casaニュース

雨漏りの止め  

今工事中のお宅で雨漏りが発生していて、どうやって雨の侵入を止めるか

一つ一つ可能性をつぶしながら工事を進めていきます。

昔の建物なので下地の造りがどうなっているかもわからず

ましてや防水という観念がなく進められているかもしれません。

他の進行中の物件でも、内部を剥がしたからわかりましたが

昔のトタン葺という外壁には防水シートはまず貼ってなく

柱に直接横胴縁という下地を455mm間隔で止めて、それに張ってあります。

これが屋根なら同じ素材でも防水シートは貼ってあります。


私たちは屋根・外壁の裏には必ず水が回るという考えを持ち

入った水を素直に外に出すという工法を取り入れます。

外壁で言えば通気工法という15ミリの通気層を設け

これが通気だけでなく裏に回った湿気や水分を躯体に入らないように排出するという

役目を持たせ施工します。

リフォームの物件で外壁を壊せないときは、考えてしまいますね。

通常サッシ周りは4方コーキングでふさぎますが、

今回はサッシの上部で水が溜まっていたのを確認したのでその水を排出することが

中に水を呼び込むのを防ぐと考え施工しました。

昨日の台風で内部に水が進入していないのを朝確認しましたので

このまま工事を進めます。

リフォームで絶対雨漏りを止めるとかプロ・プロと連呼する会社は

構造を解っていない素人かそう言って契約したい人ですよ。

今回は既存のコーキングを剥がして分かったのですが

通気層もなく防水シートもなく連結サッシに雨対策がなされず、そして外壁のジョイントも怪しいので

ナイナイ尽くしの工事です。

工事中の何回か降る雨を確認しながら進めていきます。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

住宅ストック循環支援事業 エコリフォームの申請をして  

昨日申請を何とか終えました。

全てパソコンの申請で管理側は楽かもしれませんが、

何処を入れたらよいのかなかなかわからず、申請する方は大変です。

今までのエコリフォームの申請が分かりやすく、且つ人間の手で提出するのでやりやすい。

実情6月までには枠が埋まってしまうだろうとの事でしたが

8月からまだまだ再開します。

問屋に聴いても分かりにくいのでみんな手配していないとの事。

いろいろな申請になれている弊社でもこれは手を焼きました。

何とか6月末までの申請を済ませたところです。

内容はガラスをペアガラスにして断熱を上げ、浴室を断熱浴槽とし

給湯器・トイレをエコ仕様として段差を解消する。

こんなで約20万円の補助額です。

今からの方は8月の申請に回りますのでよろしくお願いいたします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

SBSマイホームプラザ リフォームセミナー  

P1000743_20170623115417f19.jpg

今朝の静岡新聞に掲載されました。

今週の日曜日6月25日(日)13時30分~15時30分にかけて

セミナーを開催いたします。

題目は『まるごとリノヴェーション』で行います。

P1000744_20170623115418426.jpg

2階の奥のブースでお行いますのでご興味のおありの方は是非お越しください。


今、弊社では部分リフォームより丸ごとリノヴェーションの相談が多く

実際の施工の写真をスライドにしながらのセミナーになります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

耐震等級・・・・  

 今日13年前に新築させていただきましたお客様と増築の相談を受け

打ち合わせに伺いました。

その時TVで放映され、録画されていた家の耐震についてのVTRを見ました。

熊本地震の後で、耐震等級3ということを取り上げられていて

その検証が出たという事での内容でした。

耐震等級3というのは建築基準法の基準の1.5倍の強度を持ち

数百年に一度(ホンマかいな)という震度6から7に対応できる強度というモノです。

このお施主様宅は、まだ耐震等級というモノが制定されていないときの建物ですが

基準法の1.7倍以上の強度で作ってありました。

いつも2倍を目安に設計していますので、このお宅は吹き抜けもあり

一部屋一部屋が大きく且つ瓦屋根(重い住宅)でしたのでこのくらいでした。

当時の説明を断片的に覚えておられたお施主様は、

改めて確認申請を見て安心していただきました。

 今耐震補強計画をしており(多少苦労していますが)、建築指導課の方と話をしていて

基準法ギリギリで設計してくる方がいて、確認申請が安全のお印になっているのもあるそうです。

これって怖い話ですよね。

建築基準法はあくまでも最低の基準であり、その人の命と財産を守るのだから

設計者は自分の安心基準を持っていなければいけません。

私にとって基準法の1.5倍となる耐震等級3がそのラインです。

しかし新たな数値をTVでやられるとその数値が独り歩きをして怖いです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

材木屋さんの展示会  

今日はプレカットの打ち合わせと

グリーン化事業(補助金)の資料をもらいに展示会に行ってきました。

このマルダイという材木問屋は創業50周年で、2か月に1回売り出しを開きます。

木材屋っていろいろ珍しいものがあり楽しいですね。

DSC_0018.jpg

DSC_0012.jpg

今日は土曜日ということもあり、大工さんがお孫さんを連れて来たり

お客さんが来たりと朝からにぎやかでした。

DSC_0009.jpg

パナソニックは何を思ったのか巨大便器や

DSC_0010.jpg

金箔と思われる便器を展示。

888万円とあるので純金かな?。

ここで便器を4台購入。

DSC_0015.jpg

銘木や

DSC_0017.jpg

板材を見ながら28ミリの合板も購入。

もっと購入できたがよく買うものはいつもでいいやとコレで終了。

DSC_0013.jpg

DSC_0014.jpg

表にはこんな太鼓がありましたので後で盛大にたたくのでしょう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー