casaニュース

清水区長崎の住宅 ⑤  

建て方も2日目に入りました。

この日は少し風があり体感的には少し楽になりました。

P1000089_201608231923540a6.jpg

2階の小屋を組み垂木をかけていきます。

屋根の上の作業は怖いし疲れます。

何事もフラットな足元がないところはキツイですね。

P1000091_20160823192830c99.jpg

午後2時過ぎから野地板を張りだしていき夕方には完了。

P1000092.jpg

この真ん中のスリットはこの屋根面と断熱材の15ミリの隙間の空気層を逃がすためのものです。

ここに棟換気を付けて室内にこもる熱気を貯めない工夫をします。

この建物は天井断熱をして軒裏換気はいらないのですが、

これがあると無いとでは大違い。

P1000095_201608231928320cd.jpg

この日はコレで終了。

何とか終わった建て方でした。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

タイル選び  

今事務所の近くで花火がバンバンと上がっています。

何処の花火でしょうか?。

今朝は屋台小屋の足場の部材を届けましたら

団長が公民館にレンタルの冷蔵庫を搬入していました。

お互い仕事にならないことをしていますね。

これは先日タイルを選ぶために事務所で並べたところです。

P1000098_201608242034058d5.jpg

室内に貼るモノですがすべてノンスリップのものを選んでいます。

カタログにノンスリップと書いてあっても実際に乗らなければわかりませんね。

工事が進みこんな作業もしています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

清水区長崎の住宅 ④  

基礎が終わりましたら土台の据え付けに入ります。

お盆休み前に基礎は終わり、お盆中は養生期間として寝かせておき(強度を出す期間)

お盆明けからスタート。

何事も工期短縮っていいだけじゃない。

管理期間が短くて喜ぶのは経営者のみ。

(これってお客様に良いものをって感覚ではありませんね)

何事にも適正な養生期間て必要です。

P1000063_20160823192349501.jpg

土台は静岡市の補助金を使った檜です。

とてもいい香りがしますね。

ここからシロアリ消毒・先行足場をして建て方へ。

P1000072_20160823192350871.jpg

お盆明けのとても暑い日。

予定では・・・・・・なんて始めましたがなかなか進みません。

一緒に作業しますのできつさが分かります。

P1000077_201608231923514a5.jpg

1階の柱・梁を組んでいきます。

いつもなら10時くらいには終わりますがボルトの締め込みまでお昼過ぎまでかかりました。

P1000078_20160823192353574.jpg

午後から2階の床を張って柱を立てはじめます。

もうみんな熱中症にかかり始めているのを自覚しています。

特に頑張っていた若手くんがギブアップ。

こんなに暑いのに顔が真っ青でけいれんが始まる。

安全を考えて2階の梁を途中まで組んで1日目は終了。

今までこんなに体に来た建て方は初めてでした。

真夏の建て方は職人さんのダメージが大きいのでやっぱ避けるべきですね。

火照った体で帰宅し休養してまた明日頑張ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

屋台の移動  

大祭りが1ヶ月後になり地区の屋台を保管小屋から公民館に移動しました。

若い人たちが引っ張り、私たち中老という37歳以上は交通整理。

P1000097.jpg

ココは出したばかりの時です。

このまま600m先の公民館まで道路規制をしながら進めます。

3年ごとの初めてのメンバーも多い中なかなか進まず

途中のギャラリーからは『ダメだ』 『こうしたほうがいい』と言いたい放題。

私は仕事柄公民館に足場で屋台小屋を作り

木材や資材を用意しました。

交通整理で屋台の後ろを担当しましたので移動中の写真はありません。

これから1か月いろいろな役に沿ってみんなで準備をしていきます。

ほぼ毎週宴会付です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

清水区長崎の住宅 ③  

ベース配筋を終え配筋検査をしたらコンクリート打設に入ります。

P1000921.jpg

奥から打設していきます。

コンクリート厚みは印をしておるところまで打ち、最後はレベルを見ます。

P1000924_20160816134057d94.jpg

打設自体は早く2時間くらいで終わります。

その後鏝で押えてほぼ1日仕事です。

P1000927_20160816134058c65.jpg

全体はこんな感じです。

打設翌日には立ち上がり型枠の取り付けにかかります。

P1000933_201608161341001b7.jpg

こちらも1日仕事で夕方にはアンカーボルト・ホールダウン金物の位置を印に来ます。

図面で任しっぱなしにしないで後戻りがないようにしていきます。

P1000009_2016081613412279d.jpg

金物は全て固定し位置・高さをチェックします。

P1000013_20160816134123c8f.jpg

翌日コンクリート打設に入ります。

夏の暑いときはコンクリートの白色は目に堪えますね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カレンダー