よりこの二重断熱煙突の方が2倍も高いので躊躇してしまいました。

これからお施主様に提案する時には自信を持って自分の経験も含め提案できますね。


今室内は煙った匂いはほとんどありません。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブ生活を始めて  

少し早いが薪ストーブを入れて試運転してきました。

妻からは高価なおもちゃと言われていますがその通り。

最初の導入から必要なグッズや煙突の長さの追加など体験と研修で解ったことを踏まえ揃えてきました。

P1050394.jpg

まずは薪。

写真は檜の柱の切れ端とメーカーが推奨しているブリケット。

柱の大きさの木材は火持ちが良いが炎を見ていると炭の塊に見えてキレイではない。

もう半分に割って使おうと思います。

ブリケットはおがくずの固めたもので火力は強く燃えた赤い断面がキレイですが

保管中の木くずがボロボロと散らかります。

 P1050395.jpg

こちらはほおき・スコップ・火掻棒の3点セットです。

これは1番使いますね。・・・と言うことは楽しいツールです。

P1050396.jpg

こちらは焚きつけ用の木を入れるブリキのバケツと消火器と加湿器です。

こんなバケツがあるととても便利です。

ストーブは乾燥しますので近くに加湿器を置き上昇気流に乗せ乾燥を防ぎます。

P1050397.jpg

ひだりにあるのが木材を入れるものです。

アイアンと皮製のものでこれは見せる為のツールです。

ブリケットのビニールがいただけませんね。

P1050398.jpg

そしてこれが大切なシーリングファンです。

これで暖かい空気を攪拌します。

もちろん今は冬モード。(夏・冬切り替え付きのものです)

もちろん暖かいのは言うまでもありませんが来る方みんなコレにつられます。

どのお宅にもあるエアコンと違い珍しさと火につられるんでしょうね。

欠点はどうも木を焼いた匂いがして、洋服にも付いてしまいます。

室内でも感じますが家に帰ったときほんわりと香ります。

これは煙突を延ばし延焼をよくすれば言いかと思いますが、この香りがいいと言う人もいます。

まだ始めたばかりの新人ですが楽しみながら始めています。


12月と1月にお披露目も兼ねて薪ストーブフェアを開催したいと思います。

もうすぐご連絡させていただけると思いますのでお気軽にお寄りください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロの写真  

先日取材をした藤枝・善左衛門の家のデータをいただきました。

発売は半年以上も先です。

私が撮ったものとは違いますね。

_DSC7259.jpg

グッと濃い感じですね。

もう1社の写真とも違うと思います。

まずは1枚だけUPします。

こんな家づくりをしてるんですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ふれあい祭り  

先週の土日にふれあい祭りというのに参加しました。

町内会の役員や民生委員のみんなが設営や運営を行い無事終わりました。

何回か会合をして土曜日に設営をして日曜に開催。

P1050370.jpg
P1050371.jpg

初めての参加で偉そうに言うのもなんですが、市の職員がやってるぞと言うのをアピールする場かな。

参加するのは幼稚園から中学校の生徒の父兄のみ。

他の人は誰も参加しないぞ。

P1050372.jpg

消防団も参加してます。

P1050375.jpg
次女は消臭剤つくりをしてます。

P1050377.jpg

P1050378.jpg
トランポリンも参加してました。

妻の友達も楽しそうにやってましたよ。

P1050374.jpg
P1050376.jpg

内部ではいろいろな組合の青年部が参加していました。

私は射的の係で子供達相手で1日やってました。

クタクタで疲れた1日でした。

来年は開催を考えて欲しいな。

テントの設営も町内会役員や民生委員ってみんな70代がほとんど。

人数集まっても厳しいんだよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もうすぐ終わり・・・・かな?  

まだやってんのかいって感じですがまだなんです。

今日ようやく扉の取っ手をつけました。

P1050364.jpg
アイアンのオリジナルデザイン。

メッキをかけて塗装してつけました。

今日はその他のロートアイアンの装飾もできる予定でしたがこれだけでした。

完成は来週の中ごろと言っていましたがお披露目もありますので早く出来ないと困ります。

そしてストーブも煙突を2メートル追加発注しました。

煙の上昇気流が足りないと判断してのこと。

お金が次から次へと飛んでいってしまいます。

でももうすぐですよ。・・・・ホンマかいな。

ちなみに片付けはまだ出来ていません。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

来年の組長の仕事  

来年組長が当たるということで今年の組長さんと遠州秋葉神社へご祈祷に行ってきました。

片道2時間の距離。

途中で秋野不矩美術館の看板が見えたので今度子供達と行ってみよー。

絵もそうですがあの土壁の建物に長女は感じるものがありそうだね。

そうしているうちに付きました。

P1050360.jpg

車をここに止めここから徒歩で階段を延々登ります。

いい加減つかれたところで本宮に到着。

ここで御払いをしてもらいお札をもらって終わり。

P1050361.jpg

太い木がたくさんあり霧もかかって心が清められる雰囲気です。


しかし郵送してくれるシステムもあるのでそうして欲しいな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

我が社も薪ストーブデビュー  

今日は少し温度が下がったので我が社のストーブに火を入れました。

思ったより煙の匂いがします。

何かよくないなと思いメーカーに確認したところ、煙突の塗料やグリースが焼ける匂いだと。

先日着火したO様宅ではこんな匂いはしなかったが・・・。

P1050357.jpg

もう少し太い薪を入れてみるか。

内部の温度が250度以上になるのを待って(炎の揺らめきで判断)

太い薪を挿入(薪といっても角材の半端ですが)し、どのくらい持つものかも観てみました。

P1050358.jpg
こうしているうちに手袋や引っかき棒セットや薪を置く皮製のツールが到着。

樹種によって燃える匂いが違いますね。


P1050353.jpg

こちらは昨日取材のO様邸のもの。

火付きもよく炎もよく見えます。

ライターさんが以前軽井沢で住まわれていて、

やはり薪ストーブを使われていてそのときの苦い思い出を話してくれました。

こちらは簡単に火がつき調整も簡単なのを見てビックリされていました。


本当は炎が落ち着きおきが出来たのがいいんですよね。

これから徐々に楽しんでいきますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

雑誌の取材  

2日続けて雑誌の取材を受けました。

1日目は年末発売の静岡新聞社発行の『カーサ・ベッラ』

2日目は来年初夏発売の静岡オンライン発行の『静岡ここで立てたい家』

夜景の撮影と朝の撮影。

カメラの腕と内容はどう違うんだろう。

取材もほとんどライターさんに任せておりました。

P1050350.jpg
こちらがカーサベッラ。

P1050355.jpg
こちらが家建て本。

P1050356.jpg

こんな感じで取材を進めていくんですよ。

夜景の写真は旅館みたいですし、昼間は古民家カフェ。

さあどう違うか楽しみです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

娘の絵  

日曜日は長女の絵を観に県立美術館へ出かけました。

おととしは長女の金賞・去年は次女の銀賞・今年は長女の銀賞。

毎年なので凄さが伝わりませんが、学校を見てみると娘達の学校の生徒はほとんどいない。

藤枝市の小学校も少ないですね。

学校により取り組む温度差があり、子供スイッチを入れるいい機会なのにもったいないですね。

P1050349.jpg

入口横の無料鑑賞するスペースです。

各学年80点くらいの表彰ですね。

駐車場から美術館行くまでの散策路がとても気持ちがいいんです。

P1050347.jpg
指を挿している画伯です。

P1050348.jpg

もっと書き込み我足りないと怒っていた妻。

始めてみて、水彩画なのでこれでも良いかなと思いながら色の濃淡をもう少しつけてあればと思う位。

まあ上手に描けました。


この後昼食をとり最後の大道芸へ。

そのランチはスパーゴでハンバーグ。

幼稚園児が大人と一緒の金額と量ってどうよって感じ。

恐るべし幼稚園児の胃袋。

この後生ジュースとクレープまでたいらげました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薪ストーブの着火式  

 着火式ってオーバーなと思うかもしれませんがワクワクしますよ。

今朝1番で薪ストーブに火を入れ使い方の説明をしました。

P1050344.jpg

私達が用意したのは焚き付け用の木材。

薪は今後入手を考えます。

研修のビデオを見たり扉を開閉したりして様子を見ました。

P1050345.jpg

大画面のガラスから炎がかっこよき見えます。

火が落ち着きおきびになったら、それはまた癒しの空間です。

薪ストーブは確かにお金はかかりますが贅沢なひと時を過ごせます。

今度薪ストーブフェアを開催しますのでご来店お待ちしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

大道芸ワールドカップ  

 昨日は夕方に施工するはずのティビさんが急遽来られなくなったので(いつものこと?)

妻と次女・三女と大道芸を見に行きました。

着いたところが『とびっきり静岡』のTV生中継ブース。

P1050334.jpg
ここではバーバラ村田と言う女性のパフォーマンス。

そしてこの司会者陣。

P1050335.jpg

この女狐にはおじさんファンが多くパフォーマーより多くの写真撮影がありました。

いつもながら凄い力です。

P1050336.jpg

P1050339.jpg
2006年のワールドチャンピオンのハンガリー人。

上手い・早い・凄いの3拍子。

命綱もなくこの高さ。

これで空中で何回転かして相手の肩の上に飛び移る。

これ地面は石でっせ。

凄いもん観た。

お母さんがハンガリー人のティビさんはハンガリー語も話せ、

彼ら曰くギャラがいいんですと。

彼らチャンピオンクラスですと200万。

他のところではありえない話。

P1050340.jpg

P1050341.jpg

彼が次女大うけのRIKIさん。

元ノヴァの英会話講師。

しゃべりと間がいい。

P1050343.jpg

最後皿回しをして終了。

もしかしたらもう1度日曜日に来るかもね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

地元商店街の祭り  

昨日は地元商店街4地域のお祭りでした。

娘の通う幼稚園は火の用心のパレードで参加。

地域行事には必ず参加する幼稚園です。

P1050313.jpg
待っているときはみんなダラダラと遊んでいます。

P1050316.jpg

P1050319.jpg

始ればみんなやる気満々です。

終了後自由解散なのでそのまま商店街をぶらぶらと散策しました。

P1050324.jpg

天狗の大きなお面があったり

P1050326.jpg

風船で動物を作ったり、ヤキソバ・焼き鳥を食べてぶらぶらと。

P1050327.jpg
P1050328.jpg

纏を上げて練り歩いたりと活気のある商店街です。

2時間くらい歩いて帰宅。
静岡の人は買い食いがとても好きなのでかなりの金額を落としていますね。

子供達も自由にお小遣いで手作りゲームをやっていました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー