FC2ブログ

casaニュース

弊社の外壁をアンティークに ⑩  

今日は軒天井の工事です。

CIMG6407.jpg

ケイカルばんを塗り天井で仕上げます。

そして化粧梁を塗っていきます。

CIMG6411.jpg

色が付くと目立ちますね。

CIMG6401.jpg

並行して外壁の仕上げもしていきます。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

弊社の外壁をアンティークに ⑨  

玄関の軒天井を張っていきます。

外壁はもちろん、人の目線はココにも集まります。

そしてこの鉄骨の軒天井は毎年ハトに巣を作られて困っていました。

CIMG6364.jpg

木下地を組みましたら合板を張っていきます。

CIMG6366.jpg

鉄骨の梁の廻りも下地を組み合板で張ります。

CIMG6372.jpg

そして塗り天井の為にケイカル板を張っていきます。

この素材は水に強くて住宅によく使います。

CIMG6394.jpg

デザインポイントの為木材を加工して付け梁を作ります。

CIMG6395.jpg

4本をコーチボルトで固定します。

のっぺり感がなくなりました。

CIMG6398.jpg

最後にボルトの穴を合板で目隠しします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

弊社の外壁をアンティークに ⑧  

中塗りが終わりましたら上塗りをします。

CIMG6378.jpg

中塗りはローラーで塗りましたが、上塗りは鏝でラフに模様を付けていきます。

CIMG6380.jpg

塗り仕事は手間がかかるので高価になるわけです。

微妙な色の違い分かりますか?。

CIMG6382.jpg

庇上の丸太も

CIMG6383.jpg

屋根との境もこのように塗っていきます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

天然木の面白さ  

今施工中の美容室の鏡枠。

数年前からウチで設計しているお客様に好評のモノ。

初めは安価に、そしてワイルドにということで杉の間柱を現場で取り付け

こげ茶で塗装したのから始まる。

そして今は上下左右角を出すデザイン。

IMG_1647.jpg

鏡も大きくして、アンティークに。

今回は棚板を依頼され、工房にあった板材をチョイス。

IMG_1648.jpg

全て胃がう形だけれども面白いね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

保育所の手洗い取り付け  

スタジオカーサが最初に手掛けた保育所のモコ山崎。

建物オーナーが設計事務所勤務時代の先輩。

建物も最初の頃とは必要とされてくるモノが少しずつ違ってきています。

2軒目、3軒目では内容もつかめ反映してきました。

まず収納が増えて面積が大きくなりました。

小さな隙間も収納を作り、リフォームでも少しづつ増やしていってます。

今回は0歳児の体を洗うのに洗面化粧台でOKという事でしたが

実際は使われなかったので、小さな子供用の手洗いを設置することにしました。

IMG_1488.jpg

今は物入れになっています。

撤去し壁の工事に入ります。

IMG_1614.jpg

給水給湯を止め配水管を塞ぎます。

IMG_1616.jpg

見切りを回しどこでもビスが効くように合板を打ちます。

IMG_1617.jpg

ここに廻りと合うように化粧合板を張っていきます。

IMG_1619.jpg

施工できるギリギリの高さに手洗い器を取り付けます。

0歳児の子も隣の部屋の1歳児の部屋の手洗いを使いたがりますので

コレで高さを低くした手洗いを使えます。

目を離すと遊んでしまうそうですので、普段は止水栓で止めています。

週末に行った作業です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー